• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

縦断図もワンクリック!上下水道の図面が劇的に簡単になる書き方

水道CAD
縦断図もワンクリック!上下水道の図面が劇的に簡単になる書き方

水道工事の図面を手書きで書くのに疲れていませんか?使用しているCADソフトは簡単に使えるものですか?図面作成のほとんどが自動で行える便利なCADソフトがあります。初心者にも簡単に使いこなせて、説明書を読む必要もない、夢のようなCADが登場しているのです。このCADを使うことで業務時間が大幅に短くなることが期待できます。徹夜での作業に別れを告げましょう!今回は水道工事に特化した、図面作成を行うCADソフトについて紹介します。

図面作成にはこんなにも悩みが

水道工事の図面は現場での作業を終えてから作成することが多く、その作業のわずらわしさが水道工事を行う業者にとって負担となっています。
非常に多くの図面や書類を作成する必要があり、それらすべてを手書きで行っている業者は徹夜をしてまでの作業を強いられます。
とはいえパソコンが苦手な人も多く、CADを導入することにも踏み切れず、いまだに手書きでの作業が続けられています。
事務員は図面の書き方に詳しくないために任せることもできません。

また、CADを覚えたいとは思っていても、平日の昼間には現場での作業に忙しく、夜や夜間のサポートはなかなか見つからないのが現実です。
すでにCADを導入している会社にとっても導入しているCADの使いにくさへの不満が見られています。
紙の図面を渡されてもCADデータとして使うことができない場合や、PDFファイルでは開けられないといった悩みも聞かれます。

フリーのソフトを導入している場合には、英語でのサポートしか受けられないことや、水道工事に特化していないとの理由で、作業の効率が図れていないという意見もあります。水道工事を行う業者にとって図面の作成は頭を悩ませている問題です。

誰でも簡単に使えるCADがある!

一般的なCADソフトであれば、その使い方に慣れるまでパソコン上級者でも苦労を強いられます。
しかしplusCAD水道ではパソコン作業が得意でない人にでも安心して使えるように作られ、使いやすさを最大限まで追求しています。
これまで使用していたワードやエクセルのように直感的な操作が行えます。

plusCAD水道では、間取りの作成はマウスで線を引くだけです。
配管や水回りの設備に関しては、シールを貼る感覚で、マウスの操作で配置していきます。
それだけの簡単作業で図面が完成しますので、図面を描いたことがない事務員にも任せることができます。
さらにplusCAD水道で使うのはマウスの左ボタンのみです。
キーボードを使うことはありませんので、パソコンに不慣れな人でも安心して作業が行えます。
メールで送られてきた画像や、PDFファイルの図面であっても画面上に表示が可能で、マウスでなぞるだけで間取り図が完成します。
手書きの図面やFAXはスキャナーで取り込むことで、そのほかのファイルと同じように画面上に表示できます。
申請書の作成も可能で、給水申請を作成する場合では、間取りを置いたらシンボルを配置して配管種類を決定します。
配管は自動で行われますのでそれだけで立面図が作成されている状態です。
そこから材料拾いも自動で行われますので、後は印刷のボタンをクリックするだけで申請書図面や見積書が完成です。
これまで時間がかかっていた作業があっという間に終わってしまうのです。

簡単操作が魅力

コンピューターが苦手だと感じる人は、とにかく簡単に使いこなせるソフトを選ぶことが重要です。
誰でも簡単に図面が作成できるCADソフトとしてplusCAD水道がおすすめです。
間取り図の作成はマウスで絵を描くように線を引くだけです。
ヘッダーや水回りの施設には、マウスでぺたぺたとシールを貼るように配置していくだけで完成します。
非常に簡単なため、図面の作成をしたことがない事務員にもすぐに使いこなせるでしょう。
平面図を作成したら、立面図や縦断面図が自動で作成されるのも魅力です。
これまでのように、あれもこれも作成する手間が省けます。
平面図から材料の拾い出しも自動で行われますので、申請書の作成もボタン一つで可能です。

メールに添付されて届いた間取りの画像やPDFファイル、FAX、手書きの図面であっても簡単に取り込むことができます。
ソフトに取り込んだものを画面上に表示して、マウスでなぞれば間取図の作成も可能です。
間取図では配管は種類を決めるだけで自動的に行われ、そのほかにも必要な図面や表も自動で作成されます。
plusCAD水道では、ほとんどの作業を自動で行うように設計されているため、初心者でも安心して使えるでしょう。
パソコンに苦手意識がある人でもすぐに覚えることができ、自信をもって使いこなせ、何よりも作業にかかる時間が大幅に短縮されます。

あれもこれも自動!

plusCAD水道は、初心者でも簡単に使いこなせることを重要視し、難しい作業は自動で行えるように設計されているのが魅力です。
そのため間取りから配管までの作業を自動で行うことができます。
間取図に階段や水まわりの設備、ヘッダーなどを配置することで、それをもとにソフトが自動で配管を行います。
その配管は修正も可能で、好きなように調整ができます。
さらにこれまでのCADソフトでは面倒であった立面図(アイソメ図)や縦断図なども自動で作成が可能です。
立面図に修正が必要なときは、ブロック移動機能を使うことでストレスなく修正ができ、面倒な手間もかかりません。
水道工事においては申請書の作成も重要となり、各自治体によって申請書が異なることが悩みでしたが、plusCAD水道では全国47都道府県の市町村の書類が登録されています。そのため、図面作成時に市区町村を選択しておくだけで、適切な申請書が完成します。見積書も作成可能で、水道工事申請書にまつわるほとんどの書類の作成がボタン一つで行えます。
また、サポートも充実していますので、ソフトを使っている際に困ったことがあればすぐに電話で無料サポートを受けることができます。
十分な人数のオペレーターが対応してくれますので、待たされることはないでしょう。
もし電話がつながらなくても折り返し電話をかけてもらえます。

さらには初回3回の訪問サポートや、インターネント回線を使ったサポートもあり、ソフトが使えるようになるまでしっかりとしたサポートが受けられます。
水道工事の図面作成にはその分野に特化したCADソフトを使うのが重要です。
plusCAD水道を使うことで、業務の効率化が図れ、業務時間を大幅に短縮できます。

 

図面作成についてよくある質問

図面作成で多い悩みとは?

水道工事の図面は現場での作業を終えてから作成することが多く、その作業のわずらわしさが水道工事を行う業者にとって負担となっています。
非常に多くの図面や書類を作成する必要があり、それらすべてを手書きで行っている業者は徹夜をしてまでの作業を強いられます。
とはいえパソコンが苦手な人も多く、CADを導入することにも踏み切れず、いまだに手書きでの作業が続けられています。
事務員は図面の書き方に詳しくないために任せることもできません。

また、CADを覚えたいとは思っていても、平日の昼間には現場での作業に忙しく、夜や夜間のサポートはなかなか見つからないのが現実です。
すでにCADを導入している会社にとっても導入しているCADの使いにくさへの不満が見られています。
紙の図面を渡されてもCADデータとして使うことができない場合や、PDFファイルでは開けられないといった悩みも聞かれます。

フリーのソフトを導入している場合には、英語でのサポートしか受けられないことや、水道工事に特化していないとの理由で、作業の効率が図れていないという意見もあります。水道工事を行う業者にとって図面の作成は頭を悩ませている問題です。

誰でも簡単に使えるCADとは?

一般的なCADソフトであれば、その使い方に慣れるまでパソコン上級者でも苦労を強いられます。
しかしplusCAD水道ではパソコン作業が得意でない人にでも安心して使えるように作られ、使いやすさを最大限まで追求しています。
これまで使用していたワードやエクセルのように直感的な操作が行えます。

plusCAD水道では、間取りの作成はマウスで線を引くだけです。
配管や水回りの設備に関しては、シールを貼る感覚で、マウスの操作で配置していきます。
それだけの簡単作業で図面が完成しますので、図面を描いたことがない事務員にも任せることができます。
さらにplusCAD水道で使うのはマウスの左ボタンのみです。
キーボードを使うことはありませんので、パソコンに不慣れな人でも安心して作業が行えます。
メールで送られてきた画像や、PDFファイルの図面であっても画面上に表示が可能で、マウスでなぞるだけで間取り図が完成します。
手書きの図面やFAXはスキャナーで取り込むことで、そのほかのファイルと同じように画面上に表示できます。
申請書の作成も可能で、給水申請を作成する場合では、間取りを置いたらシンボルを配置して配管種類を決定します。
配管は自動で行われますのでそれだけで立面図が作成されている状態です。
そこから材料拾いも自動で行われますので、後は印刷のボタンをクリックするだけで申請書図面や見積書が完成です。
これまで時間がかかっていた作業があっという間に終わってしまうのです。

簡単操作のplusCAD水道の魅力とは?

コンピューターが苦手だと感じる人は、とにかく簡単に使いこなせるソフトを選ぶことが重要です。
誰でも簡単に図面が作成できるCADソフトとしてplusCAD水道がおすすめです。
間取り図の作成はマウスで絵を描くように線を引くだけです。
ヘッダーや水回りの施設には、マウスでぺたぺたとシールを貼るように配置していくだけで完成します。
非常に簡単なため、図面の作成をしたことがない事務員にもすぐに使いこなせるでしょう。
平面図を作成したら、立面図や縦断面図が自動で作成されるのも魅力です。
これまでのように、あれもこれも作成する手間が省けます。
平面図から材料の拾い出しも自動で行われますので、申請書の作成もボタン一つで可能です。

メールに添付されて届いた間取りの画像やPDFファイル、FAX、手書きの図面であっても簡単に取り込むことができます。
ソフトに取り込んだものを画面上に表示して、マウスでなぞれば間取図の作成も可能です。
間取図では配管は種類を決めるだけで自動的に行われ、そのほかにも必要な図面や表も自動で作成されます。
plusCAD水道では、ほとんどの作業を自動で行うように設計されているため、初心者でも安心して使えるでしょう。
パソコンに苦手意識がある人でもすぐに覚えることができ、自信をもって使いこなせ、何よりも作業にかかる時間が大幅に短縮されます。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中