• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

CAD導入で図面作成はどう変わる!?無料ソフトJWCADの使い方

水道CAD電気CAD
CAD導入で図面作成はどう変わる!?無料ソフトJWCADの使い方

電気や水道、建築工事に携わっている方なら、すでにCADを使った図面作成は手慣れたものかもしれません。あるいは、今後そういった仕事に就くためにCADを学ぼうという方もいるでしょう。ご存知のとおりCADは設計を支援してくれるソフトのことです。現在は無料で入手できるソフトも登場し、パソコンの画面で誰でも手軽にCADが使えるようになりました。もし今でも図面作成を手書きでやっているという方がいたら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

無料でダウンロードできるJWCADってどうなの!?

CADソフトといえば、以前は数十万円もする高価なもので、CADを操作するための周辺機器や設備をそろえるにもかなりの費用がかかりました。そのため、中小零細企業や個人では入手が難しく、操作できる人も限られていたのです。しかし、1997年に無料のCADソフトJWCADのWindows版が配信され、以後開発が進められてきました。現在ではパソコン本体の価格も手ごろになったことから、企業だけでなく個人でも手軽にCADソフトを入手できるようになっています。
JWCADの入手はWEBサイトから簡単に行うことが可能です。まず、サイトにアクセスし、ソフトをダウンロードします。ダウンロードが終わったら、フォルダを開きファイルをインストールするだけです。ファイルを開くと操作画面が現れ、ここで図面作成作業ができるようになっています。実際に操作してみるとわかりますが、簡単に美しい図面を書くことができるのです。

 

無料ソフトでどこまでできるの?JWCADの機能

JWCADは基本的にマウスを使って操作していきます。初めてCADを使う方は線を引くことから始めてみましょう。まずは「線」を選択し、図面作成画面に始点と終点をクリックで指定します。これだけで簡単にまっすぐで均一な線が書けました。手書きの場合と違い経験年数に関係なく、美しい線が書けます。円や図形も同じように選択し、始点と終点を指定するだけです。丸や四角だけでなく、エレベーターやユニットバス、洗面化粧台などの図形があらかじめ用意されており、必要に応じて使えます。
手書きの図面作成は、ある程度の知識や経験がなければ書けません。作図ができるようになるまで、かなりの時間がかかるのです。しかし、JWCADが操作できれば、素人でも簡単に図面を書くことができます。修正が必要になった場合も、画面上で消したり加えたりするだけです。仕上がりの美しさだけでなく、作業スピードが速く効率的に仕事を進められます。

無料ソフトでどこまでできるの?JWCADの機能

JWCADは基本的にマウスを使って操作していきます。初めてCADを使う方は線を引くことから始めてみましょう。まずは「線」を選択し、図面作成画面に始点と終点をクリックで指定します。これだけで簡単にまっすぐで均一な線が書けました。手書きの場合と違い経験年数に関係なく、美しい線が書けます。円や図形も同じように選択し、始点と終点を指定するだけです。丸や四角だけでなく、エレベーターやユニットバス、洗面化粧台などの図形があらかじめ用意されており、必要に応じて使えます。
手書きの図面作成は、ある程度の知識や経験がなければ書けません。作図ができるようになるまで、かなりの時間がかかるのです。しかし、JWCADが操作できれば、素人でも簡単に図面を書くことができます。修正が必要になった場合も、画面上で消したり加えたりするだけです。仕上がりの美しさだけでなく、作業スピードが速く効率的に仕事を進められます。

独特のマウス操作が必要!?慣れれば効率的に!

JWCADの操作性は、マウスの操作方法に慣れることで高まります。というのも、JWCADには他のソフトにはないマウスの操作方法があり、これを覚えないうちは少々使いにくいと感じるかもしれません。もちろん慣れてしまえば問題ないでしょう。
基本的なマウスの操作としては、「クリック」「ドラッグ」「マウスホイールを回す」という操作です。左クリックはツールバーのボタンを選択する時や、線の始点と終点を指定する時に使います。右クリックは点読取り、左ダブルクリックと右ダブルクリックで基準線の変更です。JWCAD特有のマウス操作として両ボタンドラッグがあり、ドラッグの方向によって画面表示を変えることができます。また、マウスホイールを回すことで、画面の拡大や縮小をすることが可能です。最初はマウス操作に戸惑うかもしれませんが、この操作がスムーズに行えるようになると効率的に作業ができます。

CAD導入のメリットと手書き図面との違い

CAD導入のメリットは図面作成の効率化だけではありません。導入することでさまざまなメリットがあるのです。1つはデータを共有できること。手書きの図面は基本的に1つしかありません。そのため、複製したり複数の部署で共有したりするのは困難でした。また、既存のデータを使って図面作成を行うこともできます。取引先への持ち出しもスムーズです。
一度完成した作図を修正したり編集したりする作業も簡単に行えます。手書きの図面では、消しゴムで消す作業だけでも手間がかかりますが、CADなら修正や編集も短時間で完了です。また、データを使いまわすことで、類似の図面なら最初から書き直す必要がありません。
さらに、ミスを軽減できるというのも大きなメリットとなります。人が行う作業にはどうしてもミスが付きものです。しかし、CADを使うことで計算や寸法が正確になり、修正の手間が生じません。

有料のCADソフトとJWCADの違いとは!?

機能性・操作性ともに優れたJWCADは、Windows版の開発が進み、急速に普及していると見られています。特にこれからCADを学びたい人にとって、無料でダウンロードできるCADソフトは魅力ですよね。これほどの機能を備えているにもかかわらず使いやすく、しかも無料で入手できるとあって導入している企業も多いでしょう。
では、有料のCADソフトは必要ないのでしょうか。やはり有料のソフトにはJWCADにはない機能やサービスが用意されています。例えば、水道や電気工事に特化した「プラスバイプラス」のCADソフトなら、図面作成だけでなく見積書や請求書の作成、配線や配管図の作成まで自動でできます。操作で困ったことがあれば、すぐに聞けるサポートサービスも充実しています。水道・電気工事に特化したソフトのため、より効率的に作業を行えるようになります。
このようにJWCADにはない機能が期待できるのが有料ソフトの魅力です。業種や業務内容に合わせて、導入を検討してみてもよいのではないでしょうか。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中