• 徹底サポートの電気・水道CAD|プラスバイプラス

  • 導入を検討されている方

  • 0120-460-175

  • ユーザー様サポート

  • 0120-341-020

  1. 受付時間
  2. 9:00~18:00(土日祝定休)
目的に合ったホームページを作りましょう!
  1. 【find】 ホームページ

目的に合ったホームページを作りましょう!

あなたは「ホームページ」と聞いて、どんな WEBサイトをイメージしますか?

会社案内が記載されたサイトや商品・サービスを紹介するサイト、求人募集のサイト、通販サイトなど、あなたが携わる職業や職種、日常見ているサイトによって、いろいろなWEBサイトをイメージするかと思います。

このように、ホームページは同じように見えて同じではありません。
ホームページを見せたい相手、そして、その相手に起こしてほしいアクションによって異なります。
また、ページやレイアウトなどデザインが違えば、ホームページ全体の印象も違うでしょう。

そこで今回は、
ホームページの種類とその役割についてご紹介します。

ホームページの種類と役割

それでは、ホームページにはどんな種類があるのか?
そして、それにはどんな役割があるのか?を解説していきます。

初めてホームページを作られる方なら、どんな役割を持ったホームページにしたいか、すでに自社ホームページがある方なら、今のホームページはどの種類に当てはまるのかを考えてみてください。

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、簡単に言うと「会社案内のサイト」のことで、企業情報が記載されたWEBサイトのことです。事業案内やスタッフ紹介など、多ページにわたり掲載することもあり、企業として最初に作られることが多いホームページです。
「どんな企業なのか」「何をしている会社なのか」を知ってもらうことを目的としています。
ホームページに載せる項目としては主に
・会社概要
・沿革
・事業案内
・経営理念 など。
<pxpで言うところのコーポレートサイト>

サービスサイト

サービスサイトは「事業サイト」のことであり、お客様に向けて商品やサービスについて知ってもらうことを目的とします。
・サービス・商品の紹介
・サービス・商品の特徴
・メリット、ベネフィット
・取引の流れ
・お客様の声 など。
<pxpで言うところのサービスサイト>

ECサイト

ECサイトはいわゆる「通販サイト」のことで、ページからその商品を購入・決済ができることを目的とします。
お問い合わせよりも「購入」に重きを置いています。Amazonや楽天市場のショッピングサイトのようなホームページのことです。
<楽天市場>

プロモーションサイト

プロモーションサイトは「ランディングページ(LP)」とも言います。
商品やサービスをアピール、プロモートすることを目的とします。
例えば、SNSで表示される広告や、検索でキーワード検索し、上部に表示された広告をクリックしたときに出てくる縦長の1ページ構成の Webサイトをイメージするとわかりやすいでしょう。
一つの商品やサービスに対して徹底的に訴求を行い、商品の購入やお問い合わせなどのアクションに繋げます。
掲載する内容はサービスサイトと似ていますが、商品は1つであること、そして離脱を防ぐために別ページへの移動はなく、そのまま読み続けられる縦長構成であるという違いがあります。
<pxpで言うところのプロモーションサイト>

ブランディングサイト

ブランディングサイトとは、会社や事業の価値を高め、認知度を上げることを目的としたサイトのことです。
その手段として、ホームページをブログサイトなどの「オウンドメディア」として利用するという方法が主流です。
自社のノウハウや情報を発信して認知してもらい、イメージアップにつなげることができます。

プロモーションサイトは期間限定のものが多いですが、ブランディングサイトは長期的に使用するイメージです。

<pxpで言うところのブランディングサイト>
https://www.pr-table.com/pluscad

採用・リクルートサイト

コーポレートサイトとは別に、いわゆる「求人サイト」としての役割を持つホームページのこと。
企業やお客様ではなく、仕事を探している人に向けて会社を知ってもらうことを目的としています。
ハローワークやリクルートなどの求人媒体には載っていない会社の情報を載せ、求職者に働きやすく良い会社のイメージを持ってもらうためのサイトです。

<pxpで言うところの採用・リクルートサイト>
https://www.pluscad.jp/recruit/

ポートフォリオサイト

ポートフォリオサイトとは、自分が手掛けた作品や写真などを掲載しているサイトのこと。いわば作品集です。

デザイナーや写真家が、自分の実績をサイトに載せることで、仕事のオファーにつなげます。

最近では、Instagram(インスタグラム)をポートフォリオサイト代わりに宣伝している人も多いようです。


いかがでしたでしょうか。
今回は、目的別にホームページ7種類をご紹介しました。
ホームページといっても、色々と種類があることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
あなたはどんな目的でホームページを持ちたいですか?
ホームページを誰に見せたいですか?
そしてどんな行動をとってほしいですか?
ホームページを作られる前に、この質問の回答をぜひ見つけて下さい。

★★★ホームページ相談会 随時開催しています!★★★

以前にホームページは作ったけど全く反応がない・・・
どんなホームページを作ったらいいかわからない・・・
ホームページの活用方法がわからない・・・
など、こんなお悩みの方必見です!

同業デザイナーから「添削の鬼」と呼ばれている
プラスバイプラスWEBアートディレクター オリモトが
貴社の目的に合ったホームページの作り方や活用方法などを
ズバリ!アドバイスさせていただきます!
今すぐ下記ボタンよりお申込下さい。

 

ピックアップコンテンツ

  • オンラインセミナー開催中