断水のお知らせ【テンプレート】例文とともに書き方のポイント・注意点も解説

  • 公開日:2023年09月01日
水道工事に関する知識
断水のお知らせ【テンプレート】例文とともに書き方のポイント・注意点も解説

水道工事を行うにあたり、場合によっては断水をする必要があります。
その際に重要なのが、住民に向けた「断水のお知らせ」です。
断水によって住民生活に少なからず不便をかけてしまうので、正確な情報を誰が見てもわかるように伝えることが大切です。
この記事では、水道事業者に向けて「断水のお知らせ」のテンプレートを紹介しつつ、書き方のポイントや注意点を解説します。
断水に関する情報を適切に伝え、工事を円滑に進めるためにも、ぜひ参考にしてください。

水道工事の住民説明で使用できる「断水のお知らせ」のテンプレート

ここでは、「断水のお知らせ」を行う重要性と書面で案内する際に使用できるテンプレートを紹介します。
 

「断水のお知らせ」を行う重要性

水道工事に伴い水を止める場合は、地域住民やマンション内の住民に「断水のお知らせ」をすることが大切です。
「断水のお知らせ」は以下に挙げる通り重要性が高いので、確実に行いましょう。

 

住民の生活への影響を最小限に抑えられる

断水が予定されている場合、住民や利用者に事前に通知することで、その時間帯に水を使用する予定を調整できます。
洗濯や料理など、日常生活や業務に及ぼす影響を最小限に抑えることが可能です。

 

備えをする機会を提供できる

断水のお知らせを受けた住民は、十分な水を備える時間を確保できます。特に非常時や緊急時は水が必需品ですから、断水の周知は欠かせません。
 

住民の精神面への配慮

断水は一時的とはいえ、住民にとっては不便な状況です。適切なお知らせを通じて住民に敬意を払い、断水への理解と協力を得ることができます。
 

作業の安全性と効率性の確保

水道メンテナンスや修理作業のために断水が行われる場合、作業者が安全かつ効率的に作業を進めるためには、住民に断水を周知することが重要です。
お知らせを確実にすることで、誤解や危険な状況を回避できます。

 

「断水のお知らせ」の例文

住民に「断水のお知らせ」を文書として配布または掲示する際は、以下の例文を参考にしてください。
【例文】
拝啓 時下ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、この度、〇〇〇〇における上下水道施設の維持管理の一環として下記日時に定期清掃を実施いたします。
作業時間内は断水となりますので、下記注意事項をご留意の上で、ご対処くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
ご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力のほどお願い申しあげます。 
敬具
 

■作業日時
 0000年00月00日(〇) 00時から00時まで
■注意事項
・作業完了後最初に通水をするときに赤水が出ることがありますが、このような時は各
蛇口より水を5分程度流し、きれいになってから使用してください。
・断水中は絶対に蛇口を開けないでください。開けますと作業完了後、水の出が悪く
なったり、水が出なくなる恐れがあります。
・断水対策としてあらかじめ水を汲み置きしてください。
・天候不順・作業上の都合などにより、作業日を改める可能性があります。
■お問い合わせ先
 〇〇〇〇〇〇
 担当:〇〇
 住所:〇〇〇〇〇〇〇〇
 TEL:00-0000-0000
 FAX:00-0000-0000
 

「断水のお知らせ」に記載すべき項目

「断水のお知らせ」を行う目的は、断水によって住民の暮らしに不便が生じるリスクをできるだけ軽減することにあります。
そのため、例文で示したように以下の項目は確実に記載しましょう。

 

断水する理由

工事、メンテナンス、緊急修理など、断水が行われる理由を簡潔に説明します。
 

日時と期間

断水が行われる日時と期間を明記します。開始時刻と終了時刻、または予定されている期間も大切な情報です。
 

予備措置や代替案

断水に備えて住民が取るべき予備措置や、代替案を提案します。
水を準備しておく、水を保管する容器を用意する、近隣の公共施設を利用するなどのアドバイスを記載しましょう。

 

注意事項

住民に向けた注意事項や注意喚起を行います。節水の呼びかけ、安全な水の利用法、断水解除後の注意点などを記載します。
 

お問い合わせ先

住民が問い合わせの連絡ができる窓口を明記します。電話番号やFAXのほか、必要に応じてメールアドレスやWebサイトの情報も記載しましょう。
 

「断水のお知らせ」を書くときの注意点

蛇口をひねると水が出てくる暮らしが当たり前の状態にあるなかで、断水する時間が短いとしても住民にとっては大きな問題になる可能性があります。
そのため、断水をする日時が決まったら、できるだけ早めに正確な情報を発信しましょう。
住民への影響を最小限に抑えるためには、水の備蓄方法や節水方法も案内することが大切です。

書面で周知する際は、水道事業者が使う専門用語は使わず、水道に関する知識がない人でも理解できるような言葉を使うと良いでしょう。
ただし、長々とした文章は読まれにくいので、要点を簡潔にまとめて必要な情報をわかりやすく伝える工夫も必要です。また、断水時の問い合わせ先は窓口を明確にし、必要に応じて担当者の携帯電話番号を記載します。
担当者を明記しておくことで対応がスムーズになり、間違った情報を伝えてしまうリスクを軽減できます。
これらに加え、何らかの理由によって断水が長引く場合に備え、緊急アナウンスができる体制を構築しておくことも大切です。

 

まとめ

水道工事を行う際は必要に応じて水道を止めますが、事前に「断水のお知らせ」を住民に向けて案内することが大切です。
正確な情報を過不足なく伝えることにより、住民は断水前に水を確保し、断水後もトラブルなく水道を使用できます。
今回ご紹介した「断水のお知らせ」のテンプレートを参考にして、住民にわかりやすく情報を発信しましょう。

 

水道工事は、図面や見積書の作成、申請書類の準備などやるべきことが多く、思うように工事の受注数を伸ばせないと悩む事業主の方もいるかもしれません。
プラスバイプラスのCADソフト「plusCAD」を活用すると、自動機能によって図面の作成から材料拾いや見積もりまで対応することが可能です。
簡単な操作性により、水道工事の知識がない事務員さんでも扱える仕様になっています。
従来の作業負担を圧倒的に軽減し、工事の受注数を伸ばして売り上げアップを目指せるため、ぜひご検討ください。

 

■あなたにピッタリのplusCAD水道を選べます!水道CAD比較ラインナップ

 

水道配管工事の申請についてよくある質問

「断水のお知らせ」の配布は必ず行うべきでしょうか?

水道は暮らしに欠かせないライフラインですから、規模の大きさにかかわらず配布が必要です。
確実にお知らせをすることで、断水前に水を確保する時間が生まれ、住民に及ぼす影響を最小限にとどめられます。
住民の理解と協力を得られやすく、安全かつスムーズに工事をするためにも「断水のお知らせ」は必須です。

 

「断水のお知らせ」はどんな内容にすればいいですか?

基本的には、水道が止まる理由と日時、注意事項、問い合わせを記載します。
住民にとって、水が止まるのは実生活の影響以外に精神面の不安も伴うので、何故止まるのか、いつまで使えないのかといった部分を解消できるように、明確に記載しましょう。
また、断水が解消されてからすぐに水道の蛇口をひねると赤水がでる恐れがあるので、しばらく水を流してから使用するなどの注意事項も記載する必要があります。

 

「断水のお知らせ」を記載する際の注意点を教えてください。

無用なトラブルを避け、住民生活に及ぼす影響を最小限に抑えるためにも、断水する日付と時間は一目でわかるように明示しておくことが大切です。
また、水道事業者ならではの専門用語は使わず、誰でもわかりやすい言葉で案内しましょう。
断水の前後にトラブルが発生する可能性もあるので、スムーズに対応するためにも工事担当者の携帯電話番号を問い合わせ先に記載することも検討しましょう。

 

事務作業が多くて水道工事の受注数が伸びません。何か対策方法はないですか?

プラスバイプラスの水道CADソフト「plusCAD」の導入をご検討ください。
図面を描くのに時間がかかっている、各種申請書類の作成が大変、見積書の作成してもミスが多いなどの問題も「plusCAD」があれば解決できます。
給排水工事の申請書に特化した「plusCAD水道V」、水道工事の見積もりに特化した「plusCAD機械α」を用意しており、従来の事務作業を軽減できるのが魅力です。
現場に割く時間を確保しやすくなり、工事の受注数増加と売り上げアップも実現することが可能です。

あなたにピッタリのplusCAD水道を選べます!水道CAD比較ラインナップ 

やってみた動画 バナー

ピックアップコンテンツpickup content

i

水道設備業界の皆様にお役立ち情報をお届け!水道総合ポータルサイト【スイポ】がオープン!▶︎

×