• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気設計と機械設計の連携と効率アップの電気CAD

電気CAD
電気設計と機械設計の連携と効率アップの電気CAD

電気設計と機械設計は同じ設計でも内容が異なり、それぞれが専門的なものと言えます。電気設計には基礎的な知識は欠かせないので、設計経験がなくても電気関係の仕事の実務経験が必要です。機械設計は専門的な実務経験と共に、力学などの専門的な知識が欠かせません。どちらも同じ設計の仕事ですが、設計内容や求められるスキルにはどんなところに違いがあるのでしょうか。このふたつの設計の仕事内容や連携、必要な能力について理解しておきましょう。

電気設計の仕事と求められる人材とは?

電気設計と機械設計は、同じ設計といっても製品の調達や製造に至るまで交わることはありません。このふたつの設計は組立の工程になって初めて関係するものです。製品開発における電気設計は、センサを電子回路などと組み合わせてソフトで動作を制御するものです。近年では省エネや省資源そして騒音の軽減と、省電力が求められています。電気設計者は精度を高めながら無駄なコストアップを避けるために、常にコストと向き合っています。
また電気設計は今ある部品を組み合わせて設計するので、部品の性能を知ることは大切です。しかし各メーカーは多くの新製品を作り続けるので、電気設計者は常に最新の情報を得ることが必須の現状となっています。素直で新しいモノが好きということは、電気設計者として求められる性質です。最新の情報を理解して吸収し、それらを使いこなすことが大切なのです。モノへの観察力や想像力も電気設計の仕事をする上で必要な資質でしょう。

 

機械設計について詳しく教えて!

機械設計は自動車などの一般的な機械から、プラントなどの重工業や精密機械まで広い分野に渡って行われます。機械設計者は製品の知識や力学、機構などの専門的な知識が必要なので、対象により求められる設計技術は大きく異なります。機械設計は機械製品の電子回路のうち、機械と機構のエレクトロニクス技術について行うものです。その仕事内容は製品の目的やコンセプトを決めることから始まり、コストや機能などの確認後に設計計画を立てます。そして基本構造や使用部品を決める段階では、コストダウンを意識しながら3次元CADを使用し進めていきます。CADを使い第三者が製造できるように図面を作成し、試作品が完成すれば調整し量産します。このように機械設計は一からモノ作りをする仕事です。
機械設計は一人で作業するイメージがありますが、製品開発の設計ではチームで短期間に進めることが多くなっています。大きなプロジェクトでは特に連携が重要でしょう。機械設計者にはコミュニケーション能力が求められますが、経験を重ねることで必要な対人能力はある程度鍛えられるものです。

 

電気設計と機械設計の連携とは?

電気設計と機械設計は組立の段階までは交わることが少ないため、途中で材料が不足する可能性が出てきます。準備段階で材料調達ができれば、このような悩みも解決されるでしょう。配線作業者が変わることでルートが変更されることもあるので、担当者が誰に変わっても分かるような設計図が求められています。また設計の構想を口頭で伝えることは、経験が豊富な人でないと理解できない面があるためベテランに頼ってしまいがちになります。部品の手直しが発生しないためには、始めの段階で配線ルートを考える必要もあります。このような問題の解決のためには、電気設計と機械設計が設計の段階で連携を取ることが必要になってきます。そこで専門性の高いCADを使用すれば、自動化機能などによりトラブルの回避が期待できるでしょう。たとえ担当者に変更があっても、専門のCADで情報を共有できれば問題は起きにくくなります。設計者には専門的な知識と共にCADソフトのスキルは欠かせません。図面を読むこととCAD操作ができること、使いこなせることが必須になっています。

 

設計の技術と簡単CADによる効率アップについて

電気設計と機械設計がうまく連携し、完成までの色々なトラブルを回避するには、電気設計で材料部品をリストアップしてから機械設計へつなげるなどの連携が必要でしょう。電気設計と機械設計は、どちらもコストダウンを目指すという目的を共有しています。近年では各主要メーカーが次々と器具や電設に関わる製品を作り出していますが、CADで変更があった製品の更新をするのは大変です。
専門CADの操作が必須の設計者ですが、専門的な知識はあっても操作に慣れない人もいるでしょう。CADを使っていても難しく時間がかかり困る場面も考えられます。これらの問題を解決するために、たとえばプラスバイプラスのplusCAD電気αは操作が簡単なので、設計図の作成にかかる時間を短縮することが期待できます。メーカーの製品変更によるデータ更新については、無償の更新用プログラムが利用できます。自動計算機能には、重なった配線の切断や工数、歩掛、金額の値引きなどがあるので、コストダウンへの配慮も容易になります。電気設計と機械設計は簡単操作で多機能のCADを利用することで、効率的に設計できるメリットを活かして連携を取り問題解決を目指していきたいものです。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中