• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

種類がたくさん!適切なCADソフトの選び方

水道CAD
種類がたくさん!適切なCADソフトの選び方

CADソフトの導入で業務の効率化が図れると聞いたことはありませんか?CADソフトを導入している業者も多くみられますが、コンピューターが苦手だという理由からCADの導入に踏み切れずにいる業者もあるようです。CADソフトは選び方次第で簡単に使いこなすことができます。現在、CADを導入している業者も使いやすさを考えて乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。ここでは初心者でもわかるCADソフトの選び方を紹介します。

CADって何のこと?

パソコン作業が苦手で、図面の作成も手書きで行っている人のなかには、CADというのが一体どういうものであるのかよくわかってない人もいるでしょう。そこでまずCADとはどういう意味なのかを説明します。CADには大きく分けて2つの意味があり、1つ目はコンピューターを使用することによる設計支援ツールです。もう1つはコンピューターを用いた製図システムのことを指します。コンピューターを使ってこれまで手作業で行われていた設計などの作業を支援し、作業の効率を高める目的で作られました。主に建築物や機械、自動車といった工業製品の設計や製図を行うのに使われています。CADの登場によりコンピューターによる製図や図面作成の現場において、作業効率の向上を飛躍的にアップさせました。少ない知識でも製図作成を可能にし、データとして図面が扱えることから修正も簡単に行えるのが魅力です。CADはさまざまな業界で取り入れられ活躍しています。水道工事を行う業者の中には、すでにCADを導入しているケースが見られ、業務の効率化が図れると評判です。水道工事の業界でもCADの利用は必要不可欠となりつつあります。

 

分野と用途で使い分けよう

CADは大きく分けて2種類あり、図面を詳細に描くことを目的とした「汎用型」と、専門分野に特化しスムーズな図面製作を行う「専用型」があります。そこからさらに各分野で使われるCADソフトに分かれ、機械用や建築用、土木用、電気用、アパレル用さらには墓石用など、分野と用途によって細分化されています。例えば水道工事に特化したCADソフトでは、簡単な間取り図の作成や配管図面の作成が求められ、その分野に特化して設計されています。水道工事を行う業者にとって使いやすい機能を持っているのが特徴です。CADソフトにはフリーで使用できるソフトと有償のソフトがあり、それぞれメリットやデメリットが存在します。CADの導入による業務の効率化を目指すのであれば、その内容をきちんと理解して正しく選ぶことが重要です。

 

フリーソフトのデメリット

CADソフトにはフリーのソフトと有償のソフトがありますが、どう違うのでしょうか。フリーのソフトであってもその分野に特化した機能は見受けられ、簡単に使いこなすことができます。しかし、サポート面での不安があるのも事実です。フリーのソフトはサポートが英語版しかないことも多く、無料であるゆえに使える機能が制限されることもあります。また、ほかのCADソフトとの互換性がないことも多く、原因不明でデータが開けなくなるケースも見られます。お客様にデータで図面を渡したいときに、データが開けなくては使いものになりません。同業者が使っているから安心、費用がかからないから経費の節約になるという理由でフリーのソフトを使っている業者も多くありますが、有償の専用CADソフトと比べると機能面で大きく劣ります。フリーのソフトでは作業の効率化が見られないこともあり、サポート面を考えても不安が多く残ります。

 

plusCAD水道が選ばれる理由

水道工事関連のCADソフトではplusCAD水道がおすすめです。このソフトはマウスだけで簡単に操作できますので、パソコン初心者であってもすぐに使いこなすことができるでしょう。作図だけでなく見積もりもマウス1つで簡単に行うことが可能で、シンプルさが最大の魅力です。これまで難しかったCADの操作のほとんどが自動処理に変わり、最小のクリックで図面作成が行えます。操作が少ない分だけ、作業時間も短くなります。さらに図面を書くだけで面倒な見積りも自動で作成できます。図面を書き上げた時点で材料の拾い出しが完了している状態ですので、ワンクリックで簡単に見積書が提示されます。間取り図を作ることで、これまで時間のかかっていた立面図(アイソメ図)や配管図面なども自動で作成され、気の重かった作業を効率よく行うことが可能です。作成した図面や見積書はさまざまな形式での出力が可能で、お客様の希望の形式で提出することができます。これまでエクセルで提出していた見積書は、前と変わらずにエクセルで出すことができ、形式が選べることで図面などもメールに添付できます。そうすることでお客様の信頼をより多く得られるでしょう。さらには、水道工事業者にとって悩みの種であった各自治体での申請書の形式の違いにも対応しています。図面を作成し始めるときに市区町村を指定しておくだけで適切な書類として出力が可能です。plusCAD水道は有償のソフトでありますが、その分の費用もすぐにとり返せるほどの働きを見せ、業務の効率を大幅にあげることによって、会社の利益に大きく貢献します。
plusCAD水道ではさまざまな作業が自動化され、図面や書類が短時間できれいに仕上げられます。初心者にも安心して使いこなせ、作業にかかる時間も大幅に短縮されます。plusCAD水道は水道業者にとって最適なCADソフトであるといえますので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中