• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

シチュエーション別に解説!JWCADで文字の大きさを変更する方法

JWCAD
シチュエーション別に解説!JWCADで文字の大きさを変更する方法

JWCADを使い始めると、手書きで図面を書いていたころに比べて、仕様の変更や寸法の変更など、日々の仕事で発生するさまざまな変更の要望をいとも簡単に書き換えることができるのが最大のメリットです。
大幅に時間の短縮ができ、正確できれいな図面となるため、クライアントにも喜ばれる可能性が高まります。
また、「自分の仕事量が大幅に減るため、とても助かる」という声も多い傾向です。

臨機応変に対応できるため、とても便利に思えるCADですが使いこなす方法は無数にあります。
しかし、それぞれに正解はなく変更や修正という作業の中にも、いろいろなアプローチの方法があるのが特徴です。
そのため、自分の行いたい作業や職種に適した方法を見つけましょう。
今回は、JWCADのさまざまな使い方の中で、文字の大きさの変更方法についてシチュエーション別に解説いたします。

文字を書く方法とデフォルト文字サイズの確認

JWCADで「文字を書く」という単純な作業にも、さまざまなアプローチの方法があります。
一つは文字ツールを使う方法、もう一つはメニューバーの【作図】→【文字】を選択する方法です。
操作に慣れてくれば、ショートカットキーを使用した方法やクロックメニューを使うなどの上級テクニックがあります。
いずれも「文字を書く」という意味でゴールは同じですが手数がまったく別物です。
手数でいえば、ショートカットキーやクロックメニューを覚えることが一番早いのですが、今回は初級編と題しツールバーを使った方法で解説していきます。

作図するうえで、ツールバーでの作業はJWCADでの最も基礎的な方法の一つとなりますので確実に覚えることが上達の早道です。
初めにツールバーの【文字】を選択しましょう。
文字のツールバーが見当たらない場合は、メニューバーの【表示】→【ツールバー】の作図(1)にチェックを入れると表示されるようになります。
選択した際に、コントロールバー(画面の上から2段目)の一番左に表示されているものが現在デフォルトとなっている文字のサイズです。
何も選ばずにそのまま文字を書き込むと、このとき表示されている文字の大きさで書き込むことができます。

 

シチュエーションその①これから書き込む文字のサイズを変更するには?

文字のサイズをデフォルトサイズではなく、他のサイズに変更するにはコントロールバーの一番左をクリックしましょう。
クリックすると別ウィンドウで書き込み文字変更のウィンドウが立ち上がります。
この中で使用したい文字種を選択すると、コントロールバーの表示も変更され、書き込むことが可能です。
文字のサイズの種類は任意サイズ、文字種[1]~[10]の11通りから選択することができます。
任意サイズに関しては、その都度「幅」「高さ」「間隔」「色ナンバー」を変更することが可能です。
文字種[1]~[10]に関しては、基本設定によりあらかじめ登録されているサイズになっています。

この登録されているサイズを変更するには、メニューバーの【設定】→【基本設定】の文字のタブをクリックしましょう。
各文字種に任意の「高さ」「間隔」「色ナンバー」を打ち込んで登録をしておきます。
職種や図面の種類によって、ある程度よく使う文字のサイズに決まりがありますので、この方法であらかじめ文字の設定を行っておくと、作図がスムーズに行えるでしょう。

 

シチュエーションその②すでに書き込んだ文字のサイズを変更するには?

すでに書き終えた図面や変更となった図面の文字のサイズを変更するには、次の手順で作業を行います。
まず、先の方法と同様にツールバーの【文字】を選択しましょう。
その後、文字にカーソルを合わせて右クリックで選択すると、「文字入力」ダイアログに文字が表示されます。
その状態でコントロールバーの一番左をクリックし、サイズ選択の後、書き込みたい位置で右クリックすると書き込まれます。
書き込み位置が元の位置からずれた場合、再度、ツールバーの【文字】を選択し、文字を右クリックで選択。
改めて書き込みたい位置で右クリックすると移動が可能です。

余談ですが、ツールバーの【文字】を選択して書き込み終えている文字にカーソルを合わせてみましょう。
左クリックで選択をすると文字のコピーができ、元の文字が残った状態でペーストできます。
文字以外の作業においても、JWCADでは右クリック・左クリックに違う意味があるため注意が必要です。

 

シチュエーションその③すでに書き込んだ文字すべてを一度にサイズ変更するには?

図面を書き終わり出力してみると、全体的に文字が小さいためFAXで送ったらつぶれて見えないこともあります。
そのような場合に、書き込んだ文字を一つ一つサイズ変更するのでは手書きと変わりません。
せっかくのCADですから、すべてのサイズを一度に変更しましょう。

ツールバーの【範囲】→メニューバーの【全選択】を選択します。
作図したすべての線や文字が選択された状態になりますので、その状態で同じくメニューバーの【属性選択】を選択し、文字指定にチェックを入れてOKを押しましょう。
すると、文字のみ選択されますので、メニューバーの【属性変更】→[書込【文字種類】に変更]にチェックします。
書き込み文字種変更のウィンドウで文字種を選択すれば変更完了です。

この方法で書き込んだすべての文字が変更されます。
しかし、すべての文字ではなく、ある文字種だけをサイズ変更したい場合には次の手順で行いましょう。
ツールバーの【範囲】→メニューバーの【全選択】→【属性選択】→(文字種類指定)を選択し、変更したい文字種にチェックを入れてOKを押すことで変更したい文字種のみ選択された状態となります。
以降は、すべて変更する場合と同様に【属性変更】→[書込【文字種類】に変更]にチェック→書き込み文字種変更のウィンドウで変更したい文字種を選択し、OKを押すと変更完了です。
一部の同じ属性のものだけを選択する機能は文字だけでなく、同じ属性の線や図形、寸法などにも応用ができますので覚えておくと良いでしょう。

 

むずかしく感じたあなたへ

文字のサイズの変更方法をシチュエーションごとに解説しましたが、「作業が複雑に感じる」「もっと簡単な方法ないのか」と思う方も少なくないでしょう。
それもそのはずです。なぜなら、今回ご紹介した方法はごく一部の方法で、使いやすいと感じる方法は人それぞれだからです。
これらは、文字の変更だけにいえることではありません。
JWCADで作図するすべての操作に複数の方法が存在し、目的が同じでもアプローチの方法に正解はないのです。

それは、ある意味自由であり、一方で人によりまちまちで聞くたびに違う操作方法となる可能性があることを意味します。
どの方法があなたにとって最適かを模索するには、それ相応のJWCADでの作業、知識、経験を重ねて、わからない部分は教材やネットで検索しながらつくりあげていくほかありません。
覚えてしまえば実用的で、効率的なツールですが、ある程度根気強く使い続ける努力が必要です。

 

JWCADの文字の大きさや変更方法のまとめ

JWCADでの文字の大きさの変更方法は、今回ご紹介した方法以外にも多数存在します。
これからJWCADを覚えようと検討している人や、使い始めてはいるものの作図方法がわからず、都度検索して方法を見つけている方も多いのではないでしょうか。
JWCADでの作図は、便利な反面、使い慣れるまである程度時間を要します。
マスターするには、相応の理解力と経験が必要となりますが、都度自分に合った方法を検索しているのでは結局わずらわしくなり、手書きに戻るという可能性も否めません。

そのような事態にならないよう、覚えることに不安がある方は使い方をすぐにインストラクターに聞くことができるプラスバイプラスのCADソフトを導入してみてはいかがでしょうか。
プラスバイプラスのCADソフトは使い方の指導をしてくれるほかに、JWCADにはない、見積もり自動作成の機能や、線の自動切断、多彩なシンボル、図中の材料の拾い出しなど、実務に便利な機能が満載です。
これからCADを始めるというユーザーの仕事の効率化にとても有効なソフトの一つです。
せっかくCADを使い始めるなら、簡単で実用的かつ、継続して使用することのできるCADソフトの検討をおすすめします。

plusCAD水道・plusCAD電気のお問合せはコチラ

 

JWCADで文字の大きさを変更する方法についてよくある質問

JWCADで文字を書く方法とデフォルト文字サイズの確認

JWCADで「文字を書く」という単純な作業にも、さまざまなアプローチの方法があります。
一つは文字ツールを使う方法、もう一つはメニューバーの【作図】→【文字】を選択する方法です。
操作に慣れてくれば、ショートカットキーを使用した方法やクロックメニューを使うなどの上級テクニックがあります。
いずれも「文字を書く」という意味でゴールは同じですが手数がまったく別物です。
手数でいえば、ショートカットキーやクロックメニューを覚えることが一番早いのですが、今回は初級編と題しツールバーを使った方法で解説していきます。

作図するうえで、ツールバーでの作業はJWCADでの最も基礎的な方法の一つとなりますので確実に覚えることが上達の早道です。
初めにツールバーの【文字】を選択しましょう。
文字のツールバーが見当たらない場合は、メニューバーの【表示】→【ツールバー】の作図(1)にチェックを入れると表示されるようになります。
選択した際に、コントロールバー(画面の上から2段目)の一番左に表示されているものが現在デフォルトとなっている文字のサイズです。
何も選ばずにそのまま文字を書き込むと、このとき表示されている文字の大きさで書き込むことができます。

 

JWCADでこれから書き込む文字のサイズを変更するには?

文字のサイズをデフォルトサイズではなく、他のサイズに変更するにはコントロールバーの一番左をクリックしましょう。
クリックすると別ウィンドウで書き込み文字変更のウィンドウが立ち上がります。
この中で使用したい文字種を選択すると、コントロールバーの表示も変更され、書き込むことが可能です。
文字のサイズの種類は任意サイズ、文字種[1]~[10]の11通りから選択することができます。
任意サイズに関しては、その都度「幅」「高さ」「間隔」「色ナンバー」を変更することが可能です。
文字種[1]~[10]に関しては、基本設定によりあらかじめ登録されているサイズになっています。

この登録されているサイズを変更するには、メニューバーの【設定】→【基本設定】の文字のタブをクリックしましょう。
各文字種に任意の「高さ」「間隔」「色ナンバー」を打ち込んで登録をしておきます。
職種や図面の種類によって、ある程度よく使う文字のサイズに決まりがありますので、この方法であらかじめ文字の設定を行っておくと、作図がスムーズに行えるでしょう。

 

JWCADですでに書き込んだ文字のサイズを変更するには?

すでに書き終えた図面や変更となった図面の文字のサイズを変更するには、次の手順で作業を行います。
まず、先の方法と同様にツールバーの【文字】を選択しましょう。
その後、文字にカーソルを合わせて右クリックで選択すると、「文字入力」ダイアログに文字が表示されます。
その状態でコントロールバーの一番左をクリックし、サイズ選択の後、書き込みたい位置で右クリックすると書き込まれます。
書き込み位置が元の位置からずれた場合、再度、ツールバーの【文字】を選択し、文字を右クリックで選択。
改めて書き込みたい位置で右クリックすると移動が可能です。

余談ですが、ツールバーの【文字】を選択して書き込み終えている文字にカーソルを合わせてみましょう。
左クリックで選択をすると文字のコピーができ、元の文字が残った状態でペーストできます。
文字以外の作業においても、JWCADでは右クリック・左クリックに違う意味があるため注意が必要です。

 

JWCADですでに書き込んだ文字すべてを一度にサイズ変更するには?

図面を書き終わり出力してみると、全体的に文字が小さいためFAXで送ったらつぶれて見えないこともあります。
そのような場合に、書き込んだ文字を一つ一つサイズ変更するのでは手書きと変わりません。
せっかくのCADですから、すべてのサイズを一度に変更しましょう。

ツールバーの【範囲】→メニューバーの【全選択】を選択します。
作図したすべての線や文字が選択された状態になりますので、その状態で同じくメニューバーの【属性選択】を選択し、文字指定にチェックを入れてOKを押しましょう。
すると、文字のみ選択されますので、メニューバーの【属性変更】→[書込【文字種類】に変更]にチェックします。
書き込み文字種変更のウィンドウで文字種を選択すれば変更完了です。

この方法で書き込んだすべての文字が変更されます。
しかし、すべての文字ではなく、ある文字種だけをサイズ変更したい場合には次の手順で行いましょう。
ツールバーの【範囲】→メニューバーの【全選択】→【属性選択】→(文字種類指定)を選択し、変更したい文字種にチェックを入れてOKを押すことで変更したい文字種のみ選択された状態となります。
以降は、すべて変更する場合と同様に【属性変更】→[書込【文字種類】に変更]にチェック→書き込み文字種変更のウィンドウで変更したい文字種を選択し、OKを押すと変更完了です。
一部の同じ属性のものだけを選択する機能は文字だけでなく、同じ属性の線や図形、寸法などにも応用ができますので覚えておくと良いでしょう。

 

▼CADソフト導入で失敗しないための「CADソフト選び方ガイド&厳選CADソフト徹底比較」資料差し上げます

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中