• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

回路図も簡単に作成できる!電気CADを使いこなそう

電気CAD
回路図も簡単に作成できる!電気CADを使いこなそう

電気工事の図面作成は大変な手間がかかり、人間の手作業で行うとどうしてもミスをしてしまうことがあります。もっと見やすくわかりやすい図面を作成したい、もっと手軽に作成できたらいいのに、そんな要望に電気CADは応えることができるでしょう。電気CADを使うことで、難しい回路図もマウスを使うだけで簡単に作成できるため、コンピューターが苦手な人でも安心です。仕事の効率が大幅に上がる電気CADについて詳しく説明します。

CADって?

CADとは大きく分けて2つの意味を持ちます。1つは「Computer Aided Design」の略で、コンピューターを用いた設計支援ツールのことです。これを一般的にCADシステムと呼んでいます。もう1つは「Computer Assisted Drafting」や「Computer Assisted Drawing」を意味し、コンピューターを用いた製図システムをいいます。コンピューターを使用して、建築物や機械、自動車、電気回路といった工業製品の設計や製図を行うシステムのことです。CADが誕生したのは約40年前であり、コンピューターによる製図システムは製図作業や図面作成の現場で、大幅な作業効率の向上をもたらしました。少ない知識でも製図作成が可能になり、図面をデータとして扱えるようになったことから修正も簡単に行うことができます。設計においては、手計算であった寸法や面積、強度の計算の手間を省くことも可能にしました。CADは建築や機械、電気の設計だけにとどまらず、アパレルやアクセサリー業界でも取り入れられ広い分野で活躍しています。

 

電気CADって?

電気回路などの設計に使われるCADを「電気CAD」と呼んでいます。他の分野では3次元CADが主流であるのに対して、電気CADでは2次元CADが多く使われています。電気CADには「回路設計図用」と「レイアウト用」があり、それぞれ別の役割をしています。まず回路設計図用のCADは、電気回路や論理回路の接点情報の設計に使用します。形状や寸法といった実在的な情報を重視する通常のCADとは異なり、回路設計図用の電気CADではその点は設計に作用しないので、純粋なCADとしては認識されないこともあります。そのため、レイアウト用の付加機能として用いられることが多いです。一方、レイアウト用では、回路の設計において接続情報を実際に基盤に落とし込んだときのデサイン設計のために使用されます。複数の配線が存在する電気回路において、それらが混同しないようにいくつかの層に分けることや、ブロックごとの回路の組み立てが行えます。

 

電気回路図作成ソフトでできること

電気回路図を作成するソフトには非常に多くの機能があり、電気配線図や電気ドラフト図、ケーブルの配線図、電気パネルの設計図などを簡単に描くことが可能です。ほかにもさまざまな設計図や配線図に対応していますので、1つのソフトを使用するだけでいくつもの作業効率を一度に上げることができます。その機能の特徴を詳しく紹介すると、高速の電気回路の設計においては直観的なインターフェースを設計し、スマートな描画ツールと豊富なテンプレートを持ち見やすくてきれいな製図が可能です。ドラッグ&ドロップの操作でコンピューターが得意でない人にも簡単に使いこなすことができます。ソフトには6,000以上もの記号が含まれ、あらかじめ分類もできます。作図中の配置やレイアウトも自動化で行われ、使用者はドラッグ&ドロップの作業だけで非常に楽しく簡単に使うことができるでしょう。作図が終了した際にはJPEGやPDF、SVG、HTML、Word、PowerPointなど、さまざまな形式にハイファイで保存が可能です。技術サポートが提供されていることが多く、困ったことがある場合には安心して相談できます。

 

電気CADを使うメリット

電気CADを使用することによって、これまで手作業で行っていた図面作成や製図作業といったものの作業効率や精度を格段に向上させることができます。設計したデータを記録媒体に出力することで、細部の正確な描画が可能になります。また、手作業で描くことによって多発していたケアレスミスを防ぐこともできます。ルーチンワークで行っていた手計算などがシステム化されることによって作業の効率化が図れます。このように継続して繰り返し行う作業に対し、電気CADの導入は品質とコストの面においても十分な結果を出すことが可能でしょう。
電気CADは非常に簡単に回路図を作成することができるため、コンピューターが苦手である場合でも実際に使ってみることをおすすめします。失敗してもコンピューター上のソフトですので、書き直しも手間なく自由に行えます。なによりもシンプルであり使いやすさが魅力です。見やすい回路図を作成できるようになることで、仕事のミスも減らすことが期待できます。わかりやすい回路図を提示することはお客様からの信頼にもつながり、新たなお客様へと仕事の幅が広がるでしょう。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中