• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

JWCADの上手な使い方やメリットを解説!PDFへの変換も簡単!

JWCAD水道CAD電気CAD
JWCADの上手な使い方やメリットを解説!PDFへの変換も簡単!

JWCADとは、コンピューターを使用して2次元の建築用製図が描けるソフトウェアです。製図ソフト全般をCADと呼びますが、そのなかでも、JWCADは使い方が簡単なうえ、無料でダウンロードできるため広く普及しています。建築業界で使われることが多く、これから製図を学ぼうとしている学生にとっても手軽に練習できるソフトです。この記事では、JWCADのメリットやPDFへの変換方法などを解説していきます。

CADとはどんなものなのか?

「Computer Aided Design」を省略したCADは、コンピューターで製図や図面の管理などが行える便利なソフトウェアです。従来は手書きで行いましたが、修正後も必要な線だけをきちんと残したり、線の太さを一定に保ったりするには技術と経験が求められます。しかし、CADを活用することでそういった手間が省け、製図の完成度に集中できるのは大きなメリットでしょう。また、CADで描かれた図面はデータとして保存できるため、その管理も容易になります。データをPDFファイルに変換しておけば、ほとんどのコンピューターで閲覧でき、データ容量も抑えられます。

CADの使い方と種類を紹介

CADには、特定の分野にしか使用されない専用CADと、さまざまな業界で使用されている汎用CADの2種類があります。JWCADは汎用CADですが、建築士によって開発されたこともあって建築分野での機能性が高いです。そのため、自然と建築業界で使用されることが増え、建築汎用CADと呼ばれることもあります。公式サイトから無料ダウンロードできるフリーソフトであることから、もっとも知名度が高いCADソフトのひとつといえるでしょう。

JWCADと同様にさまざまな分野で使用されているCADソフトには、AutoCADがあります。JWCADは2次元の製図しか行えませんが、AutoCADは家やビルを立体的に表現できる3次元にも対応しています。ただし、料金を支払って使用する有償ソフトとなります。有償ソフトはコストがかかりますが、その分サポート体制が充実しており初心者でも使いやすいです。

JWCADを使うメリットとは?

JWCADを使うメリットは、CADに不慣れな人でも使い方が簡単なことと、無料で誰でもダウンロードできることです。フリーソフトでは、基本的な使い方やサポートを受けられません。しかし、利用者が多いこともあって、ネットや書籍で上手に情報を集められれば、初心者でも十分に使いこなせるようになるでしょう。JWCADは特に建築業界における機能性が高く、導入コストもかかりません。そのため、これからCADソフトを用いた製図を学ぼうとしている学生にとってもJWCADは学習に必須といえます。

JWCADは2次元の平面図や、2.5次元の透視図を作成することができます。従来の手書きによる製図と比べると、修正作業やデータ管理は格段に便利になりました。そのほかにも、不動産屋でよく目にする建具や設備などの製図や日影図作成機能も搭載しており、マウスで簡単に操作が行えるクロックメニューと合わせて非常に有用なソフトです。

JWCADの図面をPDFファイルに変換する方法

JWCADで作成した図面は、そのままデータファイルとして保存することができます。従来のように紙の図面を保管しておく必要がなくなり、データ管理が容易になりました。JWCADの図面は、ほとんどのコンピューターで閲覧することができるPDFファイルへ変換することも可能です。社内での会議や取引先との打ち合わせなどで情報を共有する際に便利となるため、PDFファイルへの変換方法も知っておきましょう。

JWCADにはPDFファイルへ変換する機能がありません。そのため、PDFへの変換にはソフトウェアをインストールして利用することになります。変換のためのソフトは、「CubePDF」や「PrimoPDF」などが便利です。いずれも無料でダウンロードができて、導入コストがかかりません。また、PDFファイルの変換ソフトには、日本語版と英語版が混在しています。インストール後の操作は日本語の説明があったほうが簡単でしょう。上記のソフトはどちらも日本語対応となるためおすすめです。

【株式会社プラスバイプラス】PDF読み込みをマスターしてJWCADを快適に使う方法

 

無料CADソフトにデメリットはあるのか?

無料CADの1つ目のデメリットとしては、まったくの初心者には使いにくいことです。有償ソフトであれば、そのソフトを提供している企業からのサポートを受けることができます。そこには、ソフトの導入方法や基礎的な使い方をアドバイスしてくれる人的なサポートから、電話やネットを経由してのトラブルシューティングまで含まれるでしょう。こういった万全なサポートが必要であれば、有償ソフトの利用を考える必要があります。

2つ目のデメリットとしては、JWCADは3次元の製図に対応していないことです。3次元の製図は、2次元のものよりも仕上がりの形をイメージしやすいというメリットがあります。そのことから、今後は3次元の製図が主流になっていく可能性が高いです。CADソフトに慣れるためにはJWCADは有用ですが、3次元の製図を学びたい人は有償ソフトと併用しましょう。3つ目のデメリットは、JWCADにだけ慣れてしまうと、他の汎用CADや専用CADへの対応が難しくなることです。就職先や仕事の種類によっては、特定の分野で強みを発揮する専用CADを利用することになります。その際に、JWCADの使い方しか学んでいなければ戸惑ってしまうでしょう。JWCADだけでなく、いくつかのCADソフトを使い分けることができるようになるのが望ましいです。

有償CADソフトは充実したサポート体制と多様な機能が魅力

2次元の製図を作成するならば、JWCADは非常に有用なソフトです。使い勝手が良く、必要十分な機能も搭載されています。導入コストがかからないことも大きなメリットで、個人事業主などの中小企業において広く普及しています。しかし、ソフトの導入・使用方法の詳しい説明や、トラブル時のサポートなどが充実しているのは、有償のCADソフトになるでしょう。たとえば、有償の汎用CADとして広く普及しているAutoCADは、CADの扱いに慣れていない人を対象に、電話やネット、メーカーサイトでのサポートが受けられます。それに対して、JWCADの利用者は、独自に調べるか、詳しい人に相談することで問題を解決するのが基本です。

また、有償のCADソフトの多くは、製図だけでなく業務全般に関わる多様な機能が搭載されています。他のユーザーとデータを共有したり、プロジェクトごとに検索やファイルの範囲を指定したりと、自由にデータを管理することが可能です。製図に関しても、特定の分野に特化した専用CADを利用したい場合には、アプリケーションをダウンロードしてすぐに利用できます。

 

プラスバイプラスの電気CADと水道CADを紹介

CADソフトウェア業界において、独自の経営戦略で注目を集めているのがプラスバイプラスです。主に電気と水道の専門CADを開発・販売しており、コンピューター初心者でも簡単に利用できる商品に強いこだわりを持っています。有償の専用CADはさまざまな機能が搭載されている商品が多く、CADを使い慣れた人ならば便利です。しかし、CAD初心者や普段コンピューターを使わない人にとってはわかりにくいこともあるでしょう。プラスバイプラスは、多機能なソフトよりも操作方法が簡単な商品が欲しいという顧客のニーズにしっかりと対応しています。

また、プラスバイプラスでは保守サポート費用を無料にしています。さらに、訪問と電話、ネットによる遠隔サポートという3つの方法でサポート体制の充実を図っています。JWCADのような無料ソフトは使い勝手が良いですが、サポートはまったく期待できません。プラスバイプラスのような手厚いサポートがあると、顧客は安心してCADソフトを使うことができるでしょう。

【プラスバイプラス公式サイト】ご挨拶

【プラスバイプラス公式サイト】【新発売】plusCAD水道 J

【プラスバイプラス公式サイト】plus CAD 電気α

自分の要望に合致したCADソフトを選ぼう

それぞれのCADソフトには異なる特徴があるため、自分の要望に合致したCADソフトを選ぶ必要があります。JWCADは使いやすさと無料なことが大きなメリットです。その一方で、有償なCADソフトは多くの機能と充実したサポートが期待できます。そのちょうど中間部分で、顧客のニーズに対応しているプラスバイプラスの商品も注目です。複数のCADソフトを併用しながら、自分の仕事にもっとも適した商品を探してみるのも良いでしょう。

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中