• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気設備工事に必要な作業手順書!効率的に作成するには?

電気CAD電気工事
電気設備工事に必要な作業手順書!効率的に作成するには?

電気設備工事を行う際、作業員がそれぞれ自分勝手な動きをしていては事故や災害の元となります。また、作業のムダが多くなり、余計に時間がかかってしまうことにもなりかねません。そうならないようにあらかじめ作成しておかなければならないのが、作業手順書です。作業手順書は誰が見てもわかるように決められたフォーマットがあり、それに沿ったものを作成する必要があります。そこで今回は、作業手順所の目的や書き方、効率よく作成する方法について詳しく解説します。

作業手順書の目的

もしも現場でそれぞれの作業員が自分の経験を元に思い思いの作業をしていれば、現場での安全が確保できないだけでなく、作業が円滑に進められないといったことにもなりかねません。また、作業者によって作業時間や仕上がりが異なるといったことにもなります。
そのような状態を防ぐために作成するのが、作業手順書です。どのような作業と順序が最も良いのか、ということをあらかじめ文書化しておくことにより、誰が作業をしても基準通りの結果が得られるようになるというわけです。
作業手順書の目的としては、まず作業のムリ・ムダ・ムラをなくし、作業員が作業をやりやすくすることが第一の目的と言えます。作業が円滑に流れるようになれば、それだけ作業員の疲れを軽減することにつながります。作業員の疲れが少なくなると、事故や災害の原因を減らすことにもなるでしょう。また、手順が計画的に定められていれば作業員が不安定な状態や行動をとらなければならないケースが減るため、より安全で快適な現場を作ることにもつながります。そのような現場では労働意欲が高まり、生産性や品質がより向上することにもなるというわけです。

作業手順書の作成方法

作業手順書の作成方法は、まず単位作業を選びます。現場での作業は、いくつかの単位作業がまとまってひとつの作業となっています。作業員が実際に行うのはこの単位作業となるため、作業手順書を作成する際にはひとつの作業を単位作業に分けていくわけです。
まとまり作業を単位作業に分解したら、その単位作業の手順を記載します。このとき、それぞれの作業を「もっと単純化できないか」「順番は間違っていないか」「作業にムリはないか」「作業でムダな動きはないか」「作業分担は適切か」といったことをしっかりチェックしましょう。
作業手順を作成したら、その手順ごとに危険性や有害性を予測します。もしも何らかの危険性がある場合には、それを提言する対策を立て、そのことも作業手順に含める必要があります。また、過去の事故や災害事例がある場合にはそのことも記載し、議事災害を起こさないための教訓としましょう。

作業手順書の基本様式

作業手順書には必ず記載するべき項目がいくつかあります。まずは作業名や作業内容などの基本事項です。次に、同じような作業で過去に事故や災害が起きている場合には、そのことを記載する欄も設ける必要があります。そのほか、準備作業・本作業・後片付けといった作業区分を記載しましょう。そして、それぞれの作業において注意するべき急所を記載します。予想される災害や作業の危険性、有害性がある場合には、あらかじめそのことを手順書に記入しておきましょう。
作業手順書を作成する際に気をつけるべきポイントは、手順書が作業する地方自治体の法令や、あるいは社内基準などと矛盾しないようにすることです。そのような矛盾が発生していないかどうかを確認するためにも、作業手順書は見やすく、わかりやすく、読みやすいものであることが大切です。文章などはできる限り簡潔にし、イラストや写真、図面などを上手に活用すると良いでしょう。

作業手順書の作成でのCAD作図は「plusCAD電気α」がおすすめ!

作業手順書を作成する際、よりわかりやすいものにするためにはCADデータなどで図示する必要があります。その際にイラストや図面を手書きしていれば時間がかかりますし、書き間違いなどのリスクも発生します。そこでおすすめなのが、株式会社プラスバイプラスの「plusCAD電気α」です。「plusCAD電気α」なら簡単に図面が作成できますし、作成した図面を作業手順書に転用することも容易だからです。
「plusCAD電気α」ではスキャナーで手書きの建築図面をCADに取り込んで活用することができるほか、マウス操作で電気設備シンボルを配置するだけで簡単に配線することができます。これまで図面を作成したことがないという初心者でも簡単に扱えるのが嬉しいポイントです。
操作においてわからないことがあれば、フリーダイヤルのほかインターネットによる通信サポートでたずねることができます。インストラクターによる訪問サポートもあるので、サポート体制は万全です。
また「plusCAD電気α」は「中小企業経営強化税制」における設備(ソフトウェア)として認定されています。そのため、平成29年4月1日~平成31年3月31日の期間中に導入すれば「中小企業経営強化税制」を活用した税制優遇措置が受けられるのです。
現場での作業はもちろんのこと、図面や書類の作成においてもムダを省いて効率化することは時間短縮やトラブルの予防につながります。今のCADソフトが使いにくいという人やサポート体制に不満があるという人は、「plusCAD電気α」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【株式会社プラスバイプラス】plusCAD電気αの特長

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中