• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

日本で使用されている汎用CADとは?

電気CAD
日本で使用されている汎用CADとは?

電気工事をする時に図面はなくてはならないものです。しかし、手書きで作成するのは大変手間がかかります。そのような時にパソコンで図面を作成することができるCADは非常に大きな味方です。CADを利用することで作業時間を短縮でき、余った時間で業務の幅を広げることにも目を向けられます。
しかし、一口にCADといってもさまざまな種類があるので、どれを利用したらよいか分からないという人もいるのではないでしょうか?そこで、そもそもCADとはどういうものか、また日本で汎用的に利用されている「JW-CAD」や「AutoCAD」とは一体どういうものなのかを見ていきます。

CADを使用するメリットとは?

CADとは、「Computer Aided Design」の頭文字をとったもので、日本語ではコンピューター支援設計と訳される、設計支援ツールの一つです。手作業では時間がかかる製図や設計をコンピューターで行うことによって効率化することに成功し、作成時間の短縮ができるだけでなく、見積もりの作成まで同時に行うことができるなど、その用途は広がっています。
CADを使用するメリットとしては、「製図が簡単」、「修正をしやすい」、「図面の管理が楽」などがあります。図面を手書きで描く時は、読みやすくするために均一の太さで描く技術が必要です。これまではそのような技術を身に着けるまでに、それなりの時間を要していましたがCADには「LINE」というコマンドがありますので、誰でも簡単に均一の線を描くことができます。また、手書きで図面を描く時の問題点として、修正時に本来必要な部分まで消してしまうというものがあります。しかし、CADのようなパソコンソフトを使用すれば、ボタン一つで不要な線を消すことが可能なので、そのような心配はなくなるのです。さらにCADで描かれたデータは図面をそのまま保存することが可能です。似たような図を描く時の再利用や、他の人と共有することができるようになり、これもCADで図面を管理することのメリットだといえます。

 

CADには無料版と有料版がある

CADの歴史は古く、その始まりは1960年代のアメリカにまでさかのぼるといわれています。当時は航空機の設計を目的としたものでしたが、その後機械や建築系に応用されていき、現在に至っています。現在では建築、製造業のみならず電気、水道業専門に開発されているCADもあるほどです。
現在よく使用されているCADには無料ソフトと有料ソフトがあります。それぞれに一長一短があるため、無料と有料のどちらが良いかは利用する人の状況にもよりますが、日本で汎用ソフトとして多く使われているのは無料ソフトでは「JW-CAD」、有料のものでは「AutoCAD」です。ただし、「AutoCAD」は比較的高価なパソコンソフトで、購入する時は数十万円単位の費用が必要となります。また、高価な金額に見合っただけの性能は入っていますが、慣れるまでに時間がかかることがあります。個人が独学で勉強することも不可能ではありませんが、少しハードルが高いので人によっては使い方を専用に教えるスクールに通って習得する人もいるぐらいです。せっかく「AutoCAD」を取り入れるなら、使いこなせるぐらいに勉強する覚悟が必要だといえます。

 

やっぱり、高機能の「AutoCAD」がいいの?

ここまで見たところでは「やはり有料のAutoCADの方が性能は良さそうだから、長期的に考えるとこっちの方が良いのかな」と思う人もいるかもしれません。しかし汎用ソフトである「JW-CAD」を使っている人も多いのは事実です。なぜなら、図面を描いて保存し、印刷するという一連の流れにおいては無料ソフトであるJW-CADもAutoCADに負けないぐらいの性能を持っているからです。作業の慣れにもよりますが、使用者の中にはJW-CADの方が作図しやすいという人もいます。もちろんAutoCADの方が3Dで図面を作成できるなどという面で高機能ではありますが、それは必ずしも必要な機能ではありません。そのような高機能を追い求めず、単に作図して見積もりまでを作成したいという人には無料のJW-CADでも十分だといえます。
また、先ほど述べたようにAutoCADはその高機能性ゆえに習得するまでに、それなりの時間を要するという点はデメリットです。JW-CADの習得も簡単ではありませんが、機能が少ないだけAutoCADよりも楽だといわれていますので、「初めてCADに興味を持ったという人」はとりあえず無料のJW-CADから始めてみるというのも選択肢の一つになります。

 

使いやすいCADを選択しよう!

ここまで述べてきた以外にもJW-CADとAutoCADの違いはあります。例えば、拡張機能です。AutoCADは他のソフトウェアとの連携が可能で、各種業界に特化した多彩な専用機能を簡単に付け加えることができます。JW-CADにも似たような「外部変形」という機能がありますが、あくまでも作図を中心とした拡張に対応したものとなっており、システムの広がりという点ではAutoCADに軍配が上がるでしょう。
また、JW-CADは利用するのに初期費用が一切いらないという点は非常にメリットですが、その分サポートサービスなどの対応がありません。システムが正常に動かない、使い方が分からないといった問題が起こっても基本的には自分で対応するしかありませんので、その点では注意が必要です。また、今後もこれまでと同様にOSのバージョンアップに対応してくれるとは必ずしも限りません。ある段階でバージョンアップが終了し、その後使えなくなるというリスクが全くないわけではないのです。
このように、日本における汎用CADであるJW-CADとAutoCADにはそれぞれ異なるメリット、デメリットがあります。どちらを利用するか迷う人もいるかもしれませんが、電気工事業にはプラスバイプラスという会社が作成した「plusCAD電気α」がおすすめです。パソコンが苦手な方でも簡単に操作でき、分かりやすいサポートも充実しているのが特徴で、CAD初心者には向いているソフトだといえます。汎用CADは幅広い機能ゆえに技術取得には手間がかかりますが、電気工事業と目的がはっきりしているのなら電気図面に特化して使いやすさ抜群の「plusCAD電気α」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

汎用CADについてよくある質問

CADを使用するメリットとは?

CADとは、「Computer Aided Design」の頭文字をとったもので、日本語ではコンピューター支援設計と訳される、設計支援ツールの一つです。手作業では時間がかかる製図や設計をコンピューターで行うことによって効率化することに成功し、作成時間の短縮ができるだけでなく、見積もりの作成まで同時に行うことができるなど、その用途は広がっています。
CADを使用するメリットとしては、「製図が簡単」、「修正をしやすい」、「図面の管理が楽」などがあります。図面を手書きで描く時は、読みやすくするために均一の太さで描く技術が必要です。これまではそのような技術を身に着けるまでに、それなりの時間を要していましたがCADには「LINE」というコマンドがありますので、誰でも簡単に均一の線を描くことができます。また、手書きで図面を描く時の問題点として、修正時に本来必要な部分まで消してしまうというものがあります。しかし、CADのようなパソコンソフトを使用すれば、ボタン一つで不要な線を消すことが可能なので、そのような心配はなくなるのです。さらにCADで描かれたデータは図面をそのまま保存することが可能です。似たような図を描く時の再利用や、他の人と共有することができるようになり、これもCADで図面を管理することのメリットだといえます。

 

CADには無料版と有料版がある

CADの歴史は古く、その始まりは1960年代のアメリカにまでさかのぼるといわれています。当時は航空機の設計を目的としたものでしたが、その後機械や建築系に応用されていき、現在に至っています。現在では建築、製造業のみならず電気、水道業専門に開発されているCADもあるほどです。
現在よく使用されているCADには無料ソフトと有料ソフトがあります。それぞれに一長一短があるため、無料と有料のどちらが良いかは利用する人の状況にもよりますが、日本で汎用ソフトとして多く使われているのは無料ソフトでは「JW-CAD」、有料のものでは「AutoCAD」です。ただし、「AutoCAD」は比較的高価なパソコンソフトで、購入する時は数十万円単位の費用が必要となります。また、高価な金額に見合っただけの性能は入っていますが、慣れるまでに時間がかかることがあります。個人が独学で勉強することも不可能ではありませんが、少しハードルが高いので人によっては使い方を専用に教えるスクールに通って習得する人もいるぐらいです。せっかく「AutoCAD」を取り入れるなら、使いこなせるぐらいに勉強する覚悟が必要だといえます。

 

高機能の「AutoCAD」がいいの?

ここまで見たところでは「やはり有料のAutoCADの方が性能は良さそうだから、長期的に考えるとこっちの方が良いのかな」と思う人もいるかもしれません。しかし汎用ソフトである「JW-CAD」を使っている人も多いのは事実です。なぜなら、図面を描いて保存し、印刷するという一連の流れにおいては無料ソフトであるJW-CADもAutoCADに負けないぐらいの性能を持っているからです。作業の慣れにもよりますが、使用者の中にはJW-CADの方が作図しやすいという人もいます。もちろんAutoCADの方が3Dで図面を作成できるなどという面で高機能ではありますが、それは必ずしも必要な機能ではありません。そのような高機能を追い求めず、単に作図して見積もりまでを作成したいという人には無料のJW-CADでも十分だといえます。
また、先ほど述べたようにAutoCADはその高機能性ゆえに習得するまでに、それなりの時間を要するという点はデメリットです。JW-CADの習得も簡単ではありませんが、機能が少ないだけAutoCADよりも楽だといわれていますので、「初めてCADに興味を持ったという人」はとりあえず無料のJW-CADから始めてみるというのも選択肢の一つになります。

 

使いやすいCADを選択しよう!

ここまで述べてきた以外にもJW-CADとAutoCADの違いはあります。例えば、拡張機能です。AutoCADは他のソフトウェアとの連携が可能で、各種業界に特化した多彩な専用機能を簡単に付け加えることができます。JW-CADにも似たような「外部変形」という機能がありますが、あくまでも作図を中心とした拡張に対応したものとなっており、システムの広がりという点ではAutoCADに軍配が上がるでしょう。
また、JW-CADは利用するのに初期費用が一切いらないという点は非常にメリットですが、その分サポートサービスなどの対応がありません。システムが正常に動かない、使い方が分からないといった問題が起こっても基本的には自分で対応するしかありませんので、その点では注意が必要です。また、今後もこれまでと同様にOSのバージョンアップに対応してくれるとは必ずしも限りません。ある段階でバージョンアップが終了し、その後使えなくなるというリスクが全くないわけではないのです。
このように、日本における汎用CADであるJW-CADとAutoCADにはそれぞれ異なるメリット、デメリットがあります。どちらを利用するか迷う人もいるかもしれませんが、電気工事業にはプラスバイプラスという会社が作成した「plusCAD電気α」がおすすめです。パソコンが苦手な方でも簡単に操作でき、分かりやすいサポートも充実しているのが特徴で、CAD初心者には向いているソフトだといえます。汎用CADは幅広い機能ゆえに技術取得には手間がかかりますが、電気工事業と目的がはっきりしているのなら電気図面に特化して使いやすさ抜群の「plusCAD電気α」を検討してみてはいかがでしょうか。

電気CADの詳細を見る

水道CADの詳細を見る

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中