• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気工事の施工管理方法!電気CADの使用がおすすめ!

電気CAD電気工事
電気工事の施工管理方法!電気CADの使用がおすすめ!

電気工事を行うのに施工管理は必須です。きちんと管理できるかどうかによって業務を効率的に行えるかが変わります。それだけではなく、適正な工事がきちんと行えるかにも影響してくるでしょう。電気工事において重要な項目は施工管理以外にもありますが、直接の業務や経営に大きく関わる項目ですから、電気工事従事者なら施工管理を把握しておく必要があります。効率的で有益な方法で施工管理がしたいのならプラスバイプラスの電気CADの導入がおすすめです。施工管理の方法についておさらいしつつ、電気CADの魅力に迫っていきましょう。

電気工事の施工管理!管理の詳細は?

電気工事の施工管理の主な内容は、工程や必要となる材料の管理、役所への届け出や発注者との調整など、さまざまなものがあります。個人や数人程度の小さな規模の会社の場合は、これらの業務をトータルで請け負うのが基本です。規模が大きな会社だと複数の部や課に分かれるので、担当する施工管理内容は限られます。施工管理の範囲は経営する、あるいは勤める会社によって大きく異なることを覚えておくと良いでしょう。
また、施工管理の上で最も重要といっても良い項目は、図面を引くことです。電気工事のための図面を引けないと施工管理はできないといっても過言ではありません。図面があってこそ、工程や資材の管理、工事の進行を行えることをしっかりと確認しておきましょう。また、図面を引けるかどうかだけではなく、いかに効率的に行えるかも重要です。図面作成のための作業を効率的にできるかどうかは作成者本人の技量次第ではあります。しかし、それ以上にプラスバイプラスの電気CADのようなツールを導入するかどうかが大きく影響するでしょう。現実的に考えるならば、効率化を優先したい場合は技術を磨くことよりも電気CADを導入するのが賢い選択です。

 

プラスバイプラスの電気CADって何?どんな役割?

プラスバイプラスの電気CADは、主に電気工事の配線図面を作成するためのパソコンソフトです。手書きよりも効率的に設計できますし、きれいで見やすいものに仕上げられるのが特徴です。図面作成だけではなく、必要な材料の拾い出しもすぐに行えるのでとても効率的です。手書きで行う場合の作業に比べると時間を大幅に削減できるため、業務全体の効率化や収益アップにもつなげられるでしょう。さらに、発注者からもらった図面に追記したり、変更したりすることもできますから、作業の自由度も高くなっています。PDFデータの取り込みも可能なので、電気CADで対応できる幅は広いです。また、図面に必要となるシンボルもあるため、表記の方法に困ることはありません。
また、きれいな図面を作成できることにはもう1つ意味があります。それは、手書きに比べると作図ミスを防ぎやすいという点です。作図の内容を間違うと業務にも支障が出てしまう可能性が高くなります。工程上でミスが起こればトラブルへと発展してしまいますし、下手をすれば労力や時間に加え、コストの損失は免れられません。また、作図ミスをしていなかったとしても手書きで見づらくなってしまっている図面の場合は、工事を進める際に従業員へ上手く伝達できない可能性もあります。図面の見やすさはそのようなリスクを防ぐのに大きな役割を持つといえるでしょう。

 

電気CADで施工管理!得られるメリット

電気CADを使って施工管理をするメリットは、図面や書類の作成に手間や時間がかからないことです。豊富な機能が備わっていますし、自動作成や自動計算の機能も充実しているため、手動で作業をするよりもはるかに効率的といえます。図面の作成だけではなく、工程や材料の管理などのサポートにもなるので、電気工事に必要な工程をスムーズに進行できるでしょう。また、単純に手書きで図面を引くことをやめたい、外注しているためコストがかかっているという場合にも電気CADは役立ちます。時間の面だけではなく、コスト削減や収益アップという面でも貢献してくれるのは確かです。
さらに電話や訪問による直接のサポートも行ってくれますから、電気CADの使用で不明な点や不安な点があったとしてもすぐに解決できるでしょう。電話の場合は通話料が無料なので気軽に相談できるのも大きなメリットです。サポートが充実していますし、ソフト上での操作もしやすいので、従来のCADソフトを扱うのに慣れていない人にこそ電気CADは向いていると言えます。

 

電気CADの図面機能!主な使い方を教えて!

電気CADには主に3つの特徴があります。1つは手書きの紙面やPDFデータの取り込みが可能なことです。2つ目は図面に必要なシンボルの使用ができます。そして3つ目は、マウスだけを使った簡単な操作が可能なことが挙げられるでしょう。いずれも図面作成のしやすさを追求した機能であり直感的な作業が行えるので、初めてCADソフトを触る電気工事従事者でも安心です。CADソフトを導入したことがない、あるいは使ったことがない人にとってはどうしても難しそうな印象があるかもしれませんが、実際に使ってみればそのイメージを払拭できるでしょう。
具体的な使い方ですが、特に複雑な操作は必要ありません。キーボードによる入力も不要ですし、使うのは基本的にマウスの左クリックのみです。電気工事従事者でCADについて理解しているのなら誰でも簡単に作業を進められます。必要なメニューを選択し、項目を追加していくだけで図面が作成できるでしょう。特別な操作方法は特にありません。作業を進めていて、もしわからないことがあったとしても電気CADのサポートがあります。気軽に頼ることができますから、心配する必要はないでしょう。
便利な機能が充実したプラスバイプラスの電気CADがあれば、時間や労力、コストの面で有益になることが多いですし、施工管理の面でもとても便利になります。スムーズかつ的確な電気工事の施工管理を行いたいのなら電気に特化したCADをぜひ活用してみてください。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中