• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

水道工事業者が持っていると役立つ資格、身につけておきたいスキルとは

水道CAD水道工事
水道工事業者が持っていると役立つ資格、身につけておきたいスキルとは

新たに建物を建設する、リフォームやリノベーションといった改修工事の際には水道工事が欠かせません。水道工事と一口にいっても作業を行う場所によってさまざまな種類の作業が必要とされるのです。水道やその設備に関連する工事を適切に行うためにも水道工事に関連する技術や知識が求められますし、立場によっては専門の資格を有していることが必須になります。水道工事業者として持っていると役立つ資格やスキルについて紹介していきます。

給水装置工事主任技術者の資格とその取得方法

水道工事は主に水道局が管理している水道管から給水管を引き込む工事、建物内に給水管、排水管を設置する屋内の配管工事、下水道の配管をする下水道排水設備工事の3つにわけられます。これらの工事が適切に行われず、配管のつなぎ間違いやつなぎ方の不備などがあると漏水や飲料用以外の水が上水道に流れる、下水が本来流れるべきところに流れないなどさまざまなリスクが発生しやすくなるのです。そのため専門的な技術や資格を持った業者が工事を行う必要が出てきます。水道工事に関連する資格の中でも給水装置工事主任技術者は給水装置の管理、工事の際に指導が行える知識と技術を持っていると認定された者に与えられる国家資格です。給水装置の工事は無資格でも行えますが、現場監督者はこの資格を有していることが求められます。給水装置工事主任技術者の資格を取得するためには3年間の実務経験を積むことで受験条件を満たし、公衆衛生概論、水道行政、給水装置の構造やそれに関連する法律などの分野から出題された試験を受けて合格しなくてはいけません。合格率は3割から4割程度ですので、しっかりと勉強していれば決して合格が難しい資格試験ではありません。水道工事は比較的件数が多く現場には必ず現場監督が必要ですから、取得しておくことで就職や転職にも有利になりますし資格手当がもらえることもあります。

 

下水道排水設備工事責任技術者の資格とその取得方法

下水道処理に関する法律は国が定めたものだけでなく、各自治体が独自で定めた決まりもありますので下水道工事を請け負うには各自治体の条例で登録された指定工事業者が工事を請け負うことになっています。そしてこの指定を受けるためには下水道排水設備工事責任技術者の資格を持った技術者が業者に専任登録されていることが条件となっています。資格試験は日本下水道協会により1年に1度実施されており、下水道排水設備工事責任技術者の受験条件は高等学校卒業以上の学歴で土木工学科またはそれに該当する過程を修了していること、1年以上の実務経験を積んでいることが受験条件として定められています。土木工学に関する学問を修めていない場合も高等学校卒業以上の学力を有していれば2年以上の実務経験を積むなど、他にも受験資格を得られる条件は広く設定されていますので受験資格を得やすいでしょう。

 

水道技術管理者の資格とその取得方法

上下水道、簡易水道、専用水道といった水道事業を行う事業者は、水道技術管理者の資格を有する者を専任者として登録しておく必要があります。水道技術管理者は衛生的かつ安全な飲料水を提供するために、水道施設が基準に適合しているかどうか、給水を開始する前の水質と施設の検査、定期もしくは不定期の水質検査、浄水場従事者の健康診断など水道業務に関する幅広い業務を担います。水道技術管理者を取得するためには試験を受けるのではなく、土木工学などの学問を修めた者、一定年数の実務経験がある、厚生労働大臣が認定した講習を修了したものなどが資格を得る条件として定められています。資格を得るために試験勉強する必要はありませんが資格を与えるに値する知識と経験が必要とされますし、資格を取得できた場合は現場の責任者となりますので仕事上の責任も大きくなります。しかし水道技術管理者の資格を有していれば独立して事業所を設けるときや就職や転職の際にも有利に働くでしょう。

 

CADを活用して業務の効率化を図る

資格を取得するだけでなく、設計ソフトであるCADが使えるスキルを身につけておくと業務に役立ちます。水道工事を実施する際は図面を作成し、それにしたがって工事を進めていきます。また工事の際には各自治体に申請書類を提出する必要があり図面とともに作成を行いますので、CADを用いると業務の効率化が図れるでしょう。水道工事には知識や経験も必要ですが、水道工事の現場作業に携わる作業員全員がわかりやすい図面を作成することが工事を円滑に進めるのに役立ちます。手書きでも図面を作成できますが、正確にしかも誰が見てもわかるような図面を作成するのは簡単ではありませんしそれなりの時間も要します。CADが使えるようになると今まで図面や申請書類作成にかけていた時間の短縮効果が期待できるだけでなく、正確で見やすい図面が作成できるようになります。今までCADを使用した経験がない、パソコン作業に慣れていないとハードルが高く感じますが、中にはプラスバイプラスの水道CADのように初心者向けやサポートが充実しているCADソフトもあるのです。水道工事に関連する知識を深めるだけでなく、CADのような便利なソフトの導入により、水道工事の質を向上させることと業務の効率化が進められます。

 

水道工事業者の資格についてよくある質問

給水装置工事主任技術者の資格とその取得方法

水道工事は主に水道局が管理している水道管から給水管を引き込む工事、建物内に給水管、排水管を設置する屋内の配管工事、下水道の配管をする下水道排水設備工事の3つにわけられます。これらの工事が適切に行われず、配管のつなぎ間違いやつなぎ方の不備などがあると漏水や飲料用以外の水が上水道に流れる、下水が本来流れるべきところに流れないなどさまざまなリスクが発生しやすくなるのです。そのため専門的な技術や資格を持った業者が工事を行う必要が出てきます。水道工事に関連する資格の中でも給水装置工事主任技術者は給水装置の管理、工事の際に指導が行える知識と技術を持っていると認定された者に与えられる国家資格です。給水装置の工事は無資格でも行えますが、現場監督者はこの資格を有していることが求められます。給水装置工事主任技術者の資格を取得するためには3年間の実務経験を積むことで受験条件を満たし、公衆衛生概論、水道行政、給水装置の構造やそれに関連する法律などの分野から出題された試験を受けて合格しなくてはいけません。合格率は3割から4割程度ですので、しっかりと勉強していれば決して合格が難しい資格試験ではありません。水道工事は比較的件数が多く現場には必ず現場監督が必要ですから、取得しておくことで就職や転職にも有利になりますし資格手当がもらえることもあります。

下水道排水設備工事責任技術者の資格とその取得方法

下水道処理に関する法律は国が定めたものだけでなく、各自治体が独自で定めた決まりもありますので下水道工事を請け負うには各自治体の条例で登録された指定工事業者が工事を請け負うことになっています。そしてこの指定を受けるためには下水道排水設備工事責任技術者の資格を持った技術者が業者に専任登録されていることが条件となっています。資格試験は日本下水道協会により1年に1度実施されており、下水道排水設備工事責任技術者の受験条件は高等学校卒業以上の学歴で土木工学科またはそれに該当する過程を修了していること、1年以上の実務経験を積んでいることが受験条件として定められています。土木工学に関する学問を修めていない場合も高等学校卒業以上の学力を有していれば2年以上の実務経験を積むなど、他にも受験資格を得られる条件は広く設定されていますので受験資格を得やすいでしょう。

水道技術管理者の資格とその取得方法

上下水道、簡易水道、専用水道といった水道事業を行う事業者は、水道技術管理者の資格を有する者を専任者として登録しておく必要があります。水道技術管理者は衛生的かつ安全な飲料水を提供するために、水道施設が基準に適合しているかどうか、給水を開始する前の水質と施設の検査、定期もしくは不定期の水質検査、浄水場従事者の健康診断など水道業務に関する幅広い業務を担います。水道技術管理者を取得するためには試験を受けるのではなく、土木工学などの学問を修めた者、一定年数の実務経験がある、厚生労働大臣が認定した講習を修了したものなどが資格を得る条件として定められています。資格を得るために試験勉強する必要はありませんが資格を与えるに値する知識と経験が必要とされますし、資格を取得できた場合は現場の責任者となりますので仕事上の責任も大きくなります。しかし水道技術管理者の資格を有していれば独立して事業所を設けるときや就職や転職の際にも有利に働くでしょう。

CADを活用して業務の効率化を図る

資格を取得するだけでなく、設計ソフトであるCADが使えるスキルを身につけておくと業務に役立ちます。水道工事を実施する際は図面を作成し、それにしたがって工事を進めていきます。また工事の際には各自治体に申請書類を提出する必要があり図面とともに作成を行いますので、CADを用いると業務の効率化が図れるでしょう。水道工事には知識や経験も必要ですが、水道工事の現場作業に携わる作業員全員がわかりやすい図面を作成することが工事を円滑に進めるのに役立ちます。

電気CADの詳細を見る

水道CADの詳細を見る

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中