• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

マンションの平面図や電気配線図はここが大変!

電気CAD
マンションの平面図や電気配線図はここが大変!

マンションやビルの図面は、一般の建物と比べて図面の量が多いという違いがあります。手書きの場合にありがちな問題点や悩みなどを踏まえてCADの導入を考えてみませんか。また、すでに導入しているCADがあっても、書くのに時間がかかったり覚えられなかったりして活用できていないケースもよくあります。初めてでも使いやすく、スピーディーに図面が書けるplusCADを紹介します。建築の仕事をさらに効率化するために導入してみてはいかがでしょうか。

手書き図面にありがちなデメリット

一般的に図面の手書きには相応の時間がかかるものです。手書きともなると変更のたびに修正をするのはなかなか大変ではないでしょうか。綺麗に修正できない場合もありますし、はじめから書き直すのは時間も労力も伴います。電気の配線図などになればマークが多いと見づらくなってしまうこともあるでしょう。縮尺して書く場合には縮尺スケールを使えば可能ですが、方眼用紙などを利用しても正確に書けないのは難点です。
CAD操作に慣れていない人やパソコンの操作自体が苦手な人にとっては、手書きで図面を書く方が早く自由に書きやすいという点ではメリットになるかもしれません。しかし、たとえドラフターを使って作図する場合でも、図面は1枚ずつ書くのが基本です。同じような図面で部分的に仕様が違うだけの場合でも、1から違うものを書かなければならないのは時間がかかり、デメリットといえます。特に電気配線図に入れるマークを手書きする時は、書き方によって認識しにくい場合も考えられます。

 

マンションの配線図は図面の量も膨大

マンションやビルなどの図面で問題なのは、図面の量が膨大になることです。手書きの場合は1枚ずつ書いていく作業に時間もかかりますが、その膨大な量を紙で保管しなければなりません。完成してしまえばファイリングや製本をして保管できますが、マンションやビルの場合は1棟分でも相当厚みが出ます。まだ建築中の段階であれば製本せずに保管することが必要になってくるので、完成までの図面の整理と管理に悩む人は多いでしょう。
CADを導入していればデータとして保管するだけで済みます。必要な箇所だけ印刷したりデータを渡したりすればいいので、保管場所で悩む必要はありません。従来のように青焼き図面として残すところは減少傾向がみられますし、完成した後の製本も必要最低限になってきています。ケースによってはデータだけ保管するところも多いでしょう。1棟に対しての図面の量が膨大であればあるほど、CADを活用して図面をデータ化し、コンパクトな管理が求められます。現場での書き換えや修正が必要な時でも、ノートパソコンがあれば対応できるのもメリットといえます。

 

せっかくCADを導入したのに難しすぎる?

方眼紙などを用いたフリーハンドの手書き図面やドラフターでの手書き図面ではなく、せっかくCADを導入したのに操作が分からないということはありませんか。分かりやすいマニュアルがないものはなおさらです。現在使っているCADが難しくて覚えられなかったり、時間がかかったりして結局手書きを続けるという人は多いかもしれません。これではCADを導入しても意味をなさないばかりか、そのためにパソコンを用意した場合はそのシステムまで無駄になってしまいます。
図面の場合は専門のマークを多用することがよくあります。1から自分でマークを作らなければならないCADの場合は、作っていく作業で戸惑ってしまう人は多いでしょう。webからフリー素材を探して利用できればいいですが、作る作業に時間がかかるとそれだけ仕事全体にも影響してきます。図面を作成してから初めて使う材料などを抽出し、必要な量を出して見積もりを出すとなると、さらに時間がかかることになります。

 

plusCADが驚くほど簡単でスピーディーな理由

CADが苦手と感じる理由は、操作が分かりにくい、1つの図形を作るだけでも作業量が多く時間がかかるという2点が主に挙げられます。この2点の問題を解決したのがplusCADです。plusCADはほとんどの作業をマウスで操作できます。1から自分で線を引いたり図形を作ったりといった操作ではなく、必要なパーツを選択して組み合わせるというのが基本の作図方法です。そのため、初めてplusCADを使う人でも簡単に図面を作ることが可能になっています。
何より便利なのは、図面に必要なマークがはじめから用意されていることです。plusCADは図面の種類に応じてそれぞれに特化したマークが揃っています。例えば電気図面を書くなら、電気の配線図に必要なマークが入っているのです。そしてできあがった図面を元に必要な材料の見積もりが自動で計算されているのも、plusCADの大きなメリットといえます。手書きや従来のCADと比較すると、スピードに大きな違いがあります。操作自体は非常に簡単なのに加え、訪問サポートや電話サポートなどが必要に応じて可能なサポート体制も整っています。業績アップと顧客拡大を図るためにも、plusCADを導入してみませんか。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中