• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気工事施工管理技士とは?合格率や取得するメリット、受験で役立つ過去問題を解説

水道工事要~KANAME~見積り電気工事
電気工事施工管理技士とは?合格率や取得するメリット、受験で役立つ過去問題を解説

電気工事施工管理技士は電気工事の品質・施工を管理する技術を証明する資格で、国家資格の一つです。建設業の許可に必須な資格で希少価値が高く、企業に所属している人には昇給・昇格や将来の独立開業といったステップアップに直結します。建設業の経営者にとっては、将来の業務拡大にも効果を発揮するでしょう。この記事では、電気工事施工管理技士の資格を取るメリットや試験内容・合格率、試験の過去問について解説します。

電気工事施工管理技士とは?


電気工事施工管理技士とは、建物をはじめ照明設備や電気配線、変電・送電設備における電気工事の現場で施工管理を行う技術者です。施工管理では現場監督として、工事の人員配置・進捗の管理や品質・安全面の管理を行う他、協力会社との情報共有などにも携わります。電気工事施工管理技士を名乗って業務を行うには、施工管理技術検定試験の第一次検定・第二次検定に合格した後に、所定の申請手続きが必要です。

電気工事施工管理技士は国家資格として指定されており、1級と2級に分かれています。2級電気工事施工管理技士は、一般建設業の許可を受けた営業所の専任技術者や工事現場の主任技術者に就任できます。1級電気工事施工管理技士は一般建設業に加えて特定建設業の営業所の専任技術者や、工事現場の監理技術者にも就任可能です。ちなみに特定建設業の許可を受けた業者では、1件の工事代金が4,000万円(建築工事の場合は6,000万円)以上の工事も請け負えます。

なお、令和2年に試験制度が改正され、令和3年度以降の第一次試験に合格すると電気工事施工管理技士補として監理技術者・主任技術者の補佐業務が可能になりました。

 

電気工事施工管理技士の平均年収


電気工事施工管理技士の平均年収は500万円~700万円前後といわれており、建設業全体の平均年収(475万円)と比べると高い水準です。地域別でみると、北海道・東北地方や関西地方の平均年収が高めになっています。基本給に加えて、職務手当や資格手当がプラスされるのが一般的です。

企業が手がける工事の種類によっても平均年収に差が生じます。例えば、店舗・小規模ビルなどのキュービクル関連工事(供給電圧6,600V)と大規模な工場・商業施設などの特別高圧受変電設備の工事(特高、供給電圧20,000V以上)では工事の規模も危険度も異なります。そのため、工事内容に応じ特殊現場手当・危険手当を加算する企業も少なくないようです。

 

電気工事施工管理技士を取得するメリット


電気工事施工管理技士を取得すると、施工の実務に加えて管理業務を統括できるようになるなど仕事の幅が広がります。公共工事の入札で加点対象となるため、企業経営にとっても有利です。電気工事施工管理技士の資格を取得するメリットを紹介します。

 

技術レベルが公的に証明される


電気工事施工管理技士の資格を取ると、自分の技術レベルが企業や協力会社などに評価されやすくなります。電気工事の出来形は工事関係者や施工主以外には目立たず、外部からの評価が得づらい一面があります。しかし、国家資格を取得することで技術力が公的に証明され、自分の仕事への自信にもつながるでしょう。

 

1級は監理技術者・2級は主任技術者に就任できる


電気工事施工管理技士の資格を取得した後は、所属する事業所の専任技術者に就任する資格を得られます。1級は監理技術者、2級は主任技術者として工事現場の統括業務も可能です。業務内容の幅に応じて昇格・昇給のチャンスが広がり、年収面でもメリットを得られるでしょう。転職や独立開業によって、さらなるステップアップも可能です。

 

入札時に加点を受けられる


電気工事施工管理技士が在籍する企業が入札に参加する場合は、級ごと・人数ごとに加点を受けられます。公共工事の発注(落札)を受けられる可能性が広がるだけでなく、企業の信用度も高まるのがメリットです。落札業者の公表情報などをもとに、他の企業からの引き合いも増えるなど増収のチャンスも生まれるでしょう。

 

電気工事施工管理技士の合格率・難易度


令和3年度の第一次検定と令和2年度の実地試験の合格率と合格基準は、以下のとおりでした。1級・2級とも合格基準は満点の6割以上で、参考書や過去問題で十分に試験対策を行えば1回の受検で合格を目指せるでしょう。なお、令和3年度からは従来の学科試験が第一次試験に、実地試験が第二次試験に名称が変更されました。



実地試験合格者の年齢別でみると、1級は全体の約6割が40歳未満、2級は全体の約半数が35歳未満でした。2級の前期第一次検定では、高校・高専・大学在学中の合格者も1割ほどいます。また、2級の後期第一次検定の受検者は高校・専門学校に在学中の人がメインで、合格者も7割近くが21歳未満です。

 

電気工事施工管理技士の試験内容


電気工事施工管理技士の試験は、主に知識レベルを確認する第一次試験と施工管理の知識の応用力を確認する第二次試験に分かれています。令和3年度以降は、第一次試験に合格していれば何度でも第二次試験の受検が可能です。また、学歴や実務経験・保有資格で一定の条件を満たしていれば、2級の検定を受けずに1級の検定を受けられます。それぞれの試験内容について解説します。

 

試験の方式


第一次試験は全問マークシート方式で、4~5個の選択肢から正答を1個選んで解答します。応用能力問題では解答を2個選択し、両方合っている場合に限り正答扱いになります。

第二次試験は大問5題で構成されており、記述式の問題がメインです。文言や数字を空欄にあてはめる問題や、特定の内容について具体的な記述を求める問題が出題されます。



 

第一次試験の出題内容


電気工事の施工管理を適確に行うために求められる以下の知識・能力が検定対象で、出題科目は電気工学等・施工管理法・法規の3つです。1級では一般的な知識や応用能力が、2級では概略の知識や基礎的な能力がそれぞれ求められます。

【電気工学等】
(1)電気工学・電気通信工学・土木工学・機械工学・建築学に関する知識
(2)発電設備・変電設備・送配電設備・構内電気設備などに関する知識
(3)設計図書に関する知識

【施工管理法】
(1)施工計画の作成方法
(2)工程管理・品質管理・安全管理など施工管理に関する知識
(3)1級では監理技術者補佐として電気工事の施工管理を適確に行うための応用能力
(4)2級では電気工事の施工管理を適確に行うための基礎的な能力

【法規】
(1)建設工事の施工管理を適確に行うために必要な法令に関する知識

 

第二次試験の出題内容


施工管理法のみが出題されますが、以下のように主任技術者や監理技術者として求められる知識や能力が求められます。

(1)電気工事の施工管理を適確に行うための知識
(2)設計図書の内容を正確に理解する能力
(3)電気設備の施工図を適正に作成する能力
(4)機材の選定や配置などを適正に行う能力

 

受験に役立つ試験の過去問題


一般財団法人建設業振興基金「施工管理技術検定」の公式サイトでは、直近に実施された検定の過去問題が公開されています。第一次試験については正答の確認も可能です。今回は、令和3年度の第一次試験と令和2年度の実地試験の出題内容を一部紹介します。

第一次試験では、電気回路や施工内容などに関する選択肢や回路図を読んで正しい内容や誤っている内容・最も不適当な内容を選ぶ問題が出題されました。中でも、最も不適当な内容を選ぶ問題が全体の半数以上でした。

実地試験では、自分が経験した電気工事をテーマに工程管理で留意した点や具体的な対策を記述する問題や、出題された条件に基づいて工期を見積もる問題などが出題されました。

市販の書籍に収録された過去問を解いたり、資格試験の予備校などで開講されている会場・オンラインでの試験対策講座を受講したりすることも、試験対策には効果的です。

 

建設業の利益を最大化を目指すなら「要 〜KANAME〜」がおすすめ


電気工事施工管理技士は、電気工事の施工管理能力を証明する国家資格で、工事品質を裏付ける指標としても位置づけられています。1級合格者はすべての工事の監理技術者として、2級合格者は一般建設業の事務所や工事現場での主任技術者として従事可能です。電気工事施工管理技士が在籍していれば入札の加点対象にもなるため、経営面でも有利に働くでしょう。

工事の生産性を高めて利益率の向上を目指すには、現場管理ソフトの活用がおすすめです。「要~KANAME~」では工事台帳をもとに案件ごとの収支が視える化されるので、完工後に赤字が発覚するリスクを軽減できます。現場や職人のスケジュールも管理でき、協力会社などとの連携もスムーズです。

 

 



 

電気工事施工管理技士についてよくある質問


電気工事施工管理技士の検定を受検するには実務経験が必要ですか?


電気工事施工管理技士を受検するには、最終学歴や卒業学科に応じた年数の実務経験が必要です。1級技士の場合は、所定の実務経験に指導監督的実務経験を1年以上含んでいる必要もあります。ただし、2級の第一次検定に限り、17歳以上であれば誰でも受検できます。また、第一種電気工事士免状を持っている人の場合は、実務経験がなくても電気工事施工管理技士の検定を受検できます。

 

電気工事施工管理技士になると、どんなメリットがありますか?


電気工事施工管理技士になると自分の技術レベルが客観的に証明され、昇格などで給与アップを目指せるのがメリットです。建設業の営業所や工事現場に必ず配置が求められる技術者なので、転職や独立開業にも有利にはたらきます。公共工事などの入札では電気工事施工管理技士の人数に応じた加点を受けられるため、落札に有利になるだけでなく他企業からみた信用度も高まります。

 

電気工事施工管理技士には一発で合格できますか?


電気工事施工管理技士の合格基準は総得点の6割が基準なので、過去問題などで試験対策を万全に整えていれば1回の受検で合格できる可能性はあります。第一次試験に合格した後は各級の電気工事施工管理技士補として活躍できる他、合格するまで何度でも第二次試験にチャレンジできます。例年、受験者の半数以上が合格する試験なので国家試験の中では合格しやすい部類といえます。

 

 



 

要~KANAME~ も plusCADも「訪問」「電話」「通信」の3種類のサポートで徹底サポート!

やってみた動画 バナー

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中