• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

工事費用の見積もり!電気工事の積算と積算ソフトの活用方法
  1. 見積り 電気CAD 電気工事

工事費用の見積もり!電気工事の積算と積算ソフトの活用方法

電気工事には積算と呼ばれる業務も欠かせません。工事の工程自体には直接関係しないものですが、契約や取引、また経営をする上では避けられないものです。しかし、電気工事における積算の仕事は一般的な商品やサービスの提供とは異なります。その計算方法は非常に複雑で手間も掛かるのが特徴です。負担や計算ミスの削減対策として積算ソフトを導入する企業は多くなっています。積算の具体的な業務内容についておさらいしつつ、積算ソフトを活用する意味や方法を見ていきましょう。

電気工事における積算!どんな仕事を指すの?

積算の主な目的は工事費がいくら掛かるのかを明確にし、計算した金額を発注者に提示することです。発注者は他社との比較を行い、その上で依頼するかを決めます。そのため、顧客にとって適正な価格であることが重要です。しかし、安さを追求し過ぎたり、積算がきちんとできていなかったりすると赤字経営になる可能性もあります。工事を請け負う会社側にとっても同じく適正な価格であるかを確認しましょう。具体的にどれくらいの金額が望ましいのかは依頼内容の詳細や状況によりけりですが、感覚的に把握ができるようになる部分でもあります。この感覚を掴むには積算の業務経験を積んでいかないことにはなかなか難しいです。良くわからないうちは顧客のニーズと得られる収益のバランスを強く意識すると良いでしょう。
工事費を算出するための積算方法ですが、作成した、あるいは発注者から渡された電気工事の設計図書を元に計算します。設備の数や規模、材料の数、さらに配管や配線の長さなどを細かく計算する「拾い出し」と呼ばれる作業もしなければなりません。それから施工に関わる電気工事従事者の人件費も加えて、工事費に掛かる総額を算出します。総額に対してどれほどの利益が出るかを確認した上で入札を行いましょう。必要があれば、具体的な見積もり計算も行う作業までが積算の一連の流れです。

 

積算ソフトの役割も果たす!プラスバイプラスの電気CAD

積算ソフトの導入を検討しているのなら、プラスバイプラスが販売している「plus CAD電気α」というソフトがおすすめです。電気工事のCADソフトとして知られている製品ですが、積算ソフトとしての役割も果たします。ただ積算機能が付属している電気CADソフトというわけではなく、ソフト上にある図面データに基づいた積算や見積書の作成が行えるのが大きな特徴です。原価計算も容易にできますし、自動計算機能も充実しています。単なる見積もり作成だけではなく、金額調整や値引き額の調整も自動的に行えるので便利です。
また、プラスバイプラスの電気CADには電設材料や照明器具の主要メーカーに関する必要な情報が入っています。さらに各電力会社への申請書や施工要領図に関するフォームもあるので作業の効率性に優れたソフトです。これにより大幅な時間削減や業務の効率化が図れるので、業績アップにも繋がります。規模の小さな会社で人手が足りない場合や、業務内容の一部を外注している場合にも大いに貢献できるでしょう。

 

プラスバイプラスの電気CADを活用!積算のメリットは?

積算ソフトとしても利用できるプラスバイプラスの電気CADを使用するメリットは、主に時間の削減と計算ミスの防止です。先述したように、積算機能があることで手動による計算よりも遥かに素早く終わらせることができます。例えば50枚程度の図面があるとすると、手作業で積算や見積もり書作成に掛かってしまう時間はおよそ8時間以上です。ソフトの扱い方や慣れにもよりますが、大幅に作業時間を減らせます。図面の量にもよりけりですが、自動作成機能もありますし、積算だけに何時間も掛かってしまうことはまずありません。年間で通してみれば、浪費していたかなりの時間を削減することができます。それによって受注件数も増やせるようになりますから、結果的には収益の向上にも繋がるでしょう。
続いて計算ミスの防止ですが、電気CADの積算機能は膨大な作業量にも対応できるほどの力を持っています。手作業で長い時間を掛けて取りかかっていると、どうしても集中力が切れてしまい、計算ミスや記入漏れの可能性は出てくるものです。何度も目を通して確認する、複数人で確認するといった対策もできますが、それでは非効率になります。最初から計算ミスの恐れがないようであれば、見積もりの確認や修正の手間を省けるでしょう。電気CADは正確なデータを元に自動計算をしてくれますから安心して頼れます。

 

電気CADの積算機能って?操作方法は?

プラスバイプラスの電気CADには、積算の機能が主に3つ備わっています。1つ目は材料の拾い出しの手間を削減する機能、もう1つは原価計算が手軽にできる機能、そして最後はワンクリックで見積もり作成ができる機能です。いずれも効率的な作業を目的とした機能であり、積算や見積書作成を徹底的にサポートしてくれます。特に優れているのは拾い出しと自動計算の機能です。本来、拾い出しの作業は各資材の原価を出したり、資材カタログを参照して単価を出したりしなければなりません。しかし、電気CADには必要となる情報が既に組み込まれているため、ワンクリックするだけで拾い出しができてしまいます。
プラスバイプラスの電気CADは積算のための操作方法も簡単です。積算の作業について理解している電気工事従事者であれば誰でも手軽に扱えるでしょう。マウスでクリックするだけで見積書の作成もできます。具体的な方法としては、図面データの取り込みや作成が完了したのち、見積書作成のためのボタンをクリックするだけです。原価計算や見積書作成だけではなく、請求書や納品書の作成も連動しています。そのため、いくつもの書類を1つずつ作成しなければならない手間も削減できるでしょう。
積算は本来非常に手間や時間のかかる作業ですが、電気CADがあればそのイメージを払拭し効率的に進められるのは間違いありませんので、業績を上げたい、計算ミスを防ぎたいと考えているのなら導入を考えてみてください。

 

 

ピックアップコンテンツ