• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気工事士とは?仕事内容や必要となる資格について

電気CAD電気工事
電気工事士とは?仕事内容や必要となる資格について

私たちが生活をするうえで欠かすことのできないものが「電気」です。この電気を何気なく使用している人も多いですが、電気を安全に使用するためには、電気配線がきちんとされていなければなりません。電気配線は一歩間違うと、火災や感電を引き起こすとても危険なものです。そのため、配線工事を行うには深い知識や技術が必要になります。このような電気に関する作業を行ってくれるのが「電気工事士」という仕事です。電気を取り扱う業務は危険を伴うため、国家資格が必要となります。ここでは電気工事士の仕事内容や、資格について詳しくご紹介します。

電気工事士とはどんな仕事?

電気工事士とは、一般住宅をはじめとするビルや工場などの電気設備を整える仕事です。利用者が安全に電気を使用できるように、配線工事や電気工事を行うことが主な業務となります。このような電気工事の業務は、国家資格である「電気工事士」を取得している人しか行ってはならないと、法令で定められています。電気工事士の資格には「第一種」と「第二種」という種類があります。それぞれ取得した資格により、従事できる業務内容が異なるのも特徴です。

 

電気工事士になるために必要な資格

電気工事士として仕事を行うには、まず「電気工事士」の資格を取得する必要があります。電気工事士の資格を得るためには「一般財団法人電気技術者試験センター」が実施する資格試験を受験することになります。試験は年齢・性別・学籍・実務経験といった制限がないので、誰でも受験資格があります。このように仕事に就くまでのステップとして門戸が広い点も、魅力的なポイントといえるでしょう。試験内容は筆記試験と、実技試験の2種類が実施されます。筆記試験は合格ライン以上の点数を取ることができれば、受験者人数に関わらず合格できます。筆記試験は四肢択一のマークシート方式なので、比較的答えやすいでしょう。問題数は全部で50問です。そのうちの約30問は一般問題、約20問が配線図問題という配分になっています。また、筆記試験では電卓の使用が認められていないので、試験会場に持ち込まないように注意しましょう。技能試験では与えられた材料を使って、時間内に電気回路を施工する問題が出題されます。試験を受けるときに注意したいのが、第一種・第二種試験ともに「筆記試験と技能試験を受ける日程が異なる」という点です。筆記試験と技能試験、それぞれ異なる日に受験する必要があるので、しっかりとスケジュールを把握しておくことが肝心です。ちなみに、第一種と第二種を比べると、第二種の合格率が高い傾向にあります。平成27年度第二種電気工事士試験の全国平均合格率は筆記試験58.8%、技能試験70.7%です。約50%以上もの受験者が合格している観点から見ても、比較的敷居が低く取得を狙いやすい資格といえるでしょう。第一種は第二種に比べて試験内容が複雑になります。そのため、まずは第二種の勉強から始めることも良い方法でしょう。

 

第二種電気工事士の仕事範囲

第二種電気工事士の資格を取得すると、どのような業務に携われるのか詳しくご紹介します。第二種電気工事士の資格を取得すると、一般用電気工作物の作業が行えるようになります。具体的な例としては、小型の一般住宅や店舗などの、600V以下で受電する設備の業務が行えます。新築・増改築時に配線図に従って、屋内配線を行ったりコンセントの設置作業をするのが主な業務です。また、アース施工などを行うケースもあります。電気は私たちが快適に暮らすためになくてはならないライフラインのひとつなので、第二種電気工事士の仕事は活躍できるシーンが広く需要の高い仕事といえます。また、専門技術職になるので安定した収入を得やすいのも大きなメリットです。電気工事士の資格取得は難しそうだ、と考える人が多いかもしれません。しかし初心者にとって最大の難関ともいえる技能試験は、出題候補問題が事前に公表されるので、十分な対策をしてから試験に臨むことが可能です。そのため初めて試験に挑戦する人も、しっかりと対策を練ることで十分に資格取得を狙うことができるでしょう。

 

第一種電気工事士の仕事範囲

第二種電気工事士の、さらにワンランク上の存在が第一種電気工事士です。第一種電気工事士の資格を取得すると、第二種電気工事士が従事できる作業の他に、ビルや工場といった大型施設の電気工事に従事できます。第二種に比べて専門的な技術や知識が必要となる業務が多く、そのぶん給与水準も高い傾向にあります。また、第二種電気工事士の仕事内容に加えて、さらに幅広い業務に携わることができるため、常に高いニーズがある職業です。第一種電気工事士よりもさらにハードルが高い、電験三種へのステップアップを図る人の、足がかりとしても人気の仕事です。

 

電気工事士の就職先とは

電気工事士の主な就職先は、ビル管理会社や事業所、営業所などが一般的です。また、電気工事を請け負っている工務店や家電量販店に就職するケースもあります。その他には医療福祉施設や、建設会社などに勤める場合もあります。このように、電気工事士の就職先は門戸が広く、ニーズが広いことがうかがえます。また、採用試験においては資格の保持や実務経験が重視される傾向にあります。そのため電気工事士の資格を取得することで、採用に繋がるアピールポイントを増やせるでしょう。それから会社によっては、資格手当が受けられるというメリットもあります。
知識や経験がダイレクトに反映されやすい電気工事士の仕事は、スキルを磨きながら徐々に業務の幅を広げていきたいという人にもぴったりです。

興味を持った方は、第一種・第二種の電気工事士資格を取得して、活躍できるフィールドを広げてみてはいかがでしょう。

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中