• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

JWCADとは?AutoCADとはどこが違うのか

JWCAD
JWCADとは?AutoCADとはどこが違うのか

図面を描くときにCADを使ったほうがいいのは分かっていても、パソコンが苦手な場合には、なかなか踏み切れない人もいるでしょう。実際に導入してみて使えるかどうかは誰でも気になるものです。建築や水道配管の図面を描くには、JWCADがよく使われています。しかし、AutoCADとはどう違うのかが分からない人もいるかもしれません。JWCADの特徴や基本的な使い方、そして、AutoCADとの具体的な違いについて説明します。

JWCADとは?

JWCADとは、2次元汎用CADソフトで、OSはWindows VISTA以降の7と8、そして10で使用できます。1997年に初版が登場して以来、何度もバージョンアップを繰り返し、建築図面用CADとして使われています。JWCADを入手方法は簡単で、公式サイトにアクセスし、そこからダウンロードするだけです。初版登場以来、ずっと無料で入手できるというスタイルで、建築図面に対応したCADの中では愛用者が多いCADソフトといえるでしょう。
1997年というと、まだドラフターを使用しての手描き図面が主流だった時期です。そういった背景があるためか、JWCADにはドラフターの延長のような使用感が残っています。入手方法が無料というだけで、マニュアルはさまざまなところから出版されていますから、操作法が分からないという心配は要りません。動画でも紹介されているので、ネット環境さえ整っていれば、誰でも気軽に見ることができます。講習なども行っている団体があるので、参加することでさらに詳しい使い方の習得は可能です。また、公式サイトではユーザー同士の情報交換もできます。

JWCADの基本的な使い方

JWCADは、ドラフターと同じように図面を一から描いていくCADソフトです。ドラフターで手描きしている人なら分かるでしょうが、パーツや線一本にいたってもすべて基本は自分で作図します。そこに、パソコンで操作するメリットが加わっているのです。例えば、ドラフターで円を描くときは円定規を使いますが、JWCADは描く位置をマウスで指定し、サイズを数字で入力するといった方法で作ります。動画配信サイトを見ると、一般の人から工事関係者まで、さまざまな人がJWCADの使い方を説明してくれています。ただし、人それぞれ細かい手順は違うので、人によっては混乱するかもしれません。
JWCADの効率的な使うには、初めに作図に使うパーツや必要な部材を、画面上で作図しておくといいでしょう。パーツをひとつずつ作っていく作業は、グラフィック系CADにもあります。adobe社で出ているイラストレーターのようなプロ用グラフィック系CADを使いこなせている人であれば、簡単に作れるでしょう。JWCADは、必要なパーツや部材をひとつずつ作画し、それを保存しておけます。図面を描く前や、空いている時間に必要な部材をどんどん作って保存すれば、普段の作業も多少スピードアップできるかもしれません。

JWCADがよく使われている理由

JWCADがよく使われている理由の1つは、無料でダウンロードできるという点でしょう。CADソフトは高額なものが多く、個人では購入を迷うことがあるかもしれません。有料のCADソフトは高額な上に使い方が難しいものが多く、せっかく購入しても使えないということもあります。その点、JWCADは無料でダウンロードできるため、有料のCADソフトより気軽に始めやすいのが特徴です。
そして、もう1つの理由としては、国内の製図用CADとして早い段階で開発されたということも外せません。JWCADを初版から使い、マスターした人にとって馴染みのあるソフトであり、普及しやすかったという理由があげられます。作図が必要な就職先でも、CADの知識として求められるのはJWCADが多く、手描きから移行する手段としてJWCADを使っている人は多いでしょう。しかし、その反面で、なかなか使い方がマスターできずに苦戦している人は少なくありません。

AutoCADとは

AutoCADとは、オートデスクから販売されている汎用CADソフトです。JWCADとの違いは、まず有料ソフトであるということでしょう。水道配管の図面を描く際にも使え、配管に必要な部材があらかじめ保存されています。配管部材が用意されているという点も、JWCADとの違いです。水道配管の基本的な図面の描き方は、まず水道管の材質やサイズを選択し、経路を作っていくところから始めます。中心線などは、設定すれば自動で描いてくれるので、この点は楽です。水道管を配置できたら、用意されている継手などを選択し、描いておいた水道管の上に配置していきます。場所によって部材の向きを変えるなどの微調整をして完了です。
AutoCADは、Windows VISTA、7、8、10で使うことができます。動作環境はJWCADとほとんど共通しています。AutoCADは、公式サイトをはじめ、さまざまな取り扱いサイトで購入可能です。製品版を購入すればマニュアルも付属していますが、分からない場合は動画も紹介されています。

AutoCADの特徴

AutoCADは、使う人のニーズに合わせて、いくつかのタイプに分かれて製品化されています。価格も、サポートや機能に応じてさまざまです。ただし、プロ用CADソフトということで、安い製品でも相応の値段はします。2次元の図面を製図するという点では、JWCADもAutoCADも、どちらも慣れれば使いこなすことは可能でしょう。AutoCADの方が、微調整などを自動でできるという点では使いやすいかもしれません。
しかし、AutoCADの一番の特徴は、単なる製図用CADとしての枠に収まっていないという点です。AutoCADは、CADソフトとしてみても高額な製品が目立ちます。それは、AutoCADが単なる製図用CADではないからです。3Dグラフィックも可能で、リアルな建築パースを必要とする建築会社に向いています。建築にグラフィックソフトの要素を入れ、クリエイティブな面に力を入れているという印象です。AutoCADは世界的シェアも高く、導入しているのは大手建築会社や建築デザイン事務所が多い傾向があります。

すべてがマウスで描けるCAD

JWCADもAutoCADも、作図にはマウスだけでなくキーボードも使います。また、図面の描き方については、さまざまな講習を受けて習得するというケースは少なくありません。つまり、初心者やキーボード操作が苦手な人にとって、覚えるのは難しいといえます。研修は受けなくても、動画や解説本だけで習得でき操作方法もあります。しかし、パソコンに慣れていない場合には時間はかかるでしょう。パソコンが苦手な人にとって理想的なのは、すべての工程をマウスで完了できることです。マウスだけの操作であれば、キーボードが苦手でも打つ必要がありません。キーボードで文字を探す動作に時間がかかると、それだけで大変な作業です。
キーボードが苦手でパソコンを敬遠してしまうという人のために、キーボードの操作を一切はぶいたCADソフトがあります。それが、プラスバイプラスのplus CADです。AutoCADのように部材が初めから入っているので、それをマウスで選択し、置きたい場所に運ぶだけで製図ができます。plus CADの特徴は、平面図の製図と同時にアイソメや縦断図まで勝手に作ってくれることです。意外と手間がかかる引き出し線に至っても自動で描いてくれます。さらに、材料の拾い出しや見積もりまで一気に作ってくれるという優れものです。分からない点は動画やマニュアルではなく、直接教えてもらえます。パソコンが苦手でCADの導入を迷っている人に、向いているでしょう。

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中