• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気工事ではどこにどれくらいの費用がかかる?

電気CAD電気工事
電気工事ではどこにどれくらいの費用がかかる?

建物があれば必ず必要になってくるのが電気工事です。ただ、ひとくちに電気工事といっても、照明器具の設置やエアコンの設置など、さまざまな種類があります。もちろん工事の内容が違えばかかってくる費用も違ってきますので、工事を請け負うものとしては、それぞれにだいたいどれくらいの費用がかかってくるのか?ということを大まかでも良いので把握しておくことが大切です。ここでは、そんな電気工事の費用にまつわる話を詳しく見ていくことにしましょう。

電気工事の種類と費用

前述した通り、電気工事にはさまざまな種類があります。まずはどのような種類の工事があるのかを見ていきましょう。一般住宅やオフィスなどの電気工事を行う建築電気工事は大きく分けて4つの種類に分類することができます。1つめは電源からケーブルなどを引く屋内配線工事です。この配線工事は、一般住宅の場合には小規模になることが多いですが、ビルやオフィスなどを担当した場合には結構大規模な工事になります。2つめは電柱などから担当の施設に対して電気を供給するために配線を行う外線工事です。一昔前は非常に危険の伴う仕事でしたが、現在は技術の進歩に伴って安全に作業ができるようになっています。3つめはエアコンなどの空調関連工事です。具体的にはエアコンの取り付けや室外機の取り付け、掃除などを行います。エアコンの寿命はそこまで長くなく、さらに連続して使用をしていると不具合を生じる可能性も高いため、定期的なメンテナンスも主な仕事になります。4つめはビル管理です。ビルの管理をする責任者ですが、電気工事の知識を持ち、なおかつ消防やボイラーなどの知識を総合的に兼ね備えた人が行える仕事です。
この4つの分類のうち、内線工事や外線工事は非常に体力を使う仕事である反面、費用も高額になり、電気工事としては儲かる部類の仕事になります。一方、エアコンなどの取り付けのみを行う場合にはそこまで費用が高額になることはありません、ただ、エアコンの取り付けに伴って、その周辺の配線工事や他の空調設備の工事なども発生する場合には費用も高額になります。

 

建物の構造によって費用は異なる

電気工事をする際に気を付けなければならないのが、工事の対象となっている建物の構造です。特に配線工事を行う場合には注意をしなければなりません。一般住宅やオフィスなど、建築物には大きく木造と鉄筋コンクリート造の2つがあります。このうち、木造の建物に対して配線工事を行う場合には、内装工事前に工事を行うため、後でミスが発覚しても手直しするのが簡単です。しかし、鉄筋コンクリート造の場合には、配線工事完了後にコンクリートを流し込みますので、配線がコンクリートのなかに埋設されてしまいます。そのため、鉄筋コンクリート造の場合には後からミスが発覚したとしても、簡単に手直しすることができないのです。
また、木造と鉄筋コンクリート造では根本的な配線工事のやり方もかわってきますので、それに伴って費用にも違いが出てきます。基本的には木造の方が安く上がることが多いといわれていますが、建築物全体の構造によっても変わってきますので一概にいうことはできません。

 

修理をするのか?新しいものに交換するか?

一般的な認識としては修理をする方が安いと思われがちですが、工事の対象になっている電気設備の状態によっては新品のものと交換した方が安いという場合もあります。電気設備には耐用年数というものがあり、それを超えて使用している設備については、たとえ調子が悪くなっている一部分を変えたとしても、またすぐに悪くなったり、交換が必要になったりすることが多いのです。こうなると、短期間で再度修理が必要になりますので、1回の修理費用が新品との交換よりも安かったとしても、トータルで見ると新品を購入した方が安いということがあります。
修理をしたほうがいいのか?それとも新しいものに交換をしたほうがいいのか?という判断は素人がするのはほとんど無理です。専門の業者であっても、判断を間違えるくらい難しいことですので、この判断は慎重に行うようにしましょう。電気設備の状態や耐用年数などを総合的に勘案することで、ベストな選択をすることができればお客さんに大変喜ばれるでしょう。

 

工事の規模や部品、人材などにより費用が大幅に違う

ここまで電気工事の費用に関する基本的な内容を見てきましたが、工事費用の見積もりは工事で使用する部品や人材などを総合的に考えて見積もりを出す必要があります。例えば、内線工事であれば一人でできることでも、外線工事になると一人では難しくなってきます。これは工事の規模によっても違いますが、人材にかかる費用などもしっかりと考えに入れて見積もりを出すようにしましょう。
ちなみに、最近流行しているリフォームやリノベーションでも電気工事が発生します。この場合、コンセントの増設などの工事が多くなる傾向にあるため、費用も高額になります。もし分電盤の交換なども発生すると、より高額になってきてしまいますので、見積もりを出す際にはお客さんとよく相談をして、事前にどれくらいの費用がどの部分にかかるのか?といったことを説明することが大切でしょう。
電気工事にかかる費用の見積もりは経験も必要になってきます。表面上だけでなく、実際の工事をイメージしてどのような費用が必要なのかを試算できるようになりたいものですね。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中