水道事業者がWeb集客をする8つの方法を徹底解説

  • 公開日:2023年12月11日
水道工事に関する知識
水道事業者がWeb集客をする8つの方法を徹底解説

水道事業者もWeb集客によって仕事を受注する時代になりました。Webを上手に活用することによって、従来のように住宅地を訪れて営業したり、チラシを配布したりするよりも効率性を高められます。

この記事では、水道事業者が活用するべきWeb集客の方法を8つ紹介します。各手法の特徴やメリット・デメリット、費用の目安も解説するのでポイントを押さえておきましょう。

Web集客の方法1:自社サイトやブログでの情報発信

水道事業者がWeb集客する方法として、一般的なのが自社サイトやブログで情報を発信する方法です。水道事業者のサービス内容や料金、実績、口コミ、水回りのトラブルやメンテナンスのノウハウなどを定期的に発信し、検索エンジンからの集客を狙います。自社サイトやブログの制作費や運用コスト、ドメインやサーバーのコストなどによって全体の費用感は異なるものの、一般的には月数千円から数万円程度が目安です。
自社サイトやブログを使う方法は、知名度の向上や受注までの流れがスムーズな点が魅力です。水道のトラブルが発生して修理業者を探す場合、インターネットを開いて「地域名+水道修理」で検索する人はたくさんいます。検索サイトの上位表示ができれば、広告費用をかけなくても長期的に集客できるでしょう。一方で、Webサイトやブログを立ち上げても、検索サイトの上位に表示されるまでには時間がかかるので、即効性は期待できません。競合が強い場合も思うように集客できない可能性があるので、記事数の多さや記事の内容で差別化を図ることが重要です。
 

Web集客の方法2:InstagramやFacebookなどSNSの活用

InstagramやFacebookなどのSNSは、写真や動画を手軽に投稿・閲覧できるのが魅力です。SNSは利用者が多いため幅広い層にアプローチできることに加え、面白い投稿や有益な投稿は拡散されやすく、認知度向上に役立ちます。特に水道工事の施工方法、水回りのメンテナンスやトラブルのノウハウは、写真や動画で投稿することで文章だけのコンテンツよりも理解されやすいでしょう。
SNSを使ったWeb集客では、自社サイトやブログと連携し、SNSで記事を宣伝して集客するのが有効です。SNSの利用者とのコミュニケーションを通じて集客もできるので、ユーザーからのアクションには積極的に応えましょう。ただし、気軽に投稿できるとはいえ、事業者としてふさわしくない投稿をすると批判やクレームの原因になるので注意が必要です。SNSのアカウント作成や投稿は無料なので、基本的にコストをかけずに集客できます。ただし、SNS上で広告を出す場合は、月数万円から数十万円程度のコストが目安です。
 

Web集客の方法3:TikTokやYouTubeなど動画サイトの活用

水道事業者がWeb集客をするには、TikTokやYouTubeなどの動画投稿・共有サイトの利用もおすすめです。SNSと同様に動画投稿サイトもユーザー数が多いため、一度にたくさんの人にアピールできます。動画で視覚的に訴求できるため、個人が自宅でできる水回りのメンテナンス手法などを発信することでファンを獲得でき、受注に繋がる可能性もあります。特にYouTubeは広告収入を得られる仕組みもあるので、自社の認知度向上とともに収益性の向上も可能です。
一方で、動画制作には時間や技術が必要ですから、外注することも検討しましょう。また、投稿する動画の内容によってはクレームに繋がるケースもあるので、発信する情報には配慮が必要です。視聴者の役に立つ情報発信を中心に行い、ユーザーの反応を見ながら需要のある動画を制作していくと良いでしょう。動画サイトは基本的に無料で利用できますが、広告を出す場合はコストがかかります。金額は広告の種類や期間などによって異なり、月数万円から数十万円程度が目安です。
 

Web集客の方法4:マッチングサイトの活用

マッチングサイトとは、水道修理や水道工事などに対応できる事業者を探しているユーザーと、サービスを提供する水道事業者をインターネット上で結びつけるサービスです。マッチングサイトへの登録により、自社のサービス内容や料金、対応エリアなどをユーザーに明示できます。ユーザーから依頼や問い合わせがあった場合は、見積もり書や提案書を送ることが可能です。
登録料や月額料は無料としているサービスが一般的なので、広告費用をかけずに認知度を高められるうえ、サービス利用者から良い口コミを獲得できると信頼性も向上します。ユーザーの多くは事業者の口コミを参考にして依頼先を決めるので、良い口コミが増えると集客効果も期待できるでしょう。ただし、ユーザーとのマッチングによって契約に至った場合はサービス側が決める手数料が発生します。競合他社もマッチングサイトを利用しているケースも多く、価格競争や品質競争が激しくなる可能性がある点にも留意しておきましょう。
 

Web集客の方法5:SNS広告

SNS広告とは、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディア上で自社のサービスやキャンペーンなどをターゲット層に向けて広告配信する方法です。投稿内に自然な形で自社の広告を差し込み、集客に繋げられます。魅力的な内容であれば「いいね」が付きやすく、拡散される可能性もあります。配信する広告は、ユーザーの年齢や性別、地域、趣味などの属性や興味に応じて表示できるのもメリットです。インプレッションやクリック数、コンバージョン数などの指標を確認できるので、成果を上げやすい広告に絞って配信できます。
ただし、ユーザーのプロフィール情報がしっかりと記載されていない場合は、意図しないターゲット層に広告が配信される場合もあります。
SNS広告の費用はサービスによって異なりますが、一般的にはクリック課金型(CPC)やインプレッション課金型(CPM)などの方式があり、月数万円から数十万円程度が目安です。予算や期間は自由に設定することができ、たとえばFacebook広告では、1日あたりの予算を100円から設定できます。
 

Web集客の方法6:リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上でユーザーが入力したキーワードに関連する広告を表示するタイプの広告です。検索結果の上部に表示されるWebサイトに「スポンサー」と書かれている場合がありますが、これがリスティング広告です。「水道修理」で検索したユーザーに対して自社の広告を見せられるため、Web集客の効率性を高められます。
リスティング広告は、予算や期間を自由に設定することができます。たとえば、Google広告は1日あたりの予算を100円から設定できます。ただし、同じキーワードで広告を出している他社がいる場合、1クリックあたりの上限単価を入札で決める仕組みですから、コストが高くなりやすい点に注意が必要です。リスティング広告に頼りすぎると、広告の配信を停止すると集客できなくなるため、自社のWebサイトやブログを育てることも検討しましょう。良質な記事の投稿を続けていると検索結果の上位に表示されやすくなるので、自社メディアの育成に注力することをおすすめします。
 

Web集客の方法7:アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、Webサイトやブログに広告を掲載し、一定の条件をクリアすると報酬が支払われる広告手法のことで、成果報酬型広告とも呼ばれています。水道事業者は広告主となって広告を出稿し、広告を紹介する人(アフィリエイター)が自身のメディアに水道事業者の広告を掲載します。一定の条件とは、広告のクリックや水道事業者への問い合わせや契約のことです。
Web集客を自社で賄うにはインターネットの知識が必要ですが、アフィリエイト広告はアフィリエイターが自社のWebサイトやブログに誘導してくれるので、難しい知識を必要としません。成果が発生する条件は広告主側で設定することができ、月数万円から始められます。予算をかけるほど集客増を期待できますが、成果が発生しなければ広告費はかからないのもメリットです。一方で、掲載する広告を選ぶのはアフィリエイターですから、自社の広告が選ばれなければ集客に繋がりません。また、アフィリエイターが自社をどのように紹介するかは見えない部分があるので、誤った情報がユーザーに届いてしまうリスクもあります。そのため、まずは様子見で低コストでスタートし、状況を確認しながらコストを上乗せするのもひとつの方法です。
 

Web集客の方法8:プレスリリースの配信

プレスリリースとは、自社の新製品やサービス、イベントなどの情報をメディアに発信することです。一般的に、プレスリリースを提携しているメディアに一斉に送信するプレスリリースサービスを使用します。有名なメディアに取り上げられると、自社のWebサイトやブログで発信するよりも多くの人の目に触れるので、手間をかけずに集客できます。魅力的な内容であれば、他社から取材依頼があるかもしれません。さらに、プレスリリースには自社のリンクも掲載されるので、アクセスが増える期待もあります。
一方で、プレスリリースを配信しても、必ずしもメディアに取り上げられるとは限りません。取り上げられたとしても、内容や掲載日時などはメディアに委ねられます。また、プレスリリース配信の効果を測定するのが難しい点もデメリットです。配信したプレスリリースを閲覧した人数や閲覧後のアクションなどを確認することはできません。プレスリリースの費用は、1本あたり数万円が目安です。
 

まとめ

水道事業者もWeb集客によって効率性の高い受注に繋げられます。Web集客の方法はさまざまですが、コストを抑えるならSNSや動画サイトを活用し、ある程度のコストをかけられるなら自社サイトやブログを運営するのが有効です。Web集客に特化するなら、SNS広告やリスティング広告、アフィリエイト広告を利用すると、コストはかかりますが即効性があります。各手法の特徴を押さえ、自社にあったWeb集客で受注に繋げましょう。
 

水道事業者のWeb集客についてよくある質問

なぜWeb集客が必要なのですか?

高齢者も日常的にインターネットを使用する時代になり、知りたい情報はWeb検索で手軽に収集できるようになりました。水道トラブルが生じた場合、電話帳を開いて調べなくてもインターネットで簡単に検索して修理を依頼できます。日本人の約9割がインターネットを利用したことがある時代において、Webメディアを使った集客は無視できません。
 

Web集客のメリットは何ですか?

Web集客は従来の宣伝手法よりも継続的な集客が可能です。水道修理を受注したいと考えた場合、従来は新聞広告や折り込みチラシに掲載する方法が一般的でした。アナログの媒体は、広告を出した時点では効果が高くても継続的な集客は簡単ではありません。その点、インターネットは発信した情報が基本的に残り続けるので、継続性があります。アナログ媒体とは異なり、Web広告によって得られた成果を簡単に把握でき、効果が薄い場合はすぐに修正することが可能です。
 

あまりコストをかけずにWeb集客する方法はありますか?

SNSや動画配信サイトを使えば無料で始められますし、自社サイトやブログを活用した場合もコストを抑えつつ認知度向上や受注に繋げられます。ただし、インターネットの仕組み上、閲覧数の多い情報やユーザーにとって有益な情報ほど露出しやすい傾向にあるので、情報発信の頻度を増やすとともに、情報の質を向上する努力が必要です。また、各サービスにはコメント機能があるので、小まめにチェックしてユーザーとコミュニケーションを図ることで信頼性の向上に繋げられます。
 

水道事業者がWeb集客するうえで大切なことはありますか?

自社のサービスや料金説明だけを発信していても集客できる可能性は低いので、水道設備に関する豆知識、水道トラブルの事例と対策、施工事例、施工風景などの情報を発信するのがおすすめです。水回り設備は専門的な部分ですから、知識のない人にもわかりやすく説明することで親しみやすさを印象付けられます。また、画像や動画で施工時の様子がわかると依頼する側の安心材料になるので、積極的な発信を検討しましょう。
 

やってみた動画 バナー

ピックアップコンテンツpickup content

i

水道設備業界の皆様にお役立ち情報をお届け!水道総合ポータルサイト【スイポ】がオープン!▶︎

×