• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

ハウツーブログ

JWCADだけじゃない!円の塗りつぶしをCADでする方法と使いやすいCADソフトの紹介
  1. JWCAD

JWCADだけじゃない!円の塗りつぶしをCADでする方法と使いやすいCADソフトの紹介

建築や電気、水道工事関係の仕事に従事している人の中には、図面を書く作業を効率化したいと考えている人も多いでしょう。または、CADを使って書いているけれどもうまくいかないことがある、という人もいるはずです。より簡単に使えて、わからない時には教えてくれる人がいる環境があれば、もっと作業は楽になります。楽に、そして効率化して浮いた時間があれば、よりビジネスの部分に時間を費やすこともできます。ここでは、図面作成ソフトとして人気の高いJWCADの使い方の一部と、より便利なCADソフトを紹介します。

JWCADで円の塗りつぶしをする方法

今まで手書きで電気や水道工事などの図面を書いていた人が、作業の効率化やキレイに図面を描きたいがためにCADを導入するというケースは多いでしょう。また、CADを使用していたけれど、もっと簡単なソフトを使いたいという理由でたどり着いたのがJWCADだったという話も聞きます。JWCADはとてもよくできたソフトなので、パソコン経験が少ない人でも利用できる貴重なCADです。では、このJWCADを使って円の塗りつぶしをしたい場合の方法について説明します。

まず、塗りつぶしの方法には2つのやり方があります。1つはソリッドといって、ベタに1色で塗りつぶす方法です。もう1つは、ハッチングという方法です。ハッチングは、色を塗りたい対象物に線を引き、その中を塗っていくやり方です。積み重ねたレンガをイメージすると良いでしょう。実際、レンガ柄を作ることもハッチングでできます。ソリッドでは、円だけでなくさまざまな多角形を塗りつぶすことが可能です。図面上で、ロゴマークや目印となるものを作成するなど、使い方は幅広いです。では、実際に円形を塗りつぶしてみましょう。ここでは、ソリッドで塗りつぶす方法を紹介します。

作業は「作図」から行います。そこで「多角形」を選択すると、コントロールパネルが表示されますので、右端にある「任意」をクリックしましょう。次に「ソリッド図形」を選択します。そこまでできたら、今度は「色」を選びます。塗りたい色を選んだら、その色をクリックし、続いて「円・連続線指示」を選択してください。そして、塗りたい図形を選べば完了です。実際、簡単な作業ではあるのですが、慣れないうちは確認しながらやらなくてはならなかったり、塗り残した場所がどうしてもうまく塗れないなど、トラブルも起きてしまうものです。

JWCADはクライアントが導入しているから、という理由で使っているという人も少なくないでしょう。簡単な使い勝手と利用者の多さ、そして無料ソフトであるという点で利用者が非常に多いのですが、こういったトラブルを助けてくれる人がいればと願わずにいられない場面も出てくることがあります。

【Jw-cadの教科書】塗りつぶし
【Jw-cadの教科書】塗りつぶし

【plusCAD機械α】水道設備の図面・見積り作成CADソフト

プラスバイプラスならサポート体制が万全

JWCADと同じく、電気や水道工事の図面作成用CADであるプラスバイプラスの「plusCAD」シリーズならば、万全な体制で利用者の作業をサポートしてくれます。ソフトを使っていてわからないところは、気軽に電話で相談することが可能です。また、電話だけではわからない点があれば訪問でのサポートやインターネットでの遠隔サポートを受けることができるので、安心して利用することができるでしょう。ちなみに、そもそも導入することに不安を感じる際も、実際にスタッフが訪問してソフトの使用をデモンストレーションして見せてくれます。ですから、自分たちに使えそうなソフトかどうかを、目で見て確かめてから導入することができるのです。

プラスバイプラスなら機能が充実

図面を作成するうえでは、さまざまなシンボルメニューを利用してわかりやすい内容にしたいと考える人が多いでしょう。plusCADシリーズでは、シンボルメニューが豊富に用意されているので、インターネットで探して拾ってくるといった必要がなく、図面作成がとてもスピーディーに進みます。しかも、plusCADシリーズは手書き図面やPDFファイル、そしてJWCADのファイルなどを取り込み、その図面に対して修正や加工をするといった操作も可能です。すなわち、plusCADシリーズを使っていない人との間でもある程度の互換性が持てるというわけです。

便利な機能は作図関係のみではありません。図面上で使われた配管や継手を元にボタン一つで見積もり書を作成することができるのです。原価の計算や材料のリストアップ、見積書から請求書、そして納品書まで連動させることができるので、少ない人手で作業しなければならない環境でも、とても便利に使用することができます。スタッフの労務費まで管理することができるので、まさに「一家に一台欲しい」といわしめる大活躍のCADソフトなのです。

プラスバイプラスでワンストップ作業を実現

このように、プラスバイプラスは幅広い機能を持っています。機能が充実していると、使い方が難しい場合も多いですが、パソコンが苦手な人にもマウスだけで簡単に使えるように設計されています。簡単でわかりやすく、操作がしやすいので、必然的に作業時間も短縮できるのです。図面作成から会計、労務管理に関することまでをワンストップで行うことができるplusCADシリーズ。作業の効率化や難しいパソコン作業から解放されたいと思っている人は、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 

ピックアップコンテンツ