• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

JWCADのファイルを閲覧するために必要なビューワーってなに?

JWCAD
JWCADのファイルを閲覧するために必要なビューワーってなに?

CADソフトはパソコンで簡単に図面が作成できるため、作業時間の効率化に役立つものとして、
工事会社などに幅広く普及しています。
なかでもJWCADは利用にあたって料金はかからないにもかかわらず、
機能性が優れているため日本でも多くの人が利用しているソフトです。
しかし、JWCADは特別な拡張子が使用されているため、
ビューワーがないとファイルを開いて閲覧することもできません。
そこで、この記事では「JWCADのファイルをもらったのはいいけど開き方がわからない」という人に向けて、
JWCADのビューワーについて紹介します。

そもそもビューワーって何?

ビューワーとは英語で「Viewer(「見る」の動詞)」と名付けられているとおり、特定の形式で作られたファイルを閲覧するために必要なソフトです。
パソコンで作られたファイルにはそれぞれ拡張子というものが付けられており、それに対応しているソフトでないと閲覧できません。
パソコンを普段何気なく使用していると、当たり前のように閲覧から編集作業までできてしまいますが、実はそれぞれの役割に対応したソフトが作業しているのです。
たとえば、閲覧したファイルを見るために必要なのはビューワーですが、編集するためには「エディター」という機能がなければできません。

また、情報を瞬時に集めるという意味でつかわれる「ブラウザー」といった言葉も聞いたことがある人は多いでしょう。
これらの機能が組み合わさって出来ているものがアプリケーションであり、ユーザーが使いやすいように工夫されているのです。
ビューワーとしてイメージしやすいのは、PDFファイルを開くために必要な「Adobe Reader」ではないでしょうか。
PDFは紙の資料をパソコンなどの電子データとして利用するときに便利なソフトですが、Adobe Readerがインストールされているパソコンでなければ閲覧できません。
ビューワーとはこのようにパソコンで特定のファイルを「見る」ために特化したプログラムなのです。

 

ビューワーを探すときのキーポイント「拡張子」とは

ユーザーにとって必要なビューワーを探すときのキーポイントになるのは拡張子です。
拡張子というのはファイル名の最後尾に表示されている英数字のことです。
代表的な拡張子としては、写真などによく使われる「.jpg」、word文書に使われる「.doc」、音楽ファイルの「.mp4」などが挙げられます。
拡張子の役割は、OSに必要なアプリケーションを選んでもらうことです。
パソコンにはたくさんのアプリケーションがインストールされていますが、目的のファイルを開くときにそれらをユーザーがいちいち選ぶのは大変です。
拡張子を付けておくことで、パソコンがどのアプリケーションでそのファイルを開けばよいかの目印になっているといえます。

基本的には、アプリケーションを利用して保存したファイルにはすべて拡張子が自動的につきます。
しかし、拡張子を変えるとそのファイルをどのアプリケーションで開けばいいかOSが判断できなくなってしまうため、閲覧できません。
そのため、かつてはファイル名と一緒に拡張子が表示されていましたが、初期設定で非表示となっているものも多いです。
保存したファイルに拡張子らしきものが見当たらないときは、「コントロールパネル」にある「フォルダーオプション」から設定の変更ができるので、試してみるとよいでしょう。

 

JWWファイルを開くための方法

JWCADで保存されるファイルの拡張子は、「.jww」です。
つまり、JWCADで作成された図面を閲覧するためには、「.jww」という拡張子に対応したビューワーを探さなくてはいけません。
「.jww」に対応したビューワーというと、やはりJWCAD本体をインストールすることになります。
「JWCAD」と入力して、インターネットで検索すると「Welcome to JWW Homepage」と書いてあるホームページが見つかるはずです。
そのトップ画面にある「ダウンロード」をクリックして、自分の使っているパソコンにソフトをインストールしましょう。

インストールしたJWCADを起動して、メインコマンドにある「開くボタン」をクリックすると、「ファイル選択画面」が表示されます。
あとは、該当するファイルを選択すると図面が表示されるはずです。
また、JWCADがきちんとインストールされていれば、図面ファイルを直接クリックすることでも図面の閲覧ができるようになります。

 

CADソフトならプラスバイプラスがおすすめ

JWCADはさまざまな機能が搭載されており、フリーソフトとしては非常に優れた機能を有しています。
しかし、フリーソフトであるゆえに操作方法などは独学で学ばなければいけません。
すると、操作方法になれるまではかえって作業時間が大幅に増えてしまう可能性があるといえ、そんなことでは本末転倒です。
そこで、せっかくパソコンで図面を描くのであれば、抜群のサポート体制でユーザーを助けてくれる「プラスバイプラス」のCADソフトを利用してみるとよいでしょう。

プラスバイプラスのCADソフトはユーザーの利便性を意識して作られており、その操作性は高い評価を受けています。
もしも、操作に悩むことがあっても、電話や訪問などで詳しく教えてくれるので安心です。
CADソフトを利用するつもりがあるのなら確認してみるとよいでしょう。

 

JWCADのファイルを閲覧するために必要なビューワーについてよくある質問

JWCADのファイルを閲覧するために必要なビューワーってなに?

ビューワーとは英語で「Viewer(「見る」の動詞)」と名付けられているとおり、特定の形式で作られたファイルを閲覧するために必要なソフトです。
パソコンで作られたファイルにはそれぞれ拡張子というものが付けられており、それに対応しているソフトでないと閲覧できません。
パソコンを普段何気なく使用していると、当たり前のように閲覧から編集作業までできてしまいますが、実はそれぞれの役割に対応したソフトが作業しているのです。
たとえば、閲覧したファイルを見るために必要なのはビューワーですが、編集するためには「エディター」という機能がなければできません。

また、情報を瞬時に集めるという意味でつかわれる「ブラウザー」といった言葉も聞いたことがある人は多いでしょう。
これらの機能が組み合わさって出来ているものがアプリケーションであり、ユーザーが使いやすいように工夫されているのです。
ビューワーとしてイメージしやすいのは、PDFファイルを開くために必要な「Adobe Reader」ではないでしょうか。
PDFは紙の資料をパソコンなどの電子データとして利用するときに便利なソフトですが、Adobe Readerがインストールされているパソコンでなければ閲覧できません。
ビューワーとはこのようにパソコンで特定のファイルを「見る」ために特化したプログラムなのです。

 

ビューワーを探すときのキーポイント「拡張子」とは?

ユーザーにとって必要なビューワーを探すときのキーポイントになるのは拡張子です。
拡張子というのはファイル名の最後尾に表示されている英数字のことです。
代表的な拡張子としては、写真などによく使われる「.jpg」、word文書に使われる「.doc」、音楽ファイルの「.mp4」などが挙げられます。
拡張子の役割は、OSに必要なアプリケーションを選んでもらうことです。
パソコンにはたくさんのアプリケーションがインストールされていますが、目的のファイルを開くときにそれらをユーザーがいちいち選ぶのは大変です。
拡張子を付けておくことで、パソコンがどのアプリケーションでそのファイルを開けばよいかの目印になっているといえます。

基本的には、アプリケーションを利用して保存したファイルにはすべて拡張子が自動的につきます。
しかし、拡張子を変えるとそのファイルをどのアプリケーションで開けばいいかOSが判断できなくなってしまうため、閲覧できません。
そのため、かつてはファイル名と一緒に拡張子が表示されていましたが、初期設定で非表示となっているものも多いです。
保存したファイルに拡張子らしきものが見当たらないときは、「コントロールパネル」にある「フォルダーオプション」から設定の変更ができるので、試してみるとよいでしょう。

 

JWWファイルを開くための方法

JWCADで保存されるファイルの拡張子は、「.jww」です。
つまり、JWCADで作成された図面を閲覧するためには、「.jww」という拡張子に対応したビューワーを探さなくてはいけません。
「.jww」に対応したビューワーというと、やはりJWCAD本体をインストールすることになります。
「JWCAD」と入力して、インターネットで検索すると「Welcome to JWW Homepage」と書いてあるホームページが見つかるはずです。
そのトップ画面にある「ダウンロード」をクリックして、自分の使っているパソコンにソフトをインストールしましょう。

インストールしたJWCADを起動して、メインコマンドにある「開くボタン」をクリックすると、「ファイル選択画面」が表示されます。
あとは、該当するファイルを選択すると図面が表示されるはずです。
また、JWCADがきちんとインストールされていれば、図面ファイルを直接クリックすることでも図面の閲覧ができるようになります。

 

JWCADのファイルを閲覧できて編集もできる専門CADとは?

JWCADはさまざまな機能が搭載されており、フリーソフトとしては非常に優れた機能を有しています。
しかし、フリーソフトであるゆえに操作方法などは独学で学ばなければいけません。
すると、操作方法になれるまではかえって作業時間が大幅に増えてしまう可能性があるといえ、そんなことでは本末転倒です。
そこで、せっかくパソコンで図面を描くのであれば、抜群のサポート体制でユーザーを助けてくれる「プラスバイプラス」のCADソフトを利用してみるとよいでしょう。

電気CADの詳細を見る

水道CADの詳細を見る

 

▼CADソフト導入で失敗しないための「CADソフト選び方ガイド&厳選CADソフト徹底比較」資料差し上げます

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中