• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

電気工事で独立!自営業で成功させるポイントとは?
  1. 水道CAD 水道工事

電気工事で独立!自営業で成功させるポイントとは?

独立して起業するには、資格や経験が必要です。また、独立に向けての準備もあります。電気工事で独立を図る場合には、どのような経験や資格が必要なのでしょうか。そして、独立で大切なのはその先どのように事業を安定させていくかです。特に個人の場合は、少人数で仕事をこなしていかなければなりません。他社と差をつけ、無駄が少なく効率の良い仕事をするには何が必要なのでしょうか。自営業で成功させるうえで心得ておきたいことやポイントについて解説します。

電気工事で独立するために必要な資格とは?

電気工事を仕事として請けるための主な資格には、「電気工事士」そして「電気主任技術者」、「電気工事施工管理技士」があります。この3つはどれも国家資格で、電気工事をするうえで重要なものです。「電気工事士」は、第1種電気工事士と第2種電気工事士の2つに分かれています。「電気工事士」として扱える内容は、500キロワット未満の電気工作物です。これは第1種電気工事士の場合で、第2種電気工事士ではできる工事がそこからさらに限定されます。工事の規模としては、一般的な住居や店舗といったものが主です。「電気主任技術者」は1種から3種まであります。「電気主任技術者」は、「電気工事士」よりさらに大きな電気設備を扱える資格です。工場やビル、変電所などが該当し、電気設備の保安と点検が主な仕事になります。そして、「電気工事施工管理技士」は電気工事全体を見て管理するのが仕事です。電気工事の日程調整や図面の作成、品質管理など、幅広く行う責任ある仕事といえるでしょう。

 

独立に適した時期は?必要な開業準備は?

電気工事といっても、どのような仕事を請けるかで必要な資格は変わります。それぞれの資格を取得するにはまず試験を受けることですが、合格できてもすぐに資格がもらえるわけではありません。合格後に実務経験が必要になります。一定の実務経験が完了した後に初めて免状が交付されます。電気工事士の場合でいえば、3年〜5年程度の実務経験が必要です。そのため、独立するなら実務経験を積んで免状が交付されてからが適しているでしょう。電気工事事業者として独立を図るには、事務所の選定や人材の確保、初期投資に当面の運転資金なども必要になります。しかし、個人であればひとりから始めることも可能です。資格の取得ができれば、ひとりで始めてみるのもいいでしょう。忘れてはいけないのは、事業所を置く都道府県に電気工事業者として届けを出すことです。都道府県に申請して登録することは、「電気工事業の業務の適正化に関する法律(電気工事業法)」で決められていることで、無届けの場合は罰則を受けることもあります。忘れずに出しておきましょう。
参考サイト:経済産業省

 

受注を安定させて業績を伸ばすには?

自営業は収入が不安定になりやすいのがデメリットとして挙げられます。少しでも電気工事の受注の安定を図るには、工務店など他の業種と提携するか、下請けに入るなど、取引先を見つけるのも事業の安定へと期待ができます。ハウスメーカーや建築会社などで外注先を募集していることがあるので、機会を逃さずないようにチェックしてみるといいでしょう。下請けとして仕事をするのは大変な面もありますが、自分で直接仕事の営業をかけるという面倒がないのは大きなメリットです。何より、毎月一定の仕事量と収入が見込めるのは大きな安心感につながります。また、公共事業などの入札に参加するのも良い方法ではないでしょうか。公共事業の入札には経営状況など一定の審査があり、会社の規模によっては難しい面があるかもしれません。しかし、取れるようになれば実績として営業もしやすくなります。

 

時代のニーズに合った顧客を確保するには?

ひと昔前の街の個人電気店のような形態は、一時減少する傾向が見られました。しかし、時代の変化で昨今また見直されるようになってきています。その理由のひとつが高齢者世帯の増加です。照明器具の交換や電化製品の設置に配線など、大小に関わらず人手を必要とする世帯は少なくありません。便利業などのような業種が増えているのも、高齢者世帯が多くなっていることが背景のひとつにあります。電気工事だけではなかなか仕事が取りにくい部分は、便利業と連携して行うのもひとつのセールスポイントではないでしょうか。また、老人ホームや介護施設などは、温度の調節や医療機器などの事情で、常に電気を稼働させている必要があります。そういった施設と契約をして電気設備管理を請けるのも、収入の安定につながるでしょう。

 

素早い対応で信頼を作る!事務作業は効率的に

自営業として電気工事で成功するために大切なのは、確かな仕事をして顧客の信頼を得ることです。そのためには、素早く対応できることが第一といえます。事前に見積もりが出せない事業者や、顧客が求める提案を迅速に出せない事業者は、仕事が入りにくくなります。常に費用を明確に出し、必要なときにすぐ対応できるように心がけましょう。だからといって、24時間いつでも対応するという無理をする必要はありません。工事に必要な材料やそれぞれの正しい金額が迅速に出せるだけでいいのです。もちろん、実際の工事もスムーズな対応が好まれます。電気工事は会社に勤務していても作業自体はほとんど変わらないでしょう。しかし、自営業になって大きく違うのは、経営にも携わるということです。売上と利益を常に意識していかなければなりません。電気工事の自営業として成功するには、収入を安定させるための顧客確保と、電気工事にかかる材料の拾い出しや調整までが簡単な操作でできるCADなどのソフトを導入することがポイントといえるでしょう。

ピックアップコンテンツ