• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)

JWCADの作図をワードやエクセルに貼り付けるには?

JWCAD
JWCADの作図をワードやエクセルに貼り付けるには?

作成した図面を客先に送る際、必要に応じてエクセルやワードに貼り付ける場合があります。
または、PDFに変換したほうが良いという人もいるでしょう。
ここでは、JWCADで作図したあとにエクセルやワードに貼り付ける方法や、
PDFへの変換方法について解説します。
また、作図ができたら、工事にかかる費用の見積もりも必要です。
作図に沿ったエクセルでの見積もりの作り方と、時間が大幅に短縮できる見積もりの
作成方法についても説明していきます。

JWCADの図面をワードに貼り付ける方法

JWCADで作図した図面をワードに貼り付けることで、JWCADをワードで閲覧できるようになります。
JWCADはなくてもワードがインストールされているパソコンであれば、図面の確認ができて便利です。
JWCADで作図した図面をワードに貼り付けるには、専用のソフトも出ています。
ソフトを使えば簡単ですが、使わずにできる方法もあるので、覚えておくといいでしょう。

最も簡単な方法では、図面をそのまま画像として貼り付けるやり方です。
まず、貼り付けたい図面を開いておきます。その状態で画面をキャプチャしましょう。キャプチャはキーボードで操作します。
「Alt」キーを押しながら「Print Screen」を押せば、画面に表示されている図面がそのままコピーできます。
または「Fn」キーと「Alt」キーを押しながら「Print Screen」キーを押すなどもあり、パソコンによって方法は異なります。
あとは画像としてワードに貼り付けるだけで完了です。
不要な箇所はトリミングするなどし、見やすく加工してあげるといいかもしれません。

 

JWCADの図面をエクセルに貼り付ける方法

エクセルにJWCADの図面を貼り付ける場合も、まず貼りたい図面を開いておきます。
その先はワードに貼り付けるときと要領は同じです。画面をそのままキャプチャしましょう。
そして、エクセルに画像として取り込みます。ポイントはキャプチャができること、そして、エクセルへの画像取り込みができることです。
この2点さえできれば、簡単にJWCADの図面をエクセルに貼り付け、エクセルファイルとして客先に出すことができます。
ワードもそうですが、キャプチャするやり方は、あくまで閲覧しかできません。
図面を編集することはできないので、編集が必要な場合には使えない方法です。
しかし、客先が図面の確認さえできればよいという場合には、このやり方はとても手軽で簡単です。
どうしても、図面をすぐに送らないといけない場合は、覚えておくと重宝します。
ただし、客先のパソコンにエクセルがインストールされていることが前提です。そもそもエクセルが入っていないと閲覧すらできません。

 

ソフトを活用してエクセルやワードに貼り付ける

JWCADの図面をエクセルやワードに貼り付ける方法として、専用のソフトを使うのも一般的なやり方です。
JWCADからエクセルやワードに貼り付けるソフトはいくつかありますが「Jww to MF」というソフトがフリーソフトとして出ています。
ダウンロードして使って見ましょう。

最初に貼り付けたい図面を開いておきます。
次に、コピーする図形を選択して「編集」から「コピー」を選択します。
この状態で「Jww to MF」を立ち上げてみましょう。すると、JWCADで選択した図形が表示されます。
表示が確認できたら、ツールメニューの「ファイル」から「クリップボードに画像をコピー」を選択します。
ここまでできたら、次にエクセルを立ち上げましょう。
「編集」から「形式を選択して貼り付け」を選択し、さらに「拡張メタファイル」形式を選択します。
この手順で、エクセル上に図形を貼り付けることができます。
ワードに貼り付ける場合でも、基本のやり方は同じなので試してみましょう。
「Jww to MF」を使うメリットは、エクセルやワードで貼り付けた図形を、ひとつずつ編集できることです。

 

JWCADの作図をPDFに変換できる?

エクセルやワードで閲覧するには、あらかじめパソコンにエクセルまたはワードが入っていなければなりません。
このいずれかのファイル形式で客先から指定があった場合は問題ないでしょうが、指定がない場合に貼り付けて送っても開けない可能性があります。
その場合は、ほかの形式に変えたほうが閲覧しやすいでしょう。
PDFならプリンターでの印刷もしやすく、パソコンでの閲覧にも柔軟性の高い拡張子です。
特にファイル形式の指定がなく、閲覧や印刷を目的にしている場合にはPDFに変換して送ると親切です。
JWCADで作図した図面を、そのままPDFファイルに変換するにはAdobe社で出している「Acrobat」のプロ版である「Acrobat Pro」を入れておく必要があります。
通常、PDFファイルを閲覧するだけであれば無償提供の「Acrobat reader」があれば問題はありません。
しかし、PDFに変換をするには、有償の「Acrobat Pro」を使います。
「Acrobat Pro」をインストールしたパソコンで、変換したい図面を開いておきます。
次に、印刷画面からプリンターを選択して「AdobePDF」を選びましょう。そのまま保存をすればPDF変換されたファイルになります。

 

JWCADで作図した内容をエクセルで見積もりにする

JWCADで作成した図面の内容をそのまま見積もりに反映させるには、個別に見積もりを作るしかありません。
JWCADとエクセルは、連動しているわけではないからです。
まず、JWCADで作図を完成させてから、その内容に沿った工事の内容で見積もりを作成していきましょう。
その前に、エクセルで見積もりのフォーマットを作成しておく必要があります。
エクセルで見積もりを作るときには、初めに表を作り、そこに工事内容や数量、単価、そして合計といった項目を作っていきます。
さらに、入力した数量や単価を自動計算してもらうための関数式を設定しておくのが一般的です。
実際に入力する項目や金額などは、それぞれ入力するしかありません。
マクロを使いこなすことができれば、あらかじめ用意した材料やそれぞれの単価を自動で入力することは可能でしょう。
しかし、マクロを使って自動入力をするには、設定をしておかなければなりません。
また、マクロ設定ができたとしても、材料の金額に変動があれば、その都度設定を変える必要が出てきます。
そもそもパソコンが苦手な人にとっては、なかなか大変な作業になります。

 

作図と同時進行で見積もりを作る方法

JWCADで作図した図面をエクセルやワードに貼り付ける方法はいくつかあります。目的に合わせて上手に使ってみましょう。
作図する時間を短縮するには、作業が簡単に済むCADソフトを使う方法も選べます。
ひとつの操作を行うのに、いくつものコマンドを使わなければならないと、その分だけ時間がかかります。
なかでも手間がかかるのは、工事に使う材料や既存の部材までイチから作成する場合です。
JWCADの場合、一度作った図形を保存しておく機能があるので、時間があるときに作っておけば時間の短縮はできます。
しかし、材料の規格が変わった場合は、その都度作り直しが必要です。
プラスバイプラスの電気CADや水道CADなら、一般的な材料や部材データがあらかじめ入っています。
作図するには、材料や部材データから必要なものを選択し、それを配置するだけです。
しかも、マウスだけの作業でできるので、初心者でも簡単に作図することができます。
さらに、作図と同時に見積もりが完成するので、図面を書いたあとに見積もりを作る手間もかかりません。
しかも、見積もりは簡単にエクセルデータにも変換できます。
プラスバイプラスなら、作図と見積もりでそれぞれにかかっていた時間を短縮できるため、実際に使っているユーザーにも好評です。
時間が短縮できる分だけ、仕事の量を増やすことができますし、プライベートの充実にもつながることでしょう。

【プラスバイプラス】1から図面を起こすのは本当に速いです。1回直接見せてもらえばわかります。

 

JWCADの作図をワードやエクセルに貼り付けについてよくある質問

JWCADの図面をワードに貼り付ける方法とは?

JWCADで作図した図面をワードに貼り付けることで、JWCADをワードで閲覧できるようになります。
JWCADはなくてもワードがインストールされているパソコンであれば、図面の確認ができて便利です。
JWCADで作図した図面をワードに貼り付けるには、専用のソフトも出ています。
ソフトを使えば簡単ですが、使わずにできる方法もあるので、覚えておくといいでしょう。

最も簡単な方法では、図面をそのまま画像として貼り付けるやり方です。
まず、貼り付けたい図面を開いておきます。その状態で画面をキャプチャしましょう。キャプチャはキーボードで操作します。
「Alt」キーを押しながら「Print Screen」を押せば、画面に表示されている図面がそのままコピーできます。
または「Fn」キーと「Alt」キーを押しながら「Print Screen」キーを押すなどもあり、パソコンによって方法は異なります。
あとは画像としてワードに貼り付けるだけで完了です。
不要な箇所はトリミングするなどし、見やすく加工してあげるといいかもしれません。

JWCADの図面をエクセルに貼り付ける方法とは?

エクセルにJWCADの図面を貼り付ける場合も、まず貼りたい図面を開いておきます。
その先はワードに貼り付けるときと要領は同じです。画面をそのままキャプチャしましょう。
そして、エクセルに画像として取り込みます。ポイントはキャプチャができること、そして、エクセルへの画像取り込みができることです。
この2点さえできれば、簡単にJWCADの図面をエクセルに貼り付け、エクセルファイルとして客先に出すことができます。
ワードもそうですが、キャプチャするやり方は、あくまで閲覧しかできません。
図面を編集することはできないので、編集が必要な場合には使えない方法です。
しかし、客先が図面の確認さえできればよいという場合には、このやり方はとても手軽で簡単です。
どうしても、図面をすぐに送らないといけない場合は、覚えておくと重宝します。
ただし、客先のパソコンにエクセルがインストールされていることが前提です。そもそもエクセルが入っていないと閲覧すらできません。

JWCADの作図をPDFに変換する方法とは??

エクセルやワードで閲覧するには、あらかじめパソコンにエクセルまたはワードが入っていなければなりません。
このいずれかのファイル形式で客先から指定があった場合は問題ないでしょうが、指定がない場合に貼り付けて送っても開けない可能性があります。
その場合は、ほかの形式に変えたほうが閲覧しやすいでしょう。
PDFならプリンターでの印刷もしやすく、パソコンでの閲覧にも柔軟性の高い拡張子です。
特にファイル形式の指定がなく、閲覧や印刷を目的にしている場合にはPDFに変換して送ると親切です。
JWCADで作図した図面を、そのままPDFファイルに変換するにはAdobe社で出している「Acrobat」のプロ版である「Acrobat Pro」を入れておく必要があります。
通常、PDFファイルを閲覧するだけであれば無償提供の「Acrobat reader」があれば問題はありません。
しかし、PDFに変換をするには、有償の「Acrobat Pro」を使います。
「Acrobat Pro」をインストールしたパソコンで、変換したい図面を開いておきます。
次に、印刷画面からプリンターを選択して「AdobePDF」を選びましょう。そのまま保存をすればPDF変換されたファイルになります。

JWCADで作図した内容をエクセルで見積もりにする方法とは?

JWCADで作成した図面の内容をそのまま見積もりに反映させるには、個別に見積もりを作るしかありません。
JWCADとエクセルは、連動しているわけではないからです。
まず、JWCADで作図を完成させてから、その内容に沿った工事の内容で見積もりを作成していきましょう。
その前に、エクセルで見積もりのフォーマットを作成しておく必要があります。
エクセルで見積もりを作るときには、初めに表を作り、そこに工事内容や数量、単価、そして合計といった項目を作っていきます。
さらに、入力した数量や単価を自動計算してもらうための関数式を設定しておくのが一般的です。
実際に入力する項目や金額などは、それぞれ入力するしかありません。
マクロを使いこなすことができれば、あらかじめ用意した材料やそれぞれの単価を自動で入力することは可能でしょう。
しかし、マクロを使って自動入力をするには、設定をしておかなければなりません。
また、マクロ設定ができたとしても、材料の金額に変動があれば、その都度設定を変える必要が出てきます。
そもそもパソコンが苦手な人にとっては、なかなか大変な作業になります。

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中