• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気設計エンジニアがCADを使用するメリット

電気CAD電気工事
電気設計エンジニアがCADを使用するメリット

電気工事の際は事前に図面を作成しそれを基にしながら施工が行われますが、その設計の仕事を請け負っているのが電気設計エンジニアです。電気工事の設計図面はさまざまな配線が関係するため一つの図面に全ての配線を入れることが難しく、全体の大まかな図面と部分ごとの細かい図面に分けて作成するケースが多いです。複数の図面を作成する必要がありますので手書きでの図面作成は時間がかかりますしわかりづらい点も出てきます。そこで図面作成ソフトであるCADを使用するメリットや便利な使い勝手の良いCADソフトについて紹介していきます。

図面作成でCADを使うメリット

図面を手書きで作成しているケースもまだ見られますが、設計ソフトであるCADを使用することでより正確に早く図面が描けるようになります。手書きで図面を作成すると1枚描くだけでもかなりの時間を要します。電気工事では図面を複数枚作成するケースが多く1件の電気工事を手掛けるだけでもかなりの枚数の図面が必要となります。そのため設計図を全て作成するまでにかなりの時間を要しますが、CADで作成すればより短い時間で効率よく図面作成ができるようになります。また手書きの図面よりも読みやすさや正確性も向上します。どうしても手書きは見づらい部分が出てくることがあり、誰でも読める図面を作成するのは難しくミスも起こりやすいのです。
近頃はCADも設計だけでなくデザインなどのさまざまな分野で使われるようになってきており、CADソフトの種類も増えてきています。業務を効率よくすすめるためにも使いやすいソフトを選ぶことが重要であり、電気設計で使用する際は電気設計専用のCADを使用すると業務の効率化が期待できるようになります。

 

CADを習得する方法

CADで図面を作成したことがない、多少使ったことはあるが自信がないという方はCADの使い方を覚えられるか不安に感じるでしょう。製図の経験がない方でもパソコンやマウスが使える環境にある、インターネットが使用できるのであれば独学で使い方を習得することが可能です。CADの使い方を習得するためにまずは覚えるソフトを決めることです。電気工事の図面が作成できるCADソフトもそれぞれ使い方が異なりますので、特徴や使い方についてインターネットなどで調べ使ってみたいソフトを選ぶのです。独学で使い方を習得する方法は書籍を購入するか、インターネットサイトで学ぶかのどちらかですが、ソフトを販売している会社から使い方のサポートが受けられることもあります。専門的な書籍もインターネットなら見つかりやすく、利用者の多いソフトは使い方習得に関する情報サイトがいくつもあります。CADの使い方を習得するためにはまずは自分で図面を実際に作ってみることが大切です。書籍やインターネットで使い方を見ながらいくつか図面を作っていくと使い方も覚えられるようになります。CADソフトが使えるようになってくると求める機能も明確になってきて、業務の効率化が期待できるソフトを選び出すのに役立ちます。

 

電気工事CADソフトの種類

電気工事の図面が作成できるソフトにもいくつかあります。CADソフトの中でも世界的にシェアが多く知名度も高いのがAutoCADです。電気工事だけでなく建築などさまざまな分野で使用できること、カスタマイズ機能が充実しているため業務の効率を大きく改善できることなどがメリットです。またサポートや相談窓口も充実していますので初めて導入、使用される方も安心感が持てます。ただソフト導入時にコストがかかるためそれがネックとなることがありますが、機能を限定して価格を安くしたAutoCAD-LTも選べます。Jw-CADは無料で利用できるCADソフトであり、電気工事の図面作成で使用しているエンジニアも多いです。無料で利用できるため初めてCADソフトを使用する、低コストでCADを導入したい場合に適しています。Jw-CADはサポート窓口はありませんが、利用しているエンジニアが多いので使い方に関する書籍やインターネットサイトも複数あります。

 

初心者向けのソフト

電気工事で使用できるソフトウェアはいくつもありますのでどのソフトを使っていいのか迷うでしょう。パソコンやCADに慣れていない方は図面を作るのにも時間がかかってしまいます。そこで初心者向けのCADソフトを使用することで、より早く業務の効率化が期待できるようになります。CAD初心者エンジニアでも使いやすいように設計されたCADソフトのひとつにplusCAD電気αがあります。一般的にCADソフトはいくつもの作業が必要になりますが、plusCAD電気αでは操作上で自動化可能な部分が多く、最低限の操作で簡単に図面が作成できるように設計されています。またさまざまな分野で使用できる汎用性の高いCADソフトは便利な点も多々ある一方、特定の分野でしか使用しない場合には使わない機能も多く出てきますし、機能がたくさんありすぎて操作で戸惑うこともあるものです。plusCAD電気αでは電気工事にのみ特化しているCADソフトですから作りもシンプルで初心者でも図面作成が行いやすくなっています。訪問、電話、通信による充実したサポートが無料で受けられますのでパソコンやCADソフトに慣れていない方でも安心です。初心者向けのCADソフトを選ぶと使いこなすまでの時間も多くかかりませんので、利便性と業務の効率化をより早く感じられるようになるでしょう。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中