• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気CADを利用した図面作成で重要なポイント

電気CAD
電気CADを利用した図面作成で重要なポイント

PCの普及とともに、電気工事や水道工事の業界でもCADが一般的に利用されるようになってきました。もちろん今現在でも手書きで図面作成を行っているところはあるでしょうが、その数は相当少ないでしょう。今まで手書きしかしたことのない人にとってCADは非常にとっつきにくいものかもしれませんが、重要なポイントをおさえながら練習に励むことで効率的にスキルアップを目指すことができます。ここでは、電気CADの基本からスキルアップに重要なポイントまでを解説します。

電気CADの基本と特徴

まず、もっとも基本的なこととして電気CADの概要からおさえておきましょう。そもそもCADとはComputer Aided Designの頭文字をとったものであり、日本語に直訳するとコンピューターによる設計補助などと訳されます。その名が表わす通り、コンピューターを使うことによって今まで人間が行ってきた図面設計などをより効率的に行うものです。ただし、今まで手書きで慣れていた人がCADを使い始めると、初めのうちは非常に困惑するでしょう。というのも、CADはPC画面上で設計を行うため、手書きの図面設計とはやり方が全く異なります。本当に初めてCADに触れるという段階であれば、おそらく線を一本引くことすらままならないはずです。操作に慣れさえすればCADの方が便利なことは間違いありません。それは設計作業そのものを見てもそうですし、修正作業や図面の管理方法などを見ても明らかです。たとえば、手書きの図面では一度修正してしまうと修正前の図面というものは消えてしまいます。しかし、CADであれば1クリックで図面を丸々データとしてコピーすることができるため、修正前と修正後、両方の図面を残しておくことができるのです。もちろん、手書きにもいいところはたくさんありますが、業務の効率化を図るのであればCADの導入は避けられないでしょう。

 

電気CAD上達のために一番重要なこと

これはよく言われることですが、CADを上達するためにもっとも重要なことは『やってみる』ということです。当たり前だと思われるかもしれませんが、多くの人はCADの勉強はしても、実際にCADを使った図面設計まで行う人は少ないです。これにはさまざまな理由が考えられますが、一番大きいのは勉強しているうちに難しくて挫折してしまったというものでしょう。CADは使ってみると大して難しくないのに、書籍などで概念や操作方法だけを学んでいると非常に難しく感じられます。CADによる図面設計は技術力の問題ですので、経験を積まなければ決してうまくなりません。手書きの図面設計を方法論だけを学んで、手を動かさないのと全く同じことです。あれこれ知識を入れる前にまずやってみるという姿勢が大切ですね。

 

作図スピードがもっとも大切

実際にCADを使い始めたら意識しなければならないのが作図のスピードです。これも当たり前のことではありますが、意識しておかないとなかなか身につかず、後々苦労することになりかねません。このスピードに関しては、作図を専門で請け負っている会社や自営業の人の場合には特に重要で、収入に直結する問題です。作図を請け負っている場合には、基本的に案件ごとに報酬金額が定められています。そのため、作図スピードが速ければそれだけ時間当たりの報酬が大きくなるのです。会社勤めをしている場合でも、スピードが速ければ仕事をさばく量や余裕も出てきますのでとても重要なスキルであることがわかります。

 

作図スピードを上げるためには具体的にどうすればいい?

作図スピードを上げるうえでもっとも効果的なのが、コマンドを使いこなすということです。コマンドとはアイコンを使用せずにキーボード上だけで操作を行うものです。たとえば、直線を引く場合には通常、直線のラインを引くアイコンをクリックしてから描画しますが、コマンド入力を行えばキーボードの組合せだけで直線を選択することが可能になります。想像してみるとよくわかりますが、アイコンをわざわざマウスで選択してから描画するのと、コマンド入力をして描画するのとではコマンド入力の方が明らかに作図スピードは速くなります。実際に、CADを使用した図面設計を得意としている人の大半は、このコマンド入力を駆使しています。一度アイコンに慣れてしまうとなかなかコマンド入力に切り替えるのは難しいため、初めのうちから意識しておきましょう。

 

さらなる工夫をしてスキルアップを目指そう

CADソフトはデフォルトでコマンドが設定されていますが、このコマンドを自分なりにアレンジして設定しなおすことでより作業効率を上げることができます。この際には、いわゆるショートカットキーなどを使い、自分の押しやすい位置でコマンド入力をすることができるようにするといいでしょう。このような工夫はほんの一例でしかありませんが、ほかにも基本的な図面作成手順は同じなのでテンプレート化して手順を覚えてしまったり、自分が作業で使わない余計な機能は画面上から消したりなどの工夫も仕事を効率化するためには重要な要素になってきます。CADの技術は一朝一夕では身に付きません。日々の積み重ねと、ここで紹介したような練習のなかでの意識や工夫をすることによって大きなスキルアップが見込めるでしょう。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中