• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気CADにフリーソフトはある?メリットや選び方も紹介!

JWCAD電気CAD
電気CADにフリーソフトはある?メリットや選び方も紹介!

電気関係の設計をしている人や企業にとって、より仕事が効率的に進むソフトウェアの存在は大変重要です。
設計支援システムとして名高いCADのなかには、電気設計を行えるものもあります。
ただ、ソフトには有料とフリーの2種類あるので、どちらを選ぶべきか迷うかもしれません。
この記事では、電気設計に強いCADを紹介し、どういう観点で選ぶべきかを解説します。

電気CADとはどういうもの?


CADは、建築・機械・設備・水道・土木といった、さまざまな分野の設計を助けてくれるシステムです。
そのなかでも、とりわけ電気関係の設計の味方なのが電気CADです。

単線結線図や展開接続図、ケーブル図などの電気ならではの図面作りを支えてくれます。
電気CADは汎用CADの一部として存在することが多く、電気CAD専用のソフトはほとんどありません。
そのため、ソフトによっては建築や土木など広範囲に活用できるので、高い利便性を誇ります。
電気CADには、電気CAD資格認定事務局(JECOA)と日本インストラクター技術協会が主催する民間資格があり、力量を資格という形で証明することが可能です。

このことからもわかるように、電気CADの扱いには慣れや知識が必要とされるのが普通です。
資格を持っていれば実務レベルで通用することを証明できるので、仕事をしていくうえで有利になるでしょう。

 

電気CADはこう選ぼう!


電気CADのソフトには、有料のものとフリーのものがあります。
主な有料ソフトはAutoCADやCADWe’ll Tfasなどで、フリーソフトはJWCADやDraftSightなどになります。
有料ソフトの場合、利用時間によってコストが変わるため、毎日仕事で使う場合には料金体系をよく見る必要があります。
結果的にコストが膨らむようなら、フリーソフトを検討するのも良いでしょう。
コストパフォーマンスについてしっかり考えることで、適したものを選びやすくなります。
また、用途を明確にすることでもソフト選びに役立ちます。汎用CADを利用する場合、抱き合わせで利用できるCADの種類をチェックすることは重要です。

電気以外にも建築や水道の設計をしているのであれば、1つのソフトにまとまっていたほうが管理しやすくコストも抑えられます。
さらに、CADはそれぞれ対応するOSなどソフトを動かす条件が異なるので、現在利用しているパソコンに合うものを適切に選ばなければなりません。
前述の4つのソフトの場合、AutoCADはWindowsとMacの両方に対応していますが、JWCADとCADWe’ll TfasはWindowsのみです。
また、DraftSightはWindowsの32と64ビットに対応しており、Macはベータ版のみとなっています。
ただ、JWCADの場合は有志がMacのOSに対応した「JW-CAD for Mac」というものを作っているので、Macユーザーはそちらを選ぶこともできます。

このように、電気設計にだけ特化したCADというものはほとんどありません。
したがって、電気CADの使用には基本的に汎用CADを利用する必要があります。
しかし、どの汎用CADをダウンロードしても電気CAD機能が使えるわけではありません。
ダウンロードをする際には必ず電気CADの有無を確認しましょう。電気CADを使用したい場合は、機械系のCADも見てみると良いでしょう。
機械と電気は似ているため、合わせて利用できる可能性が高いです。

 

電気CADのフリーソフトの特徴は?


コストパフォーマンスを考えたときに、フリーソフトが視野に入ることも多いのではないでしょうか。
そこで気になるのは、機能性や利便性です。
たとえ無料であっても仕事で使えるレベルは担保されています。
中小企業や個人ではフリーソフトを利用していることも多く、有料ソフトでなければ仕事レベルにはならないというわけではありません。
ものによってはカスタム性が高いので、高いコストパフォーマンスを得られるでしょう。
さらに、ソフトによるものの、3Dに対応しているものも少なからずあります。
無料といっても極端に機能が制限されるわけではなく、しっかり選べば有料のものと遜色ない使用感を得られるでしょう。

一方でフリーソフトの難点は、無料であることからカスタマーサポートなどがありません。
そのため、何かが起きたときは自分で対処しなければならないのです。
大切なデータが消えても保障などはなく、不測の事態に備えて保存をこまめに行うことが大切です。
また、フリーソフトではないものの、AutoCADには無料体験期間があります。
コストをかけずにCADとはどのようなものか知りたい場合には、無料体験版を利用するのもひとつの方法です。
AutoCADにおける無料体験版の使用期間は30日なので仕事で使うには短いですが、機能を体験するには良い機会となっています。

 

電気CADで使い勝手が豊富なフリーソフト「JWCAD」の機能や利便性は?


CADフリーソフトとして圧倒的な知名度を誇るJWCADは、日本人が開発した国産のソフトです。
こちらは多くの電気工事士などが利用している現実があり、実用性に関しては問題ないレベルとなっています。
無料であることと使い勝手の良さからシェア率が高く、有料のAutoCADに次いで利用者が多いのが特徴です。
このため、仕事でデータをやりとりするときでも互換性で苦労することはあまりないといえるでしょう。
また、フリーソフトにも関わらず拡張性が高いのも特筆すべき点であり、自分好みにソフトを作っていける楽しさがあります。
さらに、直感的に操作をしやすいのも、本ソフトの特徴でしょう。
独学で学ぶ必要があるものの、CADにあまり慣れていない人でも比較的操作が容易で、入門ソフトとしても優秀です。

 

電気CADとしても使えるフリーソフト「DraftSight」とは


同じくフリーソフトのDraftSightは、フランスのダッソー・システムズ社の提供によるCADで、有料のAutoCADと画面や操作性などが似ているのが特徴です。
とりわけ、AutoCAD LTと似た機能を備えていることから、AutoCADを将来的に利用しようと思っている人にとっては入門ソフトとしても使えるのではないでしょうか。
もちろん、AutoCADとの互換性も高いです。こちらもフリーソフトであるにも関わらず高度な機能が搭載されており、プロフェッショナルが利用しても耐えられる仕様となっています。
また、3Dも使える高スペックなソフトですが、3Dの対応はワイヤーフレームのみなので注意しましょう。

 

電気CADの有料ソフトってどういうもの?


有料ソフトにはカスタマーサービスが充実しており、何か起きたときには迅速な対応が期待できます。
また、有料ソフトのなかには3D機能を備えたものが多くあり、こちらもユーザーが感じる利便性の向上に寄与しています。
2Dではよくわからない場合でも、3Dにすることで設計の誤りなどが見えやすくなるでしょう。
ただし、3Dを利用する場合、高性能のパソコンが必要になることもあるので要注意です。
スペックの低いパソコンにインストールした場合、フリーズしたり遅くなったりと、作業の効率が悪くなる恐れがあります。

有料ソフトで知名度が高いAutoCADは世界中で使用されているため、データの互換性が高いのが特徴です。
また、拡張性が高いのも魅力で、豊富なプラグインやアドオンなどが用意されています。
一方で、操作には慣れが必要なことが多く、初心者が使用してもうまく使いこなせないのがデメリットとして挙げられるでしょう。
ユーザーに一定のスキルや経験がないと、コストパフォーマンスに合わず宝の持ち腐れになる可能性があります。
有料ソフトはその名の通り仕様にコストがかかるものなので、費用対効果をきちんと考えて導入するか検討することが大切です。

 

フリーソフトでも十分使える!コスパの良いものを選ぼう


CADにはフリーソフトがたくさんあり、多くが優秀な機能性と使用感、互換性などを備えています。
有料のもののほうが優れたサービスを提供していることがあるものの、フリーソフトだからといって仕事に使えないということはありません。
より作業効率を高め、高いコストパフォーマンスを維持したいのなら、フリーソフトが自然と選択肢に入ってくるでしょう。

 

電気CADについてよくある質問


電気CADの選び方


電気CADのソフトには、有料のものとフリーのものがあります。
主な有料ソフトはAutoCADやCADWe’ll Tfasなどで、フリーソフトはJWCADやDraftSightなどになります。
有料ソフトの場合、利用時間によってコストが変わるため、毎日仕事で使う場合には料金体系をよく見る必要があります。
結果的にコストが膨らむようなら、フリーソフトを検討するのも良いでしょう。
コストパフォーマンスについてしっかり考えることで、適したものを選びやすくなります。
また、用途を明確にすることでもソフト選びに役立ちます。汎用CADを利用する場合、抱き合わせで利用できるCADの種類をチェックすることは重要です。
電気以外にも建築や水道の設計をしているのであれば、1つのソフトにまとまっていたほうが管理しやすくコストも抑えられます。
さらに、CADはそれぞれ対応するOSなどソフトを動かす条件が異なるので、現在利用しているパソコンに合うものを適切に選ばなければなりません。
前述の4つのソフトの場合、AutoCADはWindowsとMacの両方に対応していますが、JWCADとCADWe’ll TfasはWindowsのみです。
また、DraftSightはWindowsの32と64ビットに対応しており、Macはベータ版のみとなっています。
ただ、JWCADの場合は有志がMacのOSに対応した「JW-CAD for Mac」というものを作っているので、Macユーザーはそちらを選ぶこともできます。
このように、電気設計にだけ特化したCADというものはほとんどありません。
したがって、電気CADの使用には基本的に汎用CADを利用する必要があります。
しかし、どの汎用CADをダウンロードしても電気CAD機能が使えるわけではありません。
ダウンロードをする際には必ず電気CADの有無を確認しましょう。電気CADを使用したい場合は、機械系のCADも見てみると良いでしょう。
機械と電気は似ているため、合わせて利用できる可能性が高いです。

電気CADのフリーソフトの特徴は?


たとえ無料であっても仕事で使えるレベルは担保されています。
中小企業や個人ではフリーソフトを利用していることも多く、有料ソフトでなければ仕事レベルにはならないというわけではありません。
ものによってはカスタム性が高いので、高いコストパフォーマンスを得られるでしょう。
さらに、ソフトによるものの、3Dに対応しているものも少なからずあります。
無料といっても極端に機能が制限されるわけではなく、しっかり選べば有料のものと遜色ない使用感を得られるでしょう。
一方でフリーソフトの難点は、無料であることからカスタマーサポートなどがありません。
そのため、何かが起きたときは自分で対処しなければならないのです。
大切なデータが消えても保障などはなく、不測の事態に備えて保存をこまめに行うことが大切です。
また、フリーソフトではないものの、AutoCADには無料体験期間があります。
コストをかけずにCADとはどのようなものか知りたい場合には、無料体験版を利用するのもひとつの方法です。
AutoCADにおける無料体験版の使用期間は30日なので仕事で使うには短いですが、機能を体験するには良い機会となっています。

JWCADを電気CADとして使用する場合の機能や利便性


CADフリーソフトとして圧倒的な知名度を誇るJWCADは、日本人が開発した国産のソフトです。
こちらは多くの電気工事士などが利用している現実があり、実用性に関しては問題ないレベルとなっています。
無料であることと使い勝手の良さからシェア率が高く、有料のAutoCADに次いで利用者が多いのが特徴です。
このため、仕事でデータをやりとりするときでも互換性で苦労することはあまりないといえるでしょう。
また、フリーソフトにも関わらず拡張性が高いのも特筆すべき点であり、自分好みにソフトを作っていける楽しさがあります。
さらに、直感的に操作をしやすいのも、本ソフトの特徴でしょう。
独学で学ぶ必要があるものの、CADにあまり慣れていない人でも比較的操作が容易で、入門ソフトとしても優秀です。

電気CADとしても使えるフリーソフト「DraftSight」とは?


同じくフリーソフトのDraftSightは、フランスのダッソー・システムズ社の提供によるCADで、有料のAutoCADと画面や操作性などが似ているのが特徴です。
とりわけ、AutoCAD LTと似た機能を備えていることから、AutoCADを将来的に利用しようと思っている人にとっては入門ソフトとしても使えるのではないでしょうか。
もちろん、AutoCADとの互換性も高いです。こちらもフリーソフトであるにも関わらず高度な機能が搭載されており、プロフェッショナルが利用しても耐えられる仕様となっています。
また、3Dも使える高スペックなソフトですが、3Dの対応はワイヤーフレームのみなので注意しましょう。

 

plusCADなら「訪問」「電話」「通信」の3種類のサポートで徹底サポート!

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中