• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

【初心者向け】JWCADの初期設定でやっておきたいことは?
  1. JWCAD 水道CAD 電気CAD

【初心者向け】JWCADの初期設定でやっておきたいことは?

JWCADはフリーソフトの2次元汎用CADです。無料とは思えないほど高性能で、長年幅広い分野で利用されてきました。手書きによる図面作成からCADへの切り替えを検討しているなら、最初にJWCADを試してみるのは良い方法です。しかし、初期設定がやや複雑で、わかりにくいと感じる人は少なくありません。そこで、今回はJWCADを使う前に済ませておきたい初期設定についてわかりやすく解説します。

JWCADには初期設定が不可欠

JWCADの操作方法は独特です。パソコンやスマートフォンの操作に慣れている場合、直感的に動かせないことに戸惑いを覚える人も多いかもしれません。パソコン自体が苦手な人ではさらに困惑する可能性もあります。画面を移動したり縮小拡大したりするといった簡単な操作にもいくつかの方法があり、初期設定で細かく指定しなければなりません。

JWCADを使い慣れた人にとっては便利な機能でも、初心者の場合は誤動作につながることもあります。「あれば便利な機能」については、操作に慣れてから使いやすいように設定を変えれば良いでしょう。今回はJWCADを初めて使う人に適した基本的な初期設定について解説します。

画面の見方を覚えよう

まずは、基本画面の見方を覚えるところから始めましょう。ダウンロードしてきたJWCADを起動します。中央の作図エリアを囲むようにメニューやコマンドが並んでいるのが確認できるでしょう。画面の一番上に位置し、「ファイル」や「編集」、「表示」などの項目が表示されている部分をメニューバーといいます。その真下のバーはコントロールバーです。選んだコマンドによってコントロールバーに表示される内容が変わる仕組みで、ここで詳細を指定していくことになります。

作図エリアの下にはステータスバーがあり、操作の説明やヘルプが表示されます。ステータスバーの右端は特に重要で、用紙サイズや縮尺を設定する部分です。指定と異なる縮尺で作業を始めてしまうと取り返しのつかない状況にもなりかねないため、作図を始める前にしっかり確認しておきましょう。

作図エリアの左右はツールバーと呼ばれます。コマンドのショートカットだと考えるとわかりやすいかもしれません。メニューバーからコマンドを選んで実行することもできますが、ツールバーを使うとより簡単に操作できるのです。また、普段使わないコマンドを隠すことも可能です。やり方は簡単で、メニューバーの「表示」から「ツールバー」を選んで、表示される「ツールバーの表示」画面で表示したくないツールのチェックを外すだけ。作図エリアを広く取りたいときなどには便利でしょう。

実際に基本設定をしてみよう

いよいよ、初期設定を始めましょう。メニューバーの「設定」を選んで、プルダウンメニューから一番上の「基本設定」を選択します。すると、基本設定画面が表示されたのが確認できるでしょう。これが初期設定のメイン画面です。ちなみに、右側ツールバーのなかに「基設」という項目がありますが、これは基本設定画面を開くためのショートカットです。ワンタッチで画面を呼び出せるため便利です。

基本設定画面は「一般(1)」「一般(2)」「色・画面」などといった8つのタブで構成されます。初めてJWCADを起動したばかりの段階では、各項目がどんな意味なのかわかりにくいのではないでしょうか。初めから最適な設定をしようとするのではなく、使いながら調節していくのが効率的です。初期設定のままでも困らない項目も少なくありませんが、特に注意したほうが良い点に絞ってみていきます。

設定を変える部分が一番多いのは「一般(1)」のタブです。JWCADではオートセーブ機能があるので、「オートセーブ時間」で自分にあった数字を指定しましょう。クロックメニューはJWCAD独自のマウスを使った操作法で、最初は「使用しない」にしたほうがわかりやすいかもしれません。

チェックを入れたい項目は「読取り点に仮点表示」と「消去部分を再表示する」、およびファイル読込項目に含まれる「線色要素・線種パターン・点半径」と「描画・印刷状態」および「文字基準点ずれ」の3つです。「用紙枠を表示する」と「入力数値の文字を大きくする」および「ステータスバーの文字を大きくする」にもチェックします。

タブ下方の「画像・ソリッドを最初に描画」と「レイヤー順」、「新規ファイルのときレイヤー名・状態を初期化、プロフィール・環境ファイルを再読込み」にチェックを入れたら「一般(1)」の設定は完了です。JWCADを使っていくうちに各項目の意味が徐々にわかってくるはずです。「使いにくい」「イメージ通りに動作しない」と思ったときに少しずつ調整していけば良いでしょう。

その他の設定について

「一般(2)」で重要なのは、画面移動の設定です。「矢印キーで画面移動、PageUp・PageDownで画面拡大・縮小、Homeで全体表示にする。」にチェックを入れましょう。JWCADの画面移動にはいくつかの方法があり、キーボードを使えるのが大きな特徴です。矢印キーやPageUp・PageDownボタン、Homeキーで画面移動する方法に慣れると大変便利です。「一般(2)」タブのもっとも右下にあるマウスホイールの+か-にチェックを入れると、マウスホイール操作だけで画面の縮小拡大ができます。自分にあったほうを選びましょう。

JWCADでは画面で書く線と印刷する線を別々に設定する必要があります。「色・画面」のタブで設定していきましょう。「実線を表示倍率に比例して描画」のチェックは外したほうが良いかもしれません。線が太くて細かい部分が書きにくい場合があるためです。

初期設定が終わったら保存しておきましょう。メニューバーの「設定」を選んで、表示されるプルダウンメニューから「環境設定ファイル」を選びます。さらに「書出し」を選び、JWCAD本体をインストールしたフォルダに「jw_win.jwf」というファイル名で保存しましょう。JWCADを起動したときに、自動的に基本設定が読み込まれます。

JWCADが使いにくいと思ったら有償CADの検討も

JWCADにはユーザーのニーズに合わせて改良を積み重ねてきた経緯があり、さまざまな種類やバージョンが存在します。そのため、パソコンの環境に合わせたJWCADを選ぶことが重要になってきます。パソコンのOSやバージョンとマッチしないと正常に動作しないこともあるためです。

JWCADには豊富な外部変形があり、自分の使いやすいようにカスタマイズしていくことが可能です。しかし、パソコンに慣れていない人にとってはプラグインをインストールすることさえ容易ではないかもしれません。問題が起こったとしても、自分でネット検索して解決方法を見つけ出す必要があり、解決できないと業務が止まってしまう恐れも出てきます。業務効率化を目指してCADを導入したはずなのに、時間や手間がかかって業務にしわ寄せが及ぶようでは本末転倒です。

CADには、無償のものと有償のものがあります。有償CADは通常安価ではありませんが、スタッフによるサポートが得られるのがメリットといえるでしょう。操作でわからないところが出てきたときも、すみやかに対応してもらえるため業務時間を無駄にせずに済むのです。

特にパソコンが苦手な人にとって、操作方法を直接スタッフから教えてもらえるメリットは計り知れません。有償CADを選ぶときは、ソフトの性能だけでなくスタッフサポートの質についても考慮する必要があるでしょう。

【プラスバイプラス】徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

【主にJw_cadの情報】Jw_cadで図面を書く前に基本設定をしよう!初心者向けの基本設定はこれ!!

プラスバイプラスの水道・電気CADの魅力とは!

プラスバイプラスが提供する電気・水道CADの特徴として、パソコンが苦手な人でも操作しやすいことが挙げられます。図面作成で使用する専用記号、配線配管はソフトウェアに搭載されており、自ら作成したり拾い出しをしたりする必要がありません。見積もり書の作成はワンタッチで完了します。スタッフサポートが手厚いことにも定評があります。手書きからの脱却を考えているなら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ピックアップコンテンツ