• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

JWCAD入門!概要や使い方が知りたい!

電気CAD電気工事
JWCAD入門!概要や使い方が知りたい!

「CADを使ってみたいけど何から始めたらいいかわからない」と考えているなら、JWCADから始めてみることをおすすめします。JWCADはオンラインでダウンロードできるフリーソフトです。そのため導入コストがかからず、気軽に始められます。ただし、フリーソフトとはいえ機能性や操作性に優れ、本格的なCADソフトとしても使えます。JWCADが使えれば仕事にも役立てられるのです。今回は入門としてJWCADの概要や使い方について説明しましょう。

JWCADとは?どんなことに使える?

CADは設計や製図を支援してくれるソフトのことです。昔は図面作成を手書きで行っていましたが、今はCADを使って作成するのが主流となっています。とはいえ、CADソフトが登場したばかりの頃は高額な費用がかかり操作できる人もそう多くはありませんでした。
現在は当時に比べて価格が安く操作も簡単にできるようになっています。特にJWCADは1997年にWindows版が配信されて以来、無料で使えるCADソフトとして多くの人に利用されてきました。ほぼ毎年のようにバージョンアップし、機能性・操作性ともに優れたソフトです。パソコンとネット環境があれば簡単に入手でき、誰でも使えます。CADは建築や土木、電気などそれぞれ専用のソフトもありますが、JWCADはどんな図面作成にも対応しているためCADがどんなものなのか試してみたい人にも入門としておすすめです。

 

JWCADのダウンロード方法と使い方を教えて!

JWCADのWindows版は公式サイトからダウンロードすることができます。サイトにアクセスすると「ダウンロード」というメニューがあるので、こちらをクリックしてダウンロードしましょう。ダウンロードが終了したら、フォルダを開いてインストールします。画面上には「JWW」というアイコンで表示されます。頻繁に使うならデスクトップにショートカットを作成しておくと便利です。
初期設定は新規図面ファイルの状態です。画面上部にメニューバー、左右にツールバーがあり基本的にコマンドはここから選択して実行します。初期設定は自分が使いやすいように変更することも可能です。操作はマウスを使って行います。実際に操作してみるとわかりますが、図面作成はほとんどが左右のツールバーとマウスでの作業です。パソコン操作に慣れている人なら、それほど苦労することなく使い方を覚えることができます。

 

どんな操作ができる?JWCADの機能

JWCADでは図面作成に必要なさまざまな操作を実行することができます。図面作成で基本となる操作は図形を描くことです。JWCADではツールバーからマウスでコマンドを選び、線や多角形、円などの図形を描くことができます。描いた図形を編集する機能もあります。操作のしかたがわかれば、図形を複写したり移動したり自由自在です。
図面作成には図面を正確に伝えるために文字や寸法を入れることもあります。JWCADでは文字を記入するだけでなく、線に平行に入れたりサイズやフォントを変更したりできます。寸法の記入も図面作成には大事な操作です。図形の線に合わせて斜線や垂直線、円の直径や半径の寸法、角度も入れられます。
JWCADで作図した図面は印刷したりデータ保存したりすることも可能です。図面作成をするときに設定した用紙サイズと縮尺で印刷することもできますし、設定とは異なるサイズの用紙に縮小して印刷することもできます。ここまで操作できれば入門としては、かなり自由に図面作成することが可能なのではないでしょうか。

 

初心者でも簡単?実際に線を描いて試してみよう!

JWCADで図面作成を行うためには基本的な操作をしっかり学ぶことが大切です。実際にパソコンを操作して図面作成をしながら覚えていきましょう。簡単な図面作成でも基本操作ができるようになれば、応用操作は経験を積むことで少しずつ習得していくことができます。
JWCADの入門では作図画面で線を描くところから始めてみるのがおすすめです。いろいろな線を描いているうちにコマンドやマウス操作に慣れてきます。まずはツールバーの「/」をクリックして、線の始点位置をクリックで指定。マウスをドラッグすると赤い線が出てくるので、終点にしたいところまで伸ばしたらクリックします。
線を描くのに慣れてきたら、今度はコントロールバーの「水平・垂直」を使ってみましょう。ここをチェックすると簡単に水平線や垂直線を描くことができます。コントロールバーでは線に寸法値を付けたり、角度や長さを指定して線を描くことも可能です。線を描くだけでもさまざまな機能があり、思い通りの線を描けるでしょう。

 

JWCADにはない機能が!有料CADプラスバイプラスの利点

JWCADが使いこなせるようになると、こんなに優れたソフトが無料なら有料のCADソフトにはいったいどんな機能があるのか気になるかもしれません。もちろん有料CADはJWCADにはない機能を持っています。CADはさまざま図面作成で使われるため、それぞれの図面作成に特化したソフトがあります。特定の図面作成に使うなら、その分野に特化したソフトのほうが使いやすいのは事実です。
電気工事や水道工事にも優れた有料CADソフトがあります。「プラスバイプラス」のCADソフトなら図面作成はもちろんのこと、見積書や請求書の作成まで簡単にできるのが特長です。操作も少ないクリック数でできるよう工夫されています。さらにサポート体制がしっかりしているため自力で学習する必要がありません。JWCADは機能性・操作性ともに優れたソフトですが、毎日たくさんの図面や書類作成を行うなら、やはりそれぞれの工事に特化したソフトがおすすめです。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中