Jwcad熟達者に聞く!Jwcadで給排水の申請をするためのポイント解説

  • 公開日:2023年07月21日
Jwcadに関する知識
Jwcad熟達者に聞く!Jwcadで給排水の申請をするためのポイント解説

水道設備業は、給排水設備の工事や修理を行う仕事です。

給排水設備は、私たちの生活に欠かせない設備であり、水道設備業は社会に必要不可欠な仕事です。

水道設備業のみなさんも使用するJwcadは、給排水設備の図面を描くのに最適なソフトです。

Jwcadを使いこなせる水道設備業者は、給排水設備の図面を効率的に描くことができ、仕事の効率を上げることができます。

この記事では、Jwcadを使って給排水の申請図面を描く水道設備業のみなさまが、どのような手法で図面を描くことで、図面作業を素早く終わらせているのかなど、同業者の気になる実状について書いています。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

多様なJWCAD利用者と水道設備業のJWCAD熟達者の存在

JWCADは、日本国内で最も普及しているCADソフトの1つです。

JWCADの利用者は、建築関係者、土木関係者、電気関係者、機械関係者など、幅広い業種にわたります。また、学生や趣味でCADを利用する人も多くいます。

現在、全国の管工事業の許可業者数は約8万5千業者ありますが、その業者の多くもJWCADを利用していると考えられます。

JWCADの利用者を年代別に見ると、20代から30代に人気があり利用者が多い傾向にあります。JWCADは、無料で利用できるフリーソフトであるため、コストを抑えてCADソフトを利用したい人にも人気があります。

JWCADを使う水道設備業の方の中には、JWCADを長期間にわたり使いこなし、高度なスキルや経験を持っているJWCADの熟達者もいらっしゃいます。

JWCADの熟達者となれば長年にわたる経験と技術力を駆使し、正確性と効率性を追求した給排水の申請図面を描き上げることが可能です。

複雑な設計要件にも柔軟に対応し、各種規格や基準に応じた図面を作成することで、お客様の信頼を得ることができるでしょう。

最小限の工数で図面を作成し、大切な時間を新たな仕事や挑戦に注ぎ込むことができます。

 

JWCADの熟達者が給排水の申請図を速く描いて仕上げるためにしていること

JWCADの熟達者が給排水の申請図を速く描くためには、効率的な作図手法と経験豊富な知識を駆使する必要があります。

給排水の申請図は正確性が求められる重要な図面であり、熟達者はそのスキルを活かして効率的に作図することが重要です。

以下では、JWCADの熟達者が給排水の申請図を速くかくために気をつけているポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

1、効率的なショートカットキーの利用

JWCADのショートカットキーを覚え、頻繁に使用するコマンドを素早く実行することで、作図のスピードを向上させます。


2、カスタマイズされたツールバー

よく使うツールやコマンドをカスタマイズしてツールバーに配置し、作図に頻繁に使用する機能に簡単にアクセスします。


3、スクリプトやマクロの活用

繰り返し行う作業や特定のパターンを処理するために、スクリプトやマクロを作成して作業の自動化を図ります。


4、ライブラリの効果的な管理

給排水の専門的なシンボルや図形をライブラリに整理し、必要なときに迅速に利用できるようにします。


5、テンプレートの利用

給排水の申請図の基本的なレイアウトやスタイルをテンプレートとして保存し、再利用することで作図の効率を高めます。


6、グリップ編集のマスター

グリップ編集機能を駆使して、オブジェクトの位置やサイズの修正を迅速に行います。


7、自動補完とコマンドラインの活用

JWCADの自動補完機能やコマンドラインをうまく利用して、効率的にコマンドを入力します。


8、レイヤーとオブジェクト管理

適切なレイヤーの使用とオブジェクトのグループ化、整理により、図面の見通しを向上させます。


9、経験と実務知識の活用

経験豊富なCAD技術者は、給排水の申請図の描画に関するノウハウを持っています。

経験と実務知識を活用し、効率的な作図手法を身につけます。

 

これらの要点に加えて、熟達者は継続的な学習とスキル向上にも努めます。

新しい機能やワークフローについて常に最新情報を把握し、自分の作図スタイルを改善することで、給排水の申請図を迅速かつ正確に描く能力を高めることができます。

 

Jwcadで申請用の立面図及び縦断面図を描く場合に困難だと思わせる点とは

給排水申請の立面図及び縦断面図をJWCADで描く際には、いくつかの難しい点や時間を要する要因が存在します。

これらの図面は建築設計や土木工学において重要な役割を果たし、正確な表現が求められるため、描画作業には慎重さと専門的な知識が要求されます。

JWCADを使って給排水申請の立面図及び縦断面図を描く際に、なぜ難しいと感じるのか、そして時間がかかる原因について詳しく探ってみましょう。


1、シンボルの不足

Jwcadは一般的なCADソフトウェアであり、給排水の専門的なシンボルや図形がデフォルトで提供されていない場合があります。

給排水の特定のシンボルや表現が必要な場合、それを作成する必要があります。


2、尺度とスケールの管理

立面図及び縦断面図を描く際には適切な尺度とスケールを選択し、正確な寸法を保持することが重要です。Jwcadでは、尺度とスケールを管理することが挑戦的になる場合があります。


3、正確性の確保

立面図は配管ルートと給水器具の立体的な位置関係、縦断面図は土地及び排水管の高さや高低差、勾配を示すため、正確な寸法や位置が重要です。

Jwcadは精密な作図に特化していないため、正確性を保つために細心の注意が必要です。


4、断面の表現

給水の立面図では、パイプやバルブなどの断面を適切に表現する必要があります。これらの要素を3D的に表現することは、Jwcadの2D機能では難しい場合があります。


5、配管ルートの可視性

立面図では、給水配管のルートが見えるように描かれることが重要です。複雑な配管ルートの可視性を確保するために、図面の配置やレイヤー管理を工夫する必要があります。


6、図面の整理と視認性

立面図は多くの情報を含むことがあり、整理されていない場合は見づらくなります。図面の整理と視認性を向上させるために、適切なレイヤー分けやグループ化が必要です。


7、地形やレベリングの表現

排水の縦断面図では地形や地面の高さ、レベリングが重要な要素です。これらの要素を適切に表現するために、Jwcadの2D機能を活用しつつ、追加の工夫が必要になる場合があります。

 

これらの問題点に対処するためには、Jwcadの機能を十分理解し、必要なシンボルや図形を追加して専門的な描画を行うことが重要です。

また、正確な寸法を保持するために、スケールと尺度を適切に管理することも大切です。

必要に応じて、他のCADソフトウェアや建築設計ソフトウェアを併用することも検討するとよいでしょう。

 

水道設備業者が申請図面を速く仕上げるためには

水道設備業者が同業者のどこよりも速く仕事をして次々と新たな仕事を得るためには、給排水の申請図面を迅速に仕上げることも重要なことです。

水道設備業者が給排水の申請図面を迅速に仕上げるために、JWCADの参考書の熟読やCAD専門学校での学習、有料CADの導入など、様々な取り組みを行っています。

しかし、さらなる効率向上と作業の容易化を追求する場合には、給排水の申請専用のCADを検討することをお勧めします。

給排水申請専用のCADは、水道設備業者が日常的に行う作業に特化しており、シンプルなインターフェースや専門的なシンボル、ツールが提供されています。

これにより、給排水の申請図面の作成がさらに効率化され、よりスムーズな作図が可能となります。また、正確な計算や必要な規格への適合をサポートする機能も備わっており、作業の信頼性と品質を向上させます。

給排水の申請図面作成において、JWCADの利用を効果的に活用することは重要ですが、さらなる効率向上を目指す場合には、給排水申請専用のCADを導入することを検討することで、よりスピーディで正確な作図が可能となることでしょう。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってみた動画 バナー

ピックアップコンテンツpickup content

i

水道設備業界の皆様にお役立ち情報をお届け!水道総合ポータルサイト【スイポ】がオープン!▶︎

×