• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

水道工事の設計書をCADを使って簡単に作成!サポートがあれば大丈夫

水道CAD水道工事
水道工事の設計書をCADを使って簡単に作成!サポートがあれば大丈夫

生活に欠かせない水道に関わる設備はキッチン・洗面台・お風呂や屋外用の水道など数多くあり、これらを工事するには図面作成をしなければなりません。しかし図面作成には時間がかかるので、工事の前には準備が大変です。CADを導入してもパソコン操作に慣れていない人は難しいものです。多くの人の悩みである水道工事の設計書の図面作成や、水道CADの操作性について対応できるCADはあるのでしょうか。ひとつひとつ問題解決の方法を探っていきましょう。

水道工事の図面を描くのは大変!手描きは時間がかかる

パソコンに苦手意識を持っている人は、水道工事で設計書を作成するときの工事の図面を手描きで書くのはやむを得ません。手描きでは時間がかかることやキレイに描くのが難しいといった悩みがあることでしょう。また宅内工事では工務店へ提出する図面を描きますが、例えば電力会社への申請書を提出するときには再び図面を入れる手間がかかってしまいます。CADが使えない場合は、図面を描いてから依頼して作図にするという手間がかかってしまいます。また手書きの図面を描ける人は依頼が集中する時期は、仕事の時間が他の人よりもかかるので負担になってしまう可能性もあります。やはりCADソフトを導入した方がいいのか悩むところですが、パソコンに慣れていない人は多くの水道CADソフトのうち何を選べば良いのか分からなくなってしまうかもしれません。そのため、CADソフトの違いや選び方について知っておくことをおすすめします。多忙な水道工事の現場に対応できるCADソフトには、パソコン初心者も簡単に使うことができることや効率的にキレイに図面を描けることなどが求められます。

 

パソコン初心者なので大変!CADの使い方が分からない

たとえ水道CADソフトを導入しても多くの複雑な機能のために使いこなすことができない場合も考えられます。CADソフトを導入する際には、ソフトの操作が簡単なことが大切でしょう。事務機能などの便利な機能が充実していることも大切ですが、それを使いこなすためには操作がシンプルでなければ多忙な業務には対応できません。また水道CADソフトは現場での見積もりに素早く対応できる機能がありますが、これも操作が難しくてはすぐにはできないでしょう。すぐに見積もりを出すことができれば、お客様からの信頼も増すことになり安心して仕事ができます。
水道工事には多くの材料が必要で、それに比例して金額の管理も複雑になってくるものです。こうした管理にも対応できるので、CADソフトは導入した方が業務時間を減らし次の業務へ進めることができます。CADソフトを導入するときに操作が簡単なものにすることで、こうした悩みからは解放されるでしょう。また慣れないCADソフトを使い始める際には、サポート体制もしっかりしているのかを確認しておくことをおすすめします。

 

サポートがあればすぐに図面作成ができる!

水道工事で設計書を作成するときにはCADソフトを使用することで時間の軽減や作業の効率化ができますが、それにはまず操作が簡単なことが必要です。プラスバイプラスのCADソフトは水道業界に必要な機能が整理されているうえに、マウスだけの簡単操作が可能です。不要な機能がないので操作に迷うことがなく、複雑な設定も必要ありません。
またソフトを使いこなすためのサポート体制も大切です。はじめはソフトに慣れることが必要ですが、なるべく早く覚えて実務で使うことができるようにしたいもの。そのためには操作が分からないときに電話などで相談できることが欠かせません。プラスバイプラスの水道CADは導入後の電話や訪問での相談のほかに、会社のオフィスからパソコン画面の確認をリアルタイムで行い使い方を教えてくれます。口だけで伝えることは難しいのですが、画面上を見ながらのアドバイスは分かりやすいといえます。使う側の困っている点やニーズに対して的確なアドバイスがあるので、分からないことも解消できるでしょう。

 

一度描いた図面は置き換え可能!申請書にも使える

水道工事で設計書を書く際には、各種の申請書に対応している水道CADが便利です。プラスバイプラスのCADソフトは全国の電力会社や市町村の申請書に対応しています。申請用紙がソフトの中に入っているので、作成した図面をそのまま使うことができます。このように置き換えができ余計な手間を省くことが可能になるので、時間や負担の軽減につながるといえます。見積書もワンタッチで作成できるので、労務費の計算や値下げの適用も可能です。
また本管の図面や日報作成機能が標準で入っています。さらにCADソフトを使っていて様式を変更したいときには、変更や追加の依頼をすることですぐに対応してくれるので便利です。使わない機能や複雑なものが多いことで操作に困ることもないでしょう。全くの未経験者で図面を描いたことがない人でも手厚いサポート体制や、しっかりした指導があるので、操作に慣れることによって多忙な現場での即戦力になるといえます。
水道工事で設計書を書く際のCADソフトには、このように業務の効率化を図ることができるものを導入していきましょう。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中