i

導入者様のリアルな声が満載!上下水道工事申請専用CAD「plusCAD水道V」ページがリニューアル!

×

水道工事業者が使える求人サイト10選!有効活用して採用を成功させよう

水道工事に関する知識
水道工事業者が使える求人サイト10選!有効活用して採用を成功させよう

水道工事業では、職人の高齢化や人口減少などに伴って人材不足が深刻化しつつあります。採用活動によって自社が求める人材を確保するためには、求人サイトの活用もおすすめです。

 

本記事では、水道工事業者が利用できる求人サイトを厳選して紹介します。各サイトのメリット・デメリットや求人掲載費用の目安なども解説しますので、求人サイトの登録を検討する際にぜひお役立てください。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、人材業界の最大手であるリクルート社が運営する求人サイトです。転職サイトのパイオニア的存在として有名で、新卒や中途採用を含め登録者は1,000万人を超えています。
掲載する文章は専門スタッフに依頼できるため、初めての求人募集でも使いやすいでしょう。また、条件に合う利用者へのDMや告知メールも可能です。ただし、利用料金が高めなうえ、応募までに時間がかかると費用は割高になる可能性があります。
プラン料金 ・N1プラン:18万円〜
・N2プラン:28万円〜
・N3プラン:44万円〜
・N4プラン:80万円〜
・N5プラン:144万円〜
出稿費用の目安 N1プラン4週間の利用で20万円〜
メリット ・登録者数が1,000万人以上
・専門スタッフに掲載内容の作成を任せられる
・新卒や中途採用に強い
デメリット ・中小企業のライバル競争が激しい
・先行投資型のため割高になる可能性がある
 

 

doda

Dodaでは、ニーズやスタイルに応じた複数の求人サービスを提供しています。また、人材紹介サービスと連動しており、求人サイトに加えて人材紹介の利用者層にもアプローチ可能です。
テレビCMから交通広告まで、幅広くPRが可能です。また、転職フェアなどのイベントでも圧倒的な集客数を誇ります。ものづくり系エンジニアや製造系の経験者層も多く登録しており、求める条件に合う人材を見つけやすい傾向があります。
プラン料金 10〜180万円(サービスにより異なる)
出稿費用の目安 最下位プランで25万円〜
メリット ・テレビCMやWeb広告、交通広告など多くの媒体で宣伝できる
・採用ニーズの高い35歳未満が67.9%と過半数を占める
・人材紹介やダイレクトスカウトなど複数のサービスが選べる
デメリット ・人材紹介案件と同じ求人として掲載されるため埋もれやすい
・費用がかかる
 

 

はたらいく

はたらいくは、リクナビNEXTと同じリクルート社が運営する求人サイトで、地方限定や地域別の求人情報に特化しています。中小企業の採用を支援するサイト設計で、料金プランに関わらずランダムに求人が表示される仕組みです。
また、全プラン一律で同じ数の検索軸を設定でき、低予算でも効果的な求人広告を出稿できます。また、条件に見合う候補者に好意を伝えられる「らいく!」機能を使って、アプローチすることも可能です。エリア限定のため、料金も地域別に安く設定されています。
プラン料金 関東ブロック版
・シンプル:2週間掲載15万円、4週間掲載20万円
・ベーシックフリー:2週間掲載55万円、4週間掲載75万円
関西ブロック版
・シンプル:2週間掲載12万円、4週間掲載16万円
・ベーシックフリー:2週間掲載44万円、4週間掲載60万円
出稿費用の目安 東京23区4週間掲載で20万円〜
メリット ・地域に特化した求人サイト
・地元志向の強い候補者が多く登録している
・エリア限定広告のため費用を安く抑えられる
デメリット ・候補者数が少ない分、採用までに時間がかかる可能性がある
 

 

求人ボックス

求人ボックスは、求人掲載から採用まで完全無料の求人サイトです。アカウント作成から求人票の入稿まで簡単に作業でき、フォーマットの項目に従うだけで早ければ5分程度、最短今日から求人を公開できます。
自社評価のグラフや写真掲載、応募項目の選択肢などカスタマイズ機能を使って、さらに操作性を高めることが可能です。掲載費用はクリック数と入稿単価で決まるため、初期費用を抑えて求人サイトに募集を出したい場合におすすめです。
プラン料金 ・求人掲載:広告クリック数 × クリック単価(25円〜1,000円の成果単価)+消費税
・有料オプション:シンプルプラン、アドバンスプラン
出稿費用の目安 有料オプション利用で1ヶ月約13万円
メリット ・最短当日から求人掲載が可能
・初期費用の設定がなく、無料で求人広告を掲載できる
・月間予算を設定することで、予算の9割に達したらアラートが入る
デメリット ・閲覧回数を増やすために有料オプションが必要
 

 

indeed

Indeedは、日本最大級の3,700万以上の訪問者を誇る「求人検索エンジン」です。GoogleやYahoo!などと同じような仕組みで、ユーザーが求人情報を自由に検索できます。
求人掲載は無料で、有料オプション「スポンサー求人」を利用すれば掲載順位を上げられます。求人が閲覧(クリック)されるまで掲載費用が発生しないため、低コストで求人募集をスタートできます。Web面接機能で、遠方の候補者ともスムーズに面接ができるため、効率的な採用活動が見込めます。
プラン料金 ・求人掲載:無料
・広告1クリックあたり15円〜999円
・有料オプション:スポンサー求人など
出稿費用の目安 1クリック100円、応募率1%、クリック数3,000、応募数30名の場合総額30万円
メリット ・求人検索エンジンとして世界トップクラス
・無料で求人掲載を開始できる
・有料プランで掲載順位アップが可能
デメリット ・閲覧回数を増やすために有料オプションが必要
 

 

マイナビ転職

マイナビ転職は、リクナビNEXTと並ぶ大手求人サイトです。新卒採用や中途採用での認知が高く、多くの中小企業が利用しています。登録者は、20代後半から30代、40代まで幅広く、若手の応募も期待できます。
スカウトメールやコンタクトメールなど、条件に見合った求職者へ直接アプローチできる機能を使って「攻め」の採用が可能です。ただ、サイトの知名度が高い分掲載企業数が多く、ライバルの中に埋もれてしまう可能性があります。
プラン料金 要問合せ
出稿費用の目安 上位プランの利用で20万円〜120万円前後
メリット ・公式アプリのダウンロード数No.1
・20代後半から30代の社会人層が多い
・スカウトメールやDMなどアプローチする手段も豊富
デメリット ・求人を掲載するために初期費用がかかる
・ライバルが増えるため、有料オプション
 

 

ツクリンク

ツクリンクは、建設業界に特化したクラウドソーシングサイトです。日本最大級の建設業ネットワークを誇り、建設系案件の発注先・受注先の募集を登録し、業者間のマッチングを実現しています。
自社ページのカスタマイズやメッセージ定型文など、求人募集や工事の受発注に便利な機能が充実しています。また、認証制度や工事代金あんしん保証などにより、安心安全なやり取りが可能です。
無料プランでは、元請け業者や協力業者、職人の求人を無料で掲載できます。掲載順位を上げたい場合やメッセージ数を増やしたい場合には、有料のプレミアムプランに契約しましょう。
プラン料金 ・無料プラン:基本機能
・プレミアムプラン(月額)
ベーシックプラン:個人事業主2万円、法人3万円
マッチングプラン:個人事業主5万円、法人7万円
プロプラン:個人事業主・法人とも20万円
・オプション(月額)
メッセージプラン:法人6,980円、個人事業主1,480円
保証オプション:5,000円、9,800円
出稿費用の目安 月額2万円〜
メリット ・建設業界特化型のマッチングサービス
・無料プランなら初期費用なしで求人を掲載
・自社ホームページとして自社ページを作成可能
デメリット ・有料プランやオプションが月額で、毎月費用が発生する
 

 

GATEN職

GATEN職は、建設・土木や工場、倉庫・運輸、農業といった現場系に特化しています。経験者や現場職への転職を検討している人、有資格者など属性が絞られており、求職者へアプローチしやすい点が特徴です。
また、希望する人材を見つけやすく、効率的な採用活動につながります。求人票には写真に加えて動画の掲載が可能で、職場の雰囲気や従業員の働く姿などを映像でアピールできます。
フリーダイヤルのサポートを完備しており、パソコン操作に不慣れな場合でも安心して始められるでしょう。
プラン料金 ・年間契約A:277,200円(税込)最低利用期間12ヶ月
・年間契約B:264,000円(税込)最低利用期間12ヶ月
・半年契約:165,000円(税込)最低利用期間6ヶ月
・月極契約:月33,000円(税込)最低利用期間1ヶ月
出稿費用の目安 年間契約Aで1年あたり277,200円
メリット ・現場系の仕事に特化した求人ポータルサイト
・クレジットカード払いで1ヶ月から月額利用が可能
デメリット ・自動更新のプランだとキャンセルするまで支払いが続く
・最低利用期間が決まっている
 

 

ゲンバーズ

ゲンバーズは、名前の通り現場仕事の求人情報に特化した求人サイトです。キャリアや経験、資格を活かして働きたい人も多く登録しているため、経験者など条件に合う人材を探しやすい傾向があります。また、これから土木・建設業界を志す若手の募集にも向いています。
完全無料で利用でき、成果報酬なども発生しないため、気軽に始められるでしょう。求人アドバイザーによる原稿内容や画像アドバイスサービスも利用できます。
プラン料金 完全無料
出稿費用の目安
メリット ・建設・土木を中心とする特化型の求人サイト
・X(旧Twitter)での情報拡散やGoogle広告など幅広く情報発信
・多言語対応で外国人もスムーズに採用
デメリット ・大手に比べると登録者数や訪問者数は少なめ
 

 

職人WORK

職人WORKは、建築業界の職人求人を中心に扱う求人サイトです。地域別に料金が設定されているため、無駄のない採用活動につながります。また、料金プランは年間掲載プランと、採用人数に応じて変わる無期限掲載のプランの2つから選べます。
採用から2週間以内で退職に至った場合は、無料で再掲載できるなど採用保証も充実しています。
プラン料金 ・年間掲載プラン
東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県:264,000円
愛媛県、島根県、鳥取県、沖縄県:66,000円
・掲載期間なし、2名採用までの掲載
東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県:330,000円
大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、福岡県:308,000円 など
出稿費用の目安 神奈川県で年間264,000円
メリット ・建設業界の求人を専門に扱う求人サイト
・採用保証サービスが充実
デメリット ・求人掲載には費用がかかる
 

 

まとめ

水道工事業務にインターネットやスマホが必要不可欠になった現在、求人募集もオンライン上で効率的に進められるようになりました。登録者数の多い大手サイトから、建設・土木など現場系に特化した求人サービスまで、さまざまな求人サイトがあります。
予算や採用人数などの条件も考慮して、自社が求める人材を効果的に探せるサイトを選ぶことが大切です。また、労働条件や働きやすさを改善することも、採用活動を成功させるために重要なポイントと言えます。
『plusCAD』は、水道工事業務に特化したCADソフトです。マウス操作のみで現場で必要な設計図や施工図を作成できます。また、工事申請書類も一括管理が可能なため、業務効率化を通して人材採用のリソース確保につながります。サポート体制も充実していますので、導入や運用について不安な点がある場合にも、まずはお気軽にお問い合わせください。
plusCAD水道
 

 

水道工事業者の求人についてよくある質問

水道工事業者の求人サイトにはどのような種類がある?

求人サイトにはさまざまな種類があります。機能別だと、企業側からアプローチできる「スカウト型求人媒体(ダイレクトリクルーティング)」や、求職者が条件やキーワードを検索して応募する「求人検索エンジン型求人媒体」が代表例です。
料金体系別では、求人を掲載するために初期コストがかかる「先行投資型」や、クリック数に応じて費用が発生する「一部無料型」、登録から採用まで無料で使える「完全無料型」などがあります。
 

水道工事業者が求人を掲載するサービスやサイトを選ぶポイントは?

水道工事業者が求人サイトを選ぶ際には、まず求人媒体の特性を理解する必要があります。登録者や利用者の年齢や経験、志向性などを確認し、自社が求める人材に効率的にアプローチできるかを確認しましょう。
また、求人サイトで使える機能も重要です。例えば、DMやスカウトメッセージ機能、有料オプションによる掲載順位のアップなどがあります。採用活動の流れを見ながら予算を調整したい場合には、初期コストを抑えられる一部無料型サービスが有利です。
 

水道工事業者の求人を募集しても採用がうまくいかないのはなぜ?

求人を募集しているのにも関わらず、採用につながらない場合には、いくつかの原因が考えられます。例えば、応募がない、もしくは応募数が少ない場合、求人広告が閲覧されていない可能性が高いため、掲載順位を上げるオプションなどが有用です。
また、選考や内定を辞退されてしまう場合には、求人広告と会社の実態が違っている可能性が考えられます。掲載内容を見直して、改めて擦り合わせると良いでしょう。
 

水道工事業者の求人サイトで募集を開始する流れは?

求人サイトごとに細かな手順が異なる場合もありますが、おおまかな求人掲載の流れは以下の通りです。
  1. 求人サイトへ広告掲載を希望する旨を連絡する
  2. サイトから利用登録に関する折り返しがある
  3. 自社ページへの求人票や自社紹介、連絡先などの情報を登録する
  4. 求職者から応募があると、報告のメールが送信される
  5. 求職者とのやり取りを行い、書類選考や面接を実施する
  6. 内定の決定
現場系など特化型の求人サイトなどでは、掲載前に会社情報の確認や審査を設けている場合があります。
 

やってみた動画 バナー

ピックアップコンテンツpickup content

i

導入者様のリアルな声が満載!上下水道工事申請専用CAD「plusCAD水道V」ページがリニューアル!

×