• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

水道工事施設業で開業を目指すなら!必要な許可や準備は万全?
  1. 水道CAD 水道工事

水道工事施設業で開業を目指すなら!必要な許可や準備は万全?

生活に欠かせない水を扱う水道工事の仕事はなくなるということは考えられません。経験を生かして水道工事施設業として会社を立ち上げる人もいるでしょう。また、すでに独立をしていながら今ひとつ仕事の効率が悪いと悩んでいる人はいませんか。水道工事、そして会社として円滑に進めるには準備を怠ってはいけません。そこで水道工事に必要な資格や準備について解説します。独立を検討している人はもちろんですが、会社などで水道工事に従事している人または就職を考えているも参考にしてみてください。

水道施設工事業でやることは?

水道施設工事業とは工業用水道や上水道などに浄水や配水、取水などを行う施設を作る仕事です。上下水施設を作りその設置をするための専門の工事を行います。上下水道の築造と設置工事ということで管工事や土木一式工事との違いについて疑問を持つ人もいるかもしれません。作業上似ているような印象を受けるようですが、家屋または施設など屋内での配管や設置に関しては管工事になります。そして屋外の下水道に関わる配管工事などが土木一式工事というふうに分かれています。求人募集などを見ると管工事と水道施設工事の従業員を同時に募集していることもあります。水道工事を行ううえで密接に関わっているからです。就職や転職で迷ったときにはこの違いを知っておくといいかもしれません。

 

土木一式事業や管工事とはどう違うのか?

前述しましたが、水道施設工事と土木一式工事、管工事はそれぞれに行える工事が違います。どんな工事でどう分かれているのか説明しておきましょう。まず水道施設工事が行うのは上水道などの取水、浄水、そして配水などの施設の築造と設置です。その他にも下水処理場内においての処理設備の築造やその設置工事も水道施設工事の管轄になります。次に管工事ですが、家屋など施設の敷地内での配管工事、そして上水道などにともなう配水小管を設置する工事が主な仕事です。最後に土木一式工事ですが、これは家屋など施設の敷地外での作業になります。公道の下を通る下水道工事の配管工事に、農業用水道やかんがい用の排水施設などを建設する工事をします。水道施設工事で行うものには取水施設工事、浄水施設工事、そして配水施設工事に下水処理施設工事などがあり、工事を行うには許可が必要です。

 

水道施設工事業者として許可を得るには?

許可を得るには、まず「専任技術者」を置かなければなりません。専任技術者になるには条件があります。1級土木施工管理技士または2級土木施工管理技士のいずれかの資格保有者。または上下水道・総合技術監理、衛生工学などの資格のうちどれかを有している人です。土木工学や建築学、そして機械工学または都市工学か衛生工学のいずれかを卒業している場合も専任技術者になれます。高校卒または中学卒であれば5年以上の実務経験、大学卒専門学校卒の場合は3年以上の実務経験で専任技術者は可能です。その他、水道工事業で10年以上の実務経験がある人も専任技術者になることができます。そしてもうひとつ重要なのが「経営業務管理責任者」です。経営業務管理責任者も条件があります。水道工事業を営む会社で5年以上の役員経験または個人事業主として7年以上経営している者です。水道事業以外の工事業なら7年以上の役員経験または個人事業主として7年以上の経営経験があれば要件は満たせます。法人の場合であれば常勤役員から選ぶのが良いですが、個人経営の場合は事業主本人で問題ありません。

 

水道施設工事業者の許可には資金も必要

水道施設業者として許可を得るには資本金も必要です。会社の資本金として500万円があるかまたは銀行の預貯金として500万円を用意しておきましょう。水道施設事業を行う場合はそれ以上の資本金の法人が多い傾向があります。事業を行うには資金調達をどうするかということも課題のひとつです。個人経営として独立を考えているなら会社に従事しているときから資金に関しても少しずつ準備を始めている人は多いでしょう。勤務先によっては退職金や財形貯蓄など起業資金に充当できるものは見込めます。しかし自己資金が心細いという場合は銀行や公庫など起業の促進を目的にした貸し付けを利用するのもひとつの手段です。

 

社内業務を円滑にするために揃えるものは?

水道施設工事業として仕事をするには必要な許可を得ることが先決です。これから会社を興すなら「どれくらいの規模にするか」「どのように安定した仕事を得るか」ということも考えておくといいでしょう。事業を行ううえで協力者として良いと思える人材がいれば、事前に相談するのも準備のひとつです。事業を安定させるには良い人材と余裕のある資金の確保は外せません。そして水道工事の仕事を円滑に進めるための準備も整えましょう。建設に関わる仕事は何より図面が不可欠です。見積もりや図面の作成はパソコンで管理すると作業の効率化も図れます。会計などは専門に人を雇用する方が良いですが、個人や少人数から会社をスタートさせるなら経営者が行う部分はおのずと増えます。図面作成や正確な材料の割り出しができることも重要です。水道工事に従事するならプラスバイプラスの水道CADを導入してみるのもいいでしょう。作図から材料の拾い出し、そして見積もり作成がすべて連動して行えます。水道施設工事業を行うなら必要な許可を得て十分な資金を用意し、仕事をスムーズに処理するソフトの準備も考えましょう。

ピックアップコンテンツ