• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

電気配線図の見方のポイントは?簡単に作図をするには?

電気CAD
電気配線図の見方のポイントは?簡単に作図をするには?

電気配線図を読むには専門的な知識が必要ですが、覚えるためのポイントはあるのでしょうか。また電気工事をする際には配線図を作成しなければなりません。作図は手書きや慣れない人が取り組むと大変時間がかかるものです。複雑な配線図を読み、多くの間違えやすい図記号を使いこなして効率よく作図するにはどうすればいいのか、ポイントを整理してみました。これを参考にして電気配線図にかける時間を短縮し、他の仕事や自分の時間を充実させていきましょう。

電気配線図の配線を見るためのポイントは?

電気配線図には多くの図記号がありますが、似たようなものが多く間違えやすいので意味を知っておくといいでしょう。はじめに覚えておきたいのが配線の図記号です。配線の中で多用される『天井隠ぺい配線』は実線で表されます。配線は傷がつくことや漏電防止のため基本的に隠しておくものなので実線で引くと覚えておくといいでしょう。電気の引き込み点からは隠ぺい配線までは『露出配線』があり、これは点線で表されます。床の隠ぺい配線と似ていますが、点線の長さが短いので区別できます。少し長めの線で書かれた点線が床に隠される『床の隠ぺい配線』、一点鎖線で書かれた線が地中に埋められる『地中配線』です。
電気配線図の配線は似たような線で表されているので、使う頻度が多い実線の天井隠ぺい配線から覚えていくことがポイントでしょう。また配線の意味を理解しておくことも大切です。この配線は隠すのか露出するのかを考えて区別することをおすすめします。

 

電気配線図の図記号について

電気配線図の電源・ケーブル・電線ダクトの図記号は、主にアルファベット大文字で表されます。5種類ある電線の図記号はIV、HIV、EM-IE、DV、OWでそれぞれ表されます。絶縁シースケーブルも丸形、平形など4種類がアルファベット大文字なので間違えやすく注意が必要です。電線管や樹脂管、線ぴ、フロアダクトも殆どがアルファベットですが、ライティングダクトは図形も入っているので覚えやすいでしょう。
電気配線図のスイッチやコンセントの図記号は比較的覚えやすく、スイッチ・コンセントの意味を理解していれば大丈夫でしょう。2重丸や四角の中が黒く塗りつぶされているものはボタンやスイッチです。黒丸のみのスイッチは単極スイッチ(タンブラスイッチ)で部屋の照明を点灯・消灯するなど多用され、スイッチの図記号の基本となっているので覚えておきましょう。他には特徴ある図形で開閉器などがあります。
コンセントは『壁付コンセント』の図形が基本となり、数字やアルファベットなどが添えられてコンセントの種類を表します。この図は横向きでも同じ意味になるので気を付けましょう。
機器や器具の図記号は四角の中にアルファベットで遮断器やモータブレーカなどを表すものや、丸の中にアルファベットや添え字がある変圧器・モータなどがあります。他にチャイムやベルなどの覚えやすい図記号もあり、分電場に関しては制御盤、配電盤と3種類をセットで覚えるのがポイントです。照明やその他の図記号には似た形のものもありますが、意味を理解することで覚えやすくなります。

 

図記号を覚えるポイントと配線図に簡単に入れる方法

電気配線図の見方は、似たような図記号が多いので全部覚えるのは大変です。良く使用される基本的なものを先に覚えて、他の種類を少しずつ覚えていくといいでしょう。図記号は基本となる形に添え字などでそれぞれの意味づけがされています。図記号を配線やスイッチなど種類別に分類し、その中で更に意味づけを行い自分なりに理解した上で覚えていくことです。必要に応じて使用しているうちに、少しずつ経験が増え覚えていくものもあるでしょう。もし配線図をパソコンで書いたことがない人や、CADを入れても難しくて上手く利用できていない人は、図記号を簡単に書くことができるCADを使用するといいでしょう。

 

電気配線図を簡単操作で作図するには?

電気配線図は慣れていない人が一から作図するのは難しく、時間がかかるものです。電気工事の現場では他の仕事にも時間を割かなければならないため、電気配線図を作成するには残業の必要が出てくることもあります。多くの図記号を使用する電気配線図にかける時間を削減するには、簡単操作で時間短縮が期待できる電気設備用CADを利用すると良いでしょう。プラスバイプラスのplusCAD電気αは操作がマウスだけで可能で、図記号も登録されています。今までのCADで使い方が分からなかった人も、サポート体制が充実しているので安心です。電気の専門的な知識がなくても大丈夫で、分からないことは出張サポートや電話、メールなどで対応してくれます。plusCAD電気αにはパソコンの遠隔操作という心強いサポートもあるので、導入したCADが難しくて使いこなすことができないという悩みも解消されるでしょう。配線図を作図する時間を短縮したい時には、多くの図記号が入っていてマウスのみの操作で置くことができるプラスバイプラスのplusCAD電気αを利用することをおすすめします。

plusCAD電気αのページはコチラ

 

電気配線図の見方のポイント、簡単に作図をする方法についてよくある質問

電気配線図の配線を見るためのポイントは?

電気配線図には多くの図記号がありますが、似たようなものが多く間違えやすいので意味を知っておくといいでしょう。はじめに覚えておきたいのが配線の図記号です。配線の中で多用される『天井隠ぺい配線』は実線で表されます。配線は傷がつくことや漏電防止のため基本的に隠しておくものなので実線で引くと覚えておくといいでしょう。電気の引き込み点からは隠ぺい配線までは『露出配線』があり、これは点線で表されます。床の隠ぺい配線と似ていますが、点線の長さが短いので区別できます。少し長めの線で書かれた点線が床に隠される『床の隠ぺい配線』、一点鎖線で書かれた線が地中に埋められる『地中配線』です。
電気配線図の配線は似たような線で表されているので、使う頻度が多い実線の天井隠ぺい配線から覚えていくことがポイントでしょう。また配線の意味を理解しておくことも大切です。この配線は隠すのか露出するのかを考えて区別することをおすすめします。

 

電気配線図の図記号について

電気配線図の電源・ケーブル・電線ダクトの図記号は、主にアルファベット大文字で表されます。5種類ある電線の図記号はIV、HIV、EM-IE、DV、OWでそれぞれ表されます。絶縁シースケーブルも丸形、平形など4種類がアルファベット大文字なので間違えやすく注意が必要です。電線管や樹脂管、線ぴ、フロアダクトも殆どがアルファベットですが、ライティングダクトは図形も入っているので覚えやすいでしょう。
電気配線図のスイッチやコンセントの図記号は比較的覚えやすく、スイッチ・コンセントの意味を理解していれば大丈夫でしょう。2重丸や四角の中が黒く塗りつぶされているものはボタンやスイッチです。黒丸のみのスイッチは単極スイッチ(タンブラスイッチ)で部屋の照明を点灯・消灯するなど多用され、スイッチの図記号の基本となっているので覚えておきましょう。他には特徴ある図形で開閉器などがあります。
コンセントは『壁付コンセント』の図形が基本となり、数字やアルファベットなどが添えられてコンセントの種類を表します。この図は横向きでも同じ意味になるので気を付けましょう。
機器や器具の図記号は四角の中にアルファベットで遮断器やモータブレーカなどを表すものや、丸の中にアルファベットや添え字がある変圧器・モータなどがあります。他にチャイムやベルなどの覚えやすい図記号もあり、分電場に関しては制御盤、配電盤と3種類をセットで覚えるのがポイントです。照明やその他の図記号には似た形のものもありますが、意味を理解することで覚えやすくなります。

 

図記号を覚えるポイントと配線図に簡単に入れる方法

電気配線図の見方は、似たような図記号が多いので全部覚えるのは大変です。良く使用される基本的なものを先に覚えて、他の種類を少しずつ覚えていくといいでしょう。図記号は基本となる形に添え字などでそれぞれの意味づけがされています。図記号を配線やスイッチなど種類別に分類し、その中で更に意味づけを行い自分なりに理解した上で覚えていくことです。必要に応じて使用しているうちに、少しずつ経験が増え覚えていくものもあるでしょう。もし配線図をパソコンで書いたことがない人や、CADを入れても難しくて上手く利用できていない人は、図記号を簡単に書くことができるCADを使用するといいでしょう。

 

電気配線図を簡単操作で作図するには?

電気配線図は慣れていない人が一から作図するのは難しく、時間がかかるものです。電気工事の現場では他の仕事にも時間を割かなければならないため、電気配線図を作成するには残業の必要が出てくることもあります。多くの図記号を使用する電気配線図にかける時間を削減するには、簡単操作で時間短縮が期待できる電気設備用CADを利用すると良いでしょう。プラスバイプラスのplusCAD電気αは操作がマウスだけで可能で、図記号も登録されています。今までのCADで使い方が分からなかった人も、サポート体制が充実しているので安心です。電気の専門的な知識がなくても大丈夫で、分からないことは出張サポートや電話、メールなどで対応してくれます。plusCAD電気αにはパソコンの遠隔操作という心強いサポートもあるので、導入したCADが難しくて使いこなすことができないという悩みも解消されるでしょう。配線図を作図する時間を短縮したい時には、多くの図記号が入っていてマウスのみの操作で置くことができるプラスバイプラスのplusCAD電気αを利用することをおすすめします。

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中