• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気工事の仕事はやりがいがある!様々な場所で活躍!

電気CAD電気工事
電気工事の仕事はやりがいがある!様々な場所で活躍!

電気は私たちの生活になくてはならないもので、災害などの停電時には改めて実感する人が多いでしょう。電気工事は適切に行われることで利用する人の安全や利便性が提供されているもの。工事は建物や鉄道など多くの現場で行われていますが、どのような場所で行われ全体の流れはどのようになっているのか理解しておきましょう。また、電気工事は一人でできるものではありません。役割分担や協力体制はどのようになっているのでしょうか。

一般住宅やマンションの電気工事の仕事内容は?

木造が多い一般住宅の工事では、柱や天井裏の配線を行い、室内のコンセントやスイッチを取り付け、各部屋に電気を送る分電盤や電柱からの電気の引き込みなどを行います。電気メーターやインターホン、インターネット接続のためのLANなど需要に応じて配線します。近年一般住宅の工事では、ホームエネルギーマネージメントシステム(HEMS)による、最先端の技術が導入された「スマートハウス」の電気工事などで高い技術が使われています。マンションの電気工事は、コンクリートの壁や床の中に配管し、スリーブ(電線を通すための穴)を作ります。さらに、マンションでは多くの電力を必要とするため6,600Vの電圧で電気を入れ、キュービクルシステムにより各家庭に届ける電圧を下げるための配線も必要。また、マンションの電気工事では共用部分の工事も行うので、木造住宅とマンションの電気工事は大きく内容が異なるといえるでしょう。

 

オフィスビルや工場などの電気工事について教えて!

電気工事の仕事のうちオフィスビルでは、住宅とは異なる大型の照明やデスクへの配線が必要になります。OA機器のためには床下配線を行い、各デスクに電源配線をします。オフィスビルは他にも、電気室の高圧受変電設備の工事や、施設全体を管理する中央監視室には計装線の配線も行うなど多くの電気工事が必要です。また、電気工事は様々な種類の工場でも行われますが、それぞれの工場は生産する製品により設備が大きく異なる特徴があるので各工場に合わせた電気工事が必要です。工場で使用されている機械設備が順調に作業できるように、電気配線や制御を行うことが中心ですが、新しい機械が導入されるなど変更があれば増設なども必要でしょう。店舗の電気工事も、扱う商品やオーナーの要望に合わせて行うことになります。飲食店では冷蔵や冷凍、食品加工に関する設備などへの配線が必要です。

 

電気工事は役割分担で!チームワークが大事!

電気工事の仕事は、大勢の力を合わせてチームワークの力で完成していくものです。電気工事をする際には、はじめに「設計」の仕事があり、建物の設計図書をもとに電気設備の設置場所や配線ルートを決め、例えばケーブルの太さから照明の種類や数に至るまで、予算などの様々な角度から検討して最適な設計をします。設計では電気CADを使用し、現場で施工する技術者が分かりやすいように設計図を作成します。この時はプラスバイプラスの電気CADのように、初心者でも簡単に作成できるものを使用して効率をアップすると良いでしょう。設計後には工事を受注するために「積算」を行い、受注に最適と考えられる高過ぎず安過ぎない予算を出します。現場での施工では、施工図をもとに電線やケーブルの配線などを行うので、図を正確に読まなければなりません。その上で実際の施工にも正確さが求められます。大きな規模の電気工事の仕事には、施工管理者が必要で全体の流れを管理する役割を果たします。このように電気工事には役割分担があり、現場では例えば水道工事を担当する人など多くの人と連携しながら工事を進めていくことになります。

 

電気工事は社会にとってなくてはならない仕事!CADを導入して効率アップへ!

電気工事には、この他にも鉄道電気工事があります。電車に電気を送る架線や安全運行を支える信号システム、踏切など、日本の正確な電車の走行に貢献する高い技術を誇っています。鉄道や住宅、工場など現代では電気が不可欠で、電気がなければ生活が成り立たないと言っても過言ではないでしょう。電気が通じなければインターネットに接続できず、テレビからの情報も得られず大変困ってしまいます。需要の高い電気工事の仕事には様々な領域の資格が必要なのですが、電気工事士の資格には一般住宅の工事などを行う第2種電気工事士と、ビルなど規模の大きい工事を行う第1種電気工事士があります。第1種電気工事士は実務経験を積むことが必要な資格です。現場で活躍しながら資格取得を目指すことになり、時間を効率的に使うことが大切になってきます。電気工事の仕事をする上で電気CADの導入をすることは、仕事の効率をアップし工事に関わる人と連携を取りやすくなるメリットがあります。プラスバイプラスの電気CADは、操作が簡単なのですぐに覚えることができ効率をアップするのに役立つでしょう。電気工事の仕事に携わる人は、一般の人が電気を安全に使用するために1年中仕事をしています。電気工事は社会に貢献するやりがいのある仕事として、これからも需要は高まり発展していくことでしょう。

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中