• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

一般住宅の電気工事は分電盤で差をつける!?
  1. 電気CAD 電気工事

一般住宅の電気工事は分電盤で差をつける!?

分電盤は電気を使ううえでなくてはならないものです。一方で設置する場所を工夫しないとじゃまになってしまうというやっかいな部分もあります。一般住宅の場合なら天井に近い位置に設置するのが一般的でしょう。ドアの上など相当高い位置についていることも珍しくはありません。しかし単純にブレーカーを戻すなどの作業をしたいときには手が届かないという事態も起こります。女性にも届きやすかったり、じゃまにならずに見た目もおしゃれだったりする分電盤はないものでしょうか。分電盤の設置方法を工夫して電気工事に差をつけてみましょう。

キッチン周りに設置するなら?

キッチン周りに分電盤を設置すると外からも見えにくく気にならないうえに操作が必要な際には女性でも簡単にできます。もちろん間取りや造りにもよるので見えることを気にする場合にはどのような間取りになるかで検討する必要はあるでしょう。カウンターのついた対面タイプのキッチンでも食器の収納棚の横などうまい具合に死角ができることもあります。そして忘れてはいけないのが高さの調整です。一般住宅やアパートなどを見ると通常は出入り口の上といった非常に高い位置についています。設置した時期によってはむき出しになっている配電盤も良く見られ部屋全体のバランスで考えると見た目にも良いとは言えません。一般住宅に分電盤を設置する際はカバー付きのものにすると見た目にもすっきりしてきれいです。

 

リビングに設置するなら?

リビングは1日の中で家族が一番過ごすことの多い場所です。そのためドアホンなどはリビングに設置しているのが一般的です。こだわりのある人の中にはドアホンやセキュリティなど家のコントロールができるものをすべて1カ所にまとめているという場合もあります。同じ感覚で分電盤もリビングに設置するという考え方もできるのです。もちろんリビングの壁はなるべく空けておきたいという人には向いていません。しかし要望がある場合には半埋め込みにしてあげるのもいいでしょう。施工会社と連携してうまくやり取りをすれば壁をきれいに加工してもらえるなど仕上がりにも工夫ができます。施主がこだわるタイプだと、分電盤やドアホンなどを木のフレームで額縁のようにするケースもあります。

 

見えない工夫で分電盤の印象を変えよう!

分電盤は電気工事のひとつに過ぎませんが、設置場所ひとつでその後の使い勝手や印象はまったく変わります。特に頻繁に使うようなものではありませんし自分の家でも分電盤に1度も触れたことがないという人もいるでしょう。しかしだからと言ってどこでもいいわけではありません。少しでも見映えが良く便利な場所へ設置を考えるだけで印象が変わりますので工夫をしてみましょう。分電盤は見えない場所に設置したいと考える人は多い傾向です。カバー付きのものが増えているのもそういった理由からといえます。隠すついでにちょっとした収納スペースを設けてあげるのも実用的でよいでしょう。もちろん配電盤に影響を及ぼすようなものを収納されても困るので、ちょっとした掃除用品などが収納できる空間で十分です。トイレなどのような狭い空間でも奥行きの浅い簡単な収納棚を作る住宅がありますが、それと同じ感覚で提案してみましょう。

 

一般住宅の電気工事は女性目線を意識する

一般住宅の電気工事をする際には女性目線で工事の工夫をするのも良いでしょう。分電盤というとあまり女性は関心がないというイメージがあるかもしれません。しかし光熱費の節約という視点から旅行や帰省で家を空けるときにブレーカーを切るという人もいます。個別にコンセントを抜くことで対処をする人もいますが、ブレーカーから切ってしまう人も少なくはありません。全部まとめてブレーカーを切ってしまう人もいますが、冷蔵庫など入れたときの電気料を考えて部分的に切らないようにするなど細かく分ける人も増えてきています。
分電盤を収納棚に入れてしまうというのも女性に喜ばれやすい工夫のひとつでしょう。食品庫を設けている家庭なら食品庫の邪魔にならない場所に設置するのもいいかもしれません。それから女性が容易に届きやすい位置で設置するというのも重要なポイントです。ペットを飼っている家や小さな子どものいる家庭など、家族に合わせた安全な場所というのもおすすめといえます。

 

施工会社との連携をスムーズにする

一般住宅の電気工事というとコンセントやスイッチの位置、そして照明などを気にすることは多いかもしれません。しかし分電盤をどこにどうつけるかということも施主にとっては大切な問題です。注文住宅の場合は施主ごとにこだわりがあるので細かい部分でも工夫した電気工事ができると良い会社として口コミで広げてもらえることも考えられます。ただの分電盤でも設置の仕方によってはインテリアに溶け込んでしまうこともあります。家という考え方が多種多様になっているため、従来とは違う視点で電気工事をしてみましょう。そのためには施工会社との連携がスムーズであることも必要です。図面を共有できるのもそのひとつでしょう。
プラスバイプラスの電気CADなら紙の図面やPDFデータの取り込みも可能です。幹線やスイッチなど良く使うマークがあらかじめ入っているので、作図もスムーズで書き間違いも防いでくれます。操作はほとんどがマウスで行えます。パソコンが苦手な人でも心配はいりません。一般住宅の電気工事は作図から見積もりまでスムーズに進むプラスバイプラスの電気CADで施工会社と連携しながら施主が喜ぶ提案をしてみましょう。

ピックアップコンテンツ