• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

JWCADの効率的な中心点の取り方とは

JWCAD
JWCADの効率的な中心点の取り方とは

図面を作成する人は、誰もが速く正確な図面を描きたいと思っているものです。
そうはいっても、図面を速く正確に描くにはCADソフトの利用が不可欠です。
しかし、せっかくのCADソフトも上手く使いこなせなければ、利用する意味がありません。
特に正確な作図に必須ともいえる中心点の取り方に手間取っていては、効率が悪くなってしまうでしょう。
この記事では、無料のCADソフトとして利用者の多いJWCADにおける中心点の取り方について紹介します。

中心点機能を覚えておく必要性

JWCADにおける中心点とは線や円の中心を自動的に割り出し、簡単に中心点から図形を描くことができる機能です。
図面を描くときに大切なことは正しい寸法で作図していくことですが、手書きの図面を利用している人は定規などで毎回寸法を測らなければいけません。
また、CADソフトを使っている人のなかには中心点のことをよく知らずに作図することで、余計な時間をかけてしまっている人もいます。
ところが、JWCADでちょっとした工夫をすれば簡単に中心点から図形を描けるのです。
しかも、中心点の割り出しはコンピューターが計算するので、すばやく正確に行われます。中心点機能を上手に利用することで、作業時間の短縮につながりますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

補助線を使った中心点の出し方

矩形や円といった図形の場合は、補助線を引いて中心点を出すという方法があります。
とはいうものの、目測で補助線を引くわけではありません。中心点を割り出す補助線を引くときは、便利な機能である「中心線」コマンドを利用します。
矩形の中心点を補助線で割り出すときは、まず対象となる図形を描きます。
その後、線属性の変更メニューの下部にある「補助線色」と「補助線種」を選択します。
つぎに、画面左側のツールバーのなかから「中心線」ボタンをクリックし、対象となる矩形の4辺を左クリックで指定します。
すると、自動的に中心線が引かれますので、その交点が中心点となります。

一方、補助線を利用して円の中心点を割り出す場合は、多少手間がかかります。
手順としては、まず矩形と同様に補助線を引いて中心点を出すところまでは同じです。
その後、左ツールバーのなかから「円(○)」ボタンをクリックして、中心点付近で右クリックしましょう。
すると、マウスポインタをスライドさせることで、任意の大きさの円が描けるようになります。
そして、左クリックで確定すれば完成です。このときに大切なのは、円を描くときに必ず右クリックで中心点付近を指定することです。
右クリックをすることで点読取機能が働き、中心点を目で正確に確認しなくても自動的に中心点から円が描かれます。

 

クロックメニューを使った中心点の出し方

補助線を引いて中心点を割り出す方法はそれほど難しい操作ではありませんが、手間がかかります。
そこで、もっと簡単に中心点を割り出すための機能としてクロックメニューを利用する方法があります。
クロックメニューとは、パソコンの操作におけるショートカットキーのようなもので、マウスをドラッグさせた方向のコマンドを実行するものです。
1時~12時方向までのコマンドをあらかじめ登録しておけるので、クロックメニューと呼ばれています。
中心点を割り出すためのクロックメニューは、デフォルトでは3時方向に指定されています。
手順としては、まず左ツールバーにある「点」ボタンをクリックしましょう。
このとき、コントロールバーの「仮点」にチェックを入れておきます。
つぎに、対象となる図形の上で右クリックして、クロックメニューが表示されるまで、そのまま3時方向にドラッグするだけです。
この方法のメリットは、円でも矩形でも同じように操作できることです。
クロックメニューはとても便利な機能ですので、中心点以外の機能についても知っておくとよいでしょう。
ただし、注意すべき点としてクロックメニューに移行するまでのドラッグ量があげられます。
「中心点を割り出すのにクロックメニューを表示させようとしてもできない」という人がいますが、その原因の多くはドラッグ量が足りないからです。右クリックをして3時方向にドラッグしてもなかなかクロックメニューが表示されないときは、基本設定のなかの「一般(1)」というタブを確認してみましょう。
そのタブの右上のほうにある「クロックメニューに移行するドラッグ量」という欄の数字を小さくすれば、少ないドラッグ量でもクロックメニューを表示させられます。

 

操作方法に悩んだらプラスバイプラスのCADソフトを検討してみよう

JWCADは非常に優れたCADソフトなので、たくさんの人が利用しています。
しかし、無料ソフトであるがゆえにサポート体制が提供されていないのがデメリットです。
せっかく素晴らしいソフトも、使いこなせなければ何の役にも立ちません。
CADソフトの操作方法にたびたび悩んでいる人は、プラスバイプラスのCADソフトを利用してみるという方法があります。
プラスバイプラスでは「訪問」「電話」「通信」といった3つのサポートが充実しており、操作方法に困ったことがあれば何でも相談できるのはとても助かります。
少しでも効率的に作業したいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

▼「訪問」「電話」「通信」3Wayサポートで安心!「plusCADシリーズ

▼電気工事に特化した「plusCAD電気α」

▼水道工事で申請書に特化した「plusCAD水道V」

▼水道工事で申請図面に特化した「plusCAD水道J」

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中