• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

給排水申請書も自動で!水道工事の図面の書き方が変わる

水道CAD
給排水申請書も自動で!水道工事の図面の書き方が変わる

水道工事に特化したCADがあるのは知っていますか?CADは難しそうでなかなか手が出せずにいませんか?CADは使いやすいものを選ぶだけで簡単に作業が行えます。給排水の申請書であっても自動で作成することが可能です。パソコンが苦手であってもマウスだけの簡単な作業ですので、すぐに使いこなすことができるでしょう。CADの導入で、図面や書類作成にかかる時間が大幅に削減されます。ここでは初心者でも簡単に図面や申請書が作成できるCADについて紹介します。

図面作成に関する負担が軽減される!

水道工事を行う業者にとって、図面や申請書類の作成は大変な作業になります。パソコンが苦手な人のなかには、図面作成などを手書きで行っている人もいるでしょう。現場の作業と図面の作業の両方に追われることで、とにかく時間がないと感じる人も多くいます。また、図面の作業に追われて営業に行く時間も取れないと、新規顧客の開拓もできません。立面図や縦断面図の作画は非常に手間であり、桝の落差の計算にも時間がかかります。CADを導入すると時間の短縮になるとはわかっていてもなかなか踏み出せないでいる人も多いようです。しかしplusCAD水道では難しい操作は何一つありません。マウスだけの簡単な操作でこれまで時間のかかっていた落差の計算も素早く行えます。平面図さえ作れば、ほかの図面や表は自動で作成されます。そのため事務員などに図面の作成も任せることができますし、簡単に修正もできます。書類作成にも連動しているので、時間を大幅に節約することが可能です。こうしたことからplusCAD水道を導入することで時間にも余裕を生み出すことができ、業務効率が変わるといえます。

 

従来のCADソフトと比べてもその差は歴然

多くの業者が取り入れている無料のCADソフトでは、初期に払う費用がかからない反面、線や点、円などの配置による図面しか作成することができませんでした。そのためこういったソフトを使いこなすにはある程度の知識が必要とされます。水道工事に特化しているplusCAD水道であれば、マウスだけで簡単に操作が行えます。ヘッダーやキッチン、トイレといった設備もシンボルとして登録されていますので、それを図面上に貼り付けていくだけで間取り図が完成します。間取り図が出来上がれば、自治体ごとに異なる申請書式に対応し、配管図面や立面図、縦断面図などの図面が自動で作成されるので、CADの専門的な知識は必要ありません。紙図面である場合でも、スキャナーで取り込み、その上をマウスでなぞるだけで間取り図は完成します。初心者でも簡単に覚えることができ、図面にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。無料のソフトに比べると初期投資は必要ですが、多彩な機能と使い方は十分に満足できるでしょう。パソコン作業が苦手でCADの導入に二の足を踏んでいるならぜひ試してみることをおすすめします。

 

数多くの申請書に対応

水道工事業者にとって自治体ごとに異なる申請書に悩まされることは多く、それぞれの自治体に応じて申請書を作成するのは手間のかかる仕事です。しかしplusCAD水道は間取り図が作成できた時点で、各申請書を自動で作成してくれます。それは3階建直結式給水事前協議申請書や、4階建直結式給水事前協議申請書給水工事設計用紙であっても可能で、地域水道給水装置工事計画書、竣工届、さらには任用様式4の委任状まで作成できます。そのほかにも鉛製給水管取替工事に係る承諾書や鉛製給水管単独取替工事報告書までもが自動で作られます。その作業は非常に簡単で、給排水の申請図を例にあげると、CADや紙図面を取り込んでベースとなる間取りを置き、取り込むシンボルを決めて配置します。配管の種類を決めると自動で配管が行われます。そうすることで立面図が自動で作成されます。このような単純な作業であっという間に給排水の申請図が完成します。plusCAD水道では他にも本管図面や屋外給排水見積り、プレゼンボードの作成も可能です。業界に特化させることで無駄を省き、必要なものだけ詰め込んでありますので、これまでCADがうまく使いこなせなかった人にとっても、パソコンが苦手な人であっても安心して使うことができるでしょう。これまでの手書きの申請図と比べても、書類作成にかかる負担を大幅に削減することが可能です。

 

立ち上げ支援やサポートも充実

初心者でも簡単に使いこなすことができるソフトであっても、操作に慣れるまでは不安に感じる人も少なくありません。ソフトの立ち上げ方や、基本的な使い方は手とり足とり教えてもらいたいものです。その点においてもplusCAD水道では充実したサポート体制が整っていますので安心です。ソフト導入から3カ月間は、スタッフが訪問してソフトの立ち上げから使い方指導まで行ってくれます。最大3回まで訪問してくれますので、使い始めてわからないことがあっても安心です。また、電話での相談も可能で、ソフトの案内に対応してくれるシステムアドバイザーが3人、専任のフォローインストラクターが2人いるため、待たされることがありません。たとえ電話が混み合っている場合でも折り返し連絡をしてくれるので安心です。さらには、オペレーターと画面を共有して遠隔サポートも行ってくれます。これはインターネットを通じて画面を共有させるシステムで、電話だけではわかりにくい部分も、画面を見ながら説明してくれるので、さらにわかりやすいアドバイスが受けられます。
このように、初心者にとっても安心のサポートでCADを使い始めることができます。使い方も非常にシンプルですので説明書を読むことなく始められます。難しい作業は完全に自動化されており、水道工事に特化した必要なものがすべて詰まっているCADであるといえます。図面や申請書にかかっていた時間を短縮して、1つでも多くの新規顧客の開拓も可能です。CADの導入で会社の利益にもつなげましょう。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中