• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

電気工事に必要な資格取得は難しい?電気工事に必要な資格の取得方法
  1. 電気CAD 電気工事

電気工事に必要な資格取得は難しい?電気工事に必要な資格の取得方法

電気工事を行うために必要な資格がいくつかあります。持っていると良いという資格の中には国家資格も含まれていますが、取得するにはどれくらい難しいのでしょうか。電気工事に必要な資格の中から主なもの3つをあげ、資格でできる工事の範囲や受験内容、難易度などを解説します。また電気工事の仕事をする場合に作業効率をアップする方法についても紹介します。これから独立したいと考えている方、電気工事の仕事をもっとスムーズにしたい方も役立ててみてください。

電気工事士とはどんな資格?

電気工事士は「電気事業法および電気工事士法」に定められている資格のひとつで国家資格です。第1種と第2種に分かれており、それぞれ扱える工事の規模などが変わってきます。一般住宅からビル、そして工場などの大きな建物にいたるまでの工事に必要な資格なので取得する人は多い傾向です。第1種は最大500キロワット未満の自家用電気工作物でビルや工場などの工事を行うことができます。第2種の方は600ボルト以下の一般電気工作物で一般住宅などの工事に従事することが可能です。電気工事士は電気関係の仕事をするうえで基本的な資格のひとつと言われています。
電気工事士は第1種も第2種も筆記試験と技能試験を行います。それぞれの合格率は第1種の筆記試験が40%以上、技能試験は70%近くに及びます。第2種の方は筆記試験が70%近く、そして技能試験は50%近くという合格率です。第1種の筆記試験は比較的難しいと言えるでしょう。第1種は試験に合格してから3~5年以上の実務経験がなければ交付されません。ただし第2種を先に取得していてすでに5年以上の実務経験がある場合には免状交付の申請は可能です。電気工事士の試験は「電気技能者試験センター」で行い、免状の交付は各都道府県に申請します。

 

電気主任技術者とは?

電気主任技術者とは工場やビル、発電所などで電気設備の保安監督や設備、配線などを行える国家資格のことです。工場やビルなど電気設備を設置しているところでは電気主任技術者を選任することが電気事業法によって定められています。電気主任技従者には第1種、第2種、そして第3種があります。第1種はすべての事業用電気工作物を扱うことが可能です。第2種は電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物、第3種は5万ボルト未満の事業用電気工作物が扱えます。ただし第3種は出力が5,000キロワット以上の発電所は含まれません。
第1種と第2種は1次試験と2次試験があります。これに対して第3種は1次試験のみです。1次試験は全4科目で理論に電力、機械そして法規で2次試験は全2科目の「電力・管理」と「機械・制御」になります。電気主任技術者の試験は「電気技能者試験センター」で行われます。それぞれの合格率ですが第1種は1次試験、2次試験ともにおよそ20%です。第2種の1次試験はおよそ20%で2次試験はおよそ30%、そして第3種の1次試験はおよそ10%と難易度は高いといえます。

 

電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士とは電気工事にともなう施工図面の作成、施工計画そして安全管理などを行うことに必要な国家資格です。電気工事全体をスムーズに運ぶために必要不可欠な資格といえます。取得しておくと自分で起業するときに役立てることもできますが、就職にも十分有利な資格でしょう。
電機工事施工管理士は1級と2級があり試験は北海道から沖縄までのおよそ13カ所の会場で行われます。試験内容は1級も2級も筆記試験と技能試験があります。それぞれの合格率ですが1級の筆記試験はおよそ40%、技能試験はおよそ60%です。これに対して2級の筆記試験は60%以上、技能試験はおよそ50%となっています。電機工事施工管理技士は図面を正確に作成するという部分が人によっては難易度が高く感じるかもしれません。また電気工事施工管理技士の実務経験年数は何を履修してきたかで異なります。

 

電気工事の仕事を無駄なくスピーディーにするには?

電気工事を行ううえで必要な資格はさまざまです。この他にもネオン工事などを行う場合には特種電気工事資格者の認定証が必要なので扱う電気工事の種類に応じて取得または申請をするといいでしょう。就職に生かす場合には電気工事士や電気主任技術者、電気工事施工管理技士などの資格を取得しておけば有利といえます。実務経験を求められるものもありますが、経験を積みながら必要な年数を重ねて申請しておけば、独立を考えるときにも役立ってくれるでしょう。
しかし電気工事の仕事には見積もりや図面の作成が必要です。特に電気工事施工管理技士になると図面の作成や工事そのものの計画などを立てなければなりません。材料の正確な拾い出しなど工事の規模によってはかなり時間を取られる作業でしょう。図面はCADを使用した作図が主流ですが、苦手な場合やスピーディーな作業を求めるなら電気シンボルなどがあらかじめ入っているCADを使用するといいでしょう。CADが苦手な人でも簡単に作図ができ、同時に材料の拾い出しや見積もりも出せる画期的なCADソフトが出ています。電気工事をスムーズに正確に進めるには見積もりも作図も簡単にできるプラスバイプラスの電気CADを試してみませんか。

ピックアップコンテンツ