蛇口 その3

 

 

plusCADではお客様が配置する給水記号の向きを分かりやすいように作成しています。
平面図に記号をそのまま配置すると右側の青い短線(この記号の場合)が蛇口になります。
 

お客様には平面図に給水記号を配置する際に「蛇口の向きを考えて配置して下さい」と説明させて頂いています。
それは何故かというと、向きを考えて配置して立面図を描いて頂くと立面図が指定した蛇口の向きで立ち上がってくるからです!

立面図も、もちろん自動機能であっという間に作成できます!
ちなみに蛇口を分かりやすくしている右側の短線。こちらは実際には必要のない記号なので平面図を印刷するともちろん印刷が出ない設定になっています。

小さい事ですがplusCADでは、お客様目線に沿った工夫をさせていただいています。
これからもお客様の意見を汲み取って、より良いものにしていきたいと思っています。
 

 

お問い合わせ・資料請求